成吉思汗・トルイ一党の覇権 (6)

アルタン・ウルク/黄金の家・トルイ家” =女性達が継承した栄光=

バヤウチン

Weminuche Sunset

皇帝の晩年と取巻く諸星

クビライの政権が長期化すると、行政機関・中書省と軍政機関・枢密院を支配して中央政府の実権を握る燕王・チンキムの権勢が増し、1273年に皇太子に冊立された。

一方、アフマドも南宋の征服を経て華北・江南の各地で活動する財務官僚に自身の党派に属する者を配置したので、その権力は絶大となった。

アフマドはチャブイ皇后の寵愛を背景し権勢を維持していた。

やがて皇太子チンキムの党派とアフマドの党派による反目が表面化した。 アフマドはチャブイ皇后の絶大な支持を背景に経済官僚を握っていた。 が、1281年にチャブイ皇后が他界した。

対立が頂点に達した1282年、アフナドはチンキムの党派に属する漢人官僚によって暗殺された。

事件の後 アフマドの遺族も失脚し、政争は皇太子派が最終的な勝利を収めた。

皇太子・チンキムの権勢を阻む勢力はいなくなり、父・クビライ皇帝に対して皇太子への譲位を建言する者すら現われたが、チンキムは 1286年1月5日に病死してしまった。

一方、クビライ政権打倒に後半生を掛けるカイドゥは、モンゴル高原に対する攻撃を 益々頻繁に ますます厳しく侵攻した。 元軍は敗北を重ねていた。

他方、外征を支えるためにクビライ政権が整備に心血を注いだ財政も、アフマドの死後は 度重なる外征と内乱によって悪化する一方であった。

1287年に財政再建の期待を担って登用されたウイグル人財務官僚・サンガも1291年には失脚させられ、クビライ皇帝の末年には元は外征と財政難に追われて、

日本への3度目の遠征計画も放棄せざるを得なくなる状況に陥っていた。

1293年、クビライ皇帝は蒙古高原の総司令官・バヤンを召還し、チムキムの子である皇太孫テルムに皇太子の印璽を授けて元軍の総司令官として送り出したが、

まもなく、翌1294年2月18日に 第四代モンゴル(大元)皇帝クビライ・ハーンは、大都宮城の紫檀殿で病没した。

遺骸は祖父チンギス以来歴代モンゴル皇帝と王族たちの墓所である蒙古高原の起輦谷(現在 未だ場所の確定は無い)へ葬られている。

同年5月10日、クビライの後継者となっていた皇太孫・テルムが上都で即位するが、テルム第六代モンゴル帝国皇帝(第二代大元帝国皇帝)の治世下でカイドゥが病死し “カイドゥの乱”は収まり、

クビライ皇帝即位以来続いたモンゴル帝国の内紛はようやく終息をみることになった。

オゴデイー5-4

カイドゥに呼応してクビライ皇帝に反旗を翻したシリギ

シリギは、第4代大ハーン(皇帝)モンケの四男で、母はモンケの側室のひとりバヤウチンだった。 バヤウチンの生家は有力な部族ではなく、バヤウチンは美貌の貞淑な皇后であった。

シリギは同母兄弟とともに モンゴル高原にあったモンケ皇帝の所領(アルタイ山脈東部地帯)と領民(ウルス)を相続した。

1260年に皇帝・モンケが死んだとき、モンケ皇帝の本拠地カラコルムを中心とする高原中央部・西部の諸勢力は、父モンケも兄弟の末弟で 末子相続制により叔父のトルイ家が莫大な遺産の大部分を継承した。

モンケ皇帝の後継者選びの折、シリギ兄弟はアリクブケを後継ハーン(皇帝)に推し、異母兄弟のモンケの遺児もこれに荷担したが、クビライか覇権を握ると、シリギも降伏してクビライ皇帝に仕える諸王となった。

アリクブケ病没後の1267年、シリギは河平王の爵位を与えられ、モンゴル高原の諸部族の盟主としてクビライ皇帝が派遣した皇帝の四男・北平王ノムガンの旗下に 河平王・シリギは属すことになった。

1275年、頭角を現したオゴデイ家のカイドゥがチャガタイ家の内紛に乗じてチャガタイ家を併呑した。

この混乱に クビライ皇帝は 皇帝直属の右丞相・アントン、九男で異母弟・ココチュに大軍を引率させ、北平王ノムガンに皇子軍と共に 混乱する中央アジア征圧への進軍を命じた。

