シルクロード夜咄・四駿四狗 (1)

= 成吉思汗の四駿四狗(シシンシク) =

          大蒙古帝国の建築者チンギス・ハーンに仕え、   『元朝秘史』において 「4頭の駿馬・4匹の狗」          と讃えられた大ハーンの優秀な側近達を称す

夜咄ー1-1

プロローグとして“四駿四狗”の面々をスケッチしておこう

《4頭の駿馬》

ムカリ将軍
ジャライル部の人。 チンギス・ハーンのモンゴル高原統一に大きな功績をあげた。 1206年、モンゴルの左翼(東部)の万人隊長(万戸長)に任命され、チンギス・ハーンの金遠征でも活躍した。

チンギス・ハーンのホラズム遠征にあたっては東方に残され、太師・国王の称号を与えられるとともに「五投下」と呼ばれるモンゴル高原東南部の五部族(ジャイラル部、コンギラト部、ウルウト部、モンクト部、イキレス部)を配下につけられて中国の攻略を担当した。

ムカリの子孫が支配するジャライル部他五投下は、第四代モンケ・ハーンの時代に彼の弟で第五代ハーンとなるクビライに附属され、クビライの権力奪取に貢献、元における有力貴族の家系となった。

ボオルチュ将軍
アツラト部の人。 チンギス・ハーンの最初の側近。 テムジン(チンギス・ハーンの幼名)が馬泥棒にあったとき、テムジンに馬を貸して追跡を助けたとき以来の友人である言う。

チンギス・ハーンのモンゴル高原統一にも功績をあげ、右翼(西部)の万人隊長に任命された。 右翼を率いて主に中央アジア方面を担当し、金やホラズムへの遠征にも随行し 武勇を馳せた。

チアウン将軍
スルドス部の人。 父ソルカン・シカはによればタイチュウト部の遊牧集団に加わっており、少年時代のテムジンがタイチュウトに捕えられたとき、チカウン父子は彼をかくまって逃がしてやったと言う。

ソルカン・シカはタイチュウト部がモンゴル部に滅ぼされた後 チンギス・ハーンに迎えられ、千人隊(千戸)を与えられた。

チラウンは数々の戦役に従軍して功をあげ、父の死後千人隊を引き継いだが、外征にあまり活躍することなく早くに没している。

ボロクル将軍
ボロウルとも言い、フンシン部の人。 チンギス・ハーンがジュルキン部を討伐した際、幼子だったが拾われてチンギスの母ホェルンに育てられたと言うが、伝承の域を出ない。

若くして数々の戦功をあげたが、1217年にモンゴル高原北東の森林地帯に住む狩猟民・トマト部の討伐において戦死した。

夜咄ー1-2

《4匹の狗》

ジュペ将軍   == 私が最もお気に入りの人格です ==
ベスト部の人。 はじめ テムジンの宿敵・タイチュウト部に属していたが、タイチュウトがチンギス・ハーンに滅ぼされた後 チンギスに投降して仕えた。

元々はジルゴアダイという名前であったという。「鏃(ヤジリ)」を意味する“ジュペ”の名は、タイチュウトとモンゴルの戦いで彼がチンギス・ハーンの乗馬を射たことからチンギスに与えられたと伝承される。

チンギス・ハーンの遠征において先鋒を務めて戦功を重ね、1218年には西遼王国を乗っ取ったナイマン部のクチュルクを討つ功績をあげた。

ホラズム遠征ではモンゴルの侵攻を受けたホラズム・シャー・アラーウッディーン・ムハンマドを追撃してイランに入り、その地からグルジアに出て カフカスを抜け、ルーシ(ロシア)まで達し、ルーシ諸侯の連合軍を破った。

しかし、キプチャク草原を通ってモンゴルに戻る途上で病死している。

ジェルメ将軍
ウリヤンハイ部の人で、スブタイの兄。ボオルチュとともにチンギス・ハーンに早くから仕え、側近として活躍した。

タイチュウトとの戦いでテムジンが毒矢を受けたときは、毒を吸い出して看病したという逸話が伝わる。 智謀の将軍です。

スブタイ将軍
ウリヤンハイ部の人。 ジェルメの弟で、兄に続いてチンギス・ハーンに仕えた。

兵数10分の1の完顔陳和尚の金軍に負けたこともあるが、数々の戦功をあげて勇士として知られ、ホラズム遠征ではジュペとともに ルーシまで達する別働隊を率いた。

後年 バトゥのヨーロッパ遠征にも従軍、若い総指揮官・バトゥの参謀として ウィーン近郊まで遠征する。

クビライ将軍
バラス部の人で、早くにチンギス・ハーンに仕えた。 モンゴル統一に貢献して「四匹の狗」に数えられ、最年長者。

中央アジアのカルルクを討ち、オアシス諸国を帰順させる功をあげた。 温情豊かな将軍。

激動の天山4-3

チンギス・ハーンの生まれたモンゴル部はウイグル可汗国《前記載参照》の解体後、バイカル湖の方面から南下してきて蒙古高原の北東部に広がり、11世紀には君主(カン、ハン)を頂く有力な集団に成長した遊牧民であった。

チンギス・ハーンの生涯を描いたモンゴルの伝説的な歴史書『元朝秘史』によれば、その遠祖は天の命令を受けてバイカル湖のほとりに降り立ったボルテ・チノ“灰色斑模様の狼”とその妻なるコアイ・マラル“白い鹿”であると言う。

ボルテ・チノの11代後の子孫ドブン・メルタゲンは早くに亡くなるが、その未亡人アラン・ゴアは天から使わされた神人の光を受けて、夫を持たないまま三人の息子を儲け、 チンギス・ハーンの所属するボルジギン氏の祖となるボドンチャルは その末子です。

ボドンチャルの子孫は繁栄し、様々な氏族を分立させ、ウリヤンカイ、ジャライルといった異族を服属させて大きな勢力となった。

やがて、ボドンチャルから七代目とされるカブルがモンゴル諸部族で最初のカン(ハン、ハーン)の称号を名乗り、カブル・カンの子孫はキヤト氏を称するモンゴル部の有力家系となる。 チンギス・ハーンの父イェスゲイ・バアトルは、カブル・カンの孫で第3代カンとなったクトラ・カンの甥です。

チンギス・ハーンは そのイェスゲイの長男として生まれ、テムジンという名を与えられた。

テムジンが誕生した直前にイェスゲイ・バアトルは、タタル部族の首長であるテムジン・ウゲとコリ・ブカと戦い、このテムジン・ウゲを捕縛して連行して来たと言います。

『元朝秘史』などによると、この時 妻のホエルンが産気づき オノン川のデリウン岳でイェスゲイの軍が下馬した時に出産したと伝えている。 このためイェスゲイ・バアトルは、その