シリギもこれに従軍し、彼らの軍は翌1276年にチャガタイ家領の中心であるイリ川渓谷の都市アルマリクに進駐し、一時 この地方で勢力をふるうカイドゥを圧迫している。

しかし同年夏、シリギやアリクブケの遺児・メリク・テルム兄弟らがクビライ家の支配に不満をもっていた高原西部の旧アリクブケ派諸王が軍中で反乱を起こし、オムガンとココチュ、アントンらを捕縛してモンゴル高原に戻った。

反乱者たちから盟主に推戴され、高原の旧都カラコラムに入ったシリギは、クビライ皇帝に対抗するため、北平王ノムガンの身柄をジュチ・ウルス(キプチャク・ハン国)、右丞相・アントンの身柄をカイドゥに引渡した。

しかし、ジュチ・ウルスは動かず、カイドゥもノムガン軍の圧力が消えて権力の空白地帯となった中央
アジアの状況の収拾を優先した。 ジュチ家やカイドゥの西方の支援軍団を求めるには次期早々であった。

クビライ皇帝は、南宋を平定したばかりの左丞相・バヤン将軍率いる北伐軍を派遣した。

シギルは帝都・カラコルム近郊の戦いでに散々に破られ、高原中央部を失った。 さらに反乱諸王の中には頭抜けた力を持つ雄将がいなかったために内紛が続いて反乱軍は自壊した。

逃亡したシリギは1282年ついにバヤン将軍に降り、虜囚となった。 シリギは中国に送られ、海島に流され、その地で没した。

チャガタイー3-4-4

チンキム(1243年-1286年1月5日)は

世祖クビライが皇后チャブイの間にもうけた4人の嫡子のうちの次男で、長兄ドルジが早世したため、事実上の嫡長子にあたった。

クビライの兄・モンケ皇帝の治世に クビライが中国の経略を委ねられていたために、父・クビライの中国方面における本拠地である内モンゴルの城都市・開平府(上都)で、姚枢らクビライの漢人ブレーンに囲まれて育った。

クビライ即位後の1263年、チムキンは燕王に封ぜられ、さらに中書令に任ぜられてクビライ皇帝が新設した中央行政機関中書省の管轄を任せられ、

上都・大都を中心とする内モンゴルから中国華北方面の統治を委ねられている。

翌1264年、燕王・チンキムは判枢密院事を兼ねて軍政機関枢密院も掌握し、クビライ自身の宮廷も置かれ政権の胴体部分となる中国北部の政・軍を支配する強力な権限を与えられる。

幼い頃から漢人に対する理解を深めていたチンキムは、中・下級官僚として中書省に集められた漢人官僚の支持を受けた。

また、中書省の高官である右丞相・アントンはチンキムの母方の従弟であり、双方の母の実家であるコンギラト部族を筆頭とするモンゴル貴族層は 燕王・チンキムの与党であった。

燕王・チンキムの権勢は高く、1273年には皇太子に立てられて、クビライの後継者として確固たる地位を確立している。

しかし、皇帝が皇后・チャブイの用人であったアフマドを信任して華北の財政長官に取り立て、

財政業務を一手に任せるようになり、チャブイ皇后の後ろ盾ぜ アフマドは財務を取り仕切るようになる。

アフマドらムスリム(イスラム教徒)財務官僚とチンギムの下に集う漢人・蒙古人たちは、統治の方針と権限の領域を巡って水面下で対立を繰り広げるようになった。

1281年にアフマドの後援者であったチャブイ皇后が死ぬと、チムキンの党派とアフマドの党派の政権争いはますます熾烈になり、 ついに、翌1282年に チムキン派の漢人官僚によってアフマドが暗殺される。

アフマドの死後、もはや皇太子・チムキムの権限に干渉しうる権臣はいなくなった。

そのため、チヌキムの党派は華北地方において独裁的な権力を振るうようになり、先走ってクビライ皇帝に譲位を進言する者まで現われるほどの状況になったが、

1286年1月5日、突如 燕王・チンキムは病死した。

チムキムの死後、その絶大な権力に支えられ、非常に広大で豊かに成長していた皇太子府の所領と財産は、チムキンの未亡人・ココジンに引き継がれ、クビライ皇帝の死後、

摂政監国の立場でココジンは、チンキムの三男テルムを第六代モンゴル帝国皇帝(大元帝国第三代皇帝)に即位させた。

ココジンは、賢夫人としても知られ、夫・チンキム皇太子のオルド(宮廷)をよく守るとともに、義理のの母・チャブイ皇后に近侍してよく仕えたと言う。

大ハーンのクビライ皇帝が出猟したときに、その目に止まり 次男のチンキムに娶らしたと言う。

トルイー6-2

アントン(1245年-1293年)は、チンギス・カーンに仕えたジャアト・ジャライル部族出身の功臣、ムカリ国王家(南宋攻略により王家創建をチンギス・カーンより賜る)の出身で、ムカリの曾孫。

母親はチンギス・カーンの第一夫人ボルテの姪で、クビライの皇后チャブイの姉にあたる。 息子に猛将・ウドゥルタイ(バイジュの父)がいる。

13歳で宿衛に入る。 クビライの信任が厚く、彼に近侍した。 クビライが“蒙古帝国帝位継承戦争”に勝利した際に、

アリクブケ側に付いた者たちに対する寛大な処分を勧めて クビライ皇帝に評価され、1265年には早くも光禄大夫、中書右丞相に抜擢されている。

後に平章政事であるアフナドと対立するが、1274年に彼の不正行為をあばいて 彼を失脚させる。

翌1275年には皇太子チンギムや北平王・ノンガンとともにカイドゥ討伐に向かい、カラコルムに入った庶弟の皇子ココチュに扈従した。

しかし、1276年 ノンガン率いる遠征軍がカイドゥの支配領域の面前であるアルマリクに駐留していた時、

軍中で“シリギの乱”が起こり、アントンは捕縛された。 シリギは彼をカイドゥに引き渡し 自らの反乱への参加を促しとした。

しかし、カイドゥはこの誘いをほぼ黙殺し、シリギはカラコルムを居城に クビライ皇帝に対抗するが、進軍してきたバヤン将軍に敗北し、“シリギの乱”は鎮圧された。

1284年に大都に帰還したアントンは、右丞相に復職し、翌1285年には不在中に専権を振るった盧世栄の不正行為をあばいて失脚させる。

ところが、1287年に新しく平章政事となったサンガと対立してその不正を糾弾するも、クビライ皇帝に取り上げられなかったことから権威が失墜し、1291年に右丞相を退いた。

この年、サンガの不正行為があばかれて失脚するものの、アントンは復権することが出来ずに2年後に没している。 剛直にして和を求めた右丞相であった。

トルイー4-4

ココジン( ? – 1300年)は、世祖キビライの皇太子チンキムの妃。 別名はバイライム・rグチ(伯藍也怯赤)。

ノンギラト部族の出身。 父親は不詳。 クビライ皇帝が出猟したときにその目に止まり、次男・チンキムの妻に迎えられて、1263年から1265年までの3年間にカマラ、ダルマバラ、テルムの3人の男子を産んだ。

賢夫人としても知られ、皇太子の称号を与えられ 皇帝後継者の最有力候補となった夫・チンキムのオルド(宮廷)をよく守るとともに、チンキムの母にあたる同じコンギラト部族出身の皇后・チャブイに近侍してよく仕えた。

1281年に母親・チャブイが亡くなると、君主の后妃のオルドとその所領・財産を同一部族出身の后妃が相続するモンゴルの伝統に従って、生前のチャブイが蓄えていた莫大な財産を受け継いだ。

1285年には夫・チンキムが皇帝に先立って没するが、チャブイ后妃の保護下とチンキム皇太子の権勢の下で、元王朝において 最も権力と財産のある勢力となっていた皇太子府の管理権はココジン皇后が収握した。

従って、チンキム皇太子の没後もココジンの正嗣男子の3人王子はクビタイ皇帝の最有力後継者候補であり続けることができた。

1294年に老帝・クビライ・ハーンが没すると、皇帝の未亡人が主催する後継のハーン(皇帝)を選出するためのクリルタイをココジン后妃が開いた。

このクリルタイでは早世したダルマバラを除く、カマラとテルムの兄弟が候補となったが、ココジンはバヤン老将軍ら重臣らと協力して、クビライ皇帝が生前に皇太子の称号を与えていた末弟のテルムを推し、即位させた。

ジュチ一党2-13-1

____ 続く ____

                                          *当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】  http://bogoda.jugem.jp

【浪漫孤鴻;時事心象】  http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】  http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

※ 前節への移行 ≪ https://thubokou.wordpress.com/2013/05/12/ ≫

※ 後節への移行 ≪ https://thubokou.wordpress.com/2013/05/14/ ≫

ブログランキング・にほんブログ村へ クリック願います 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中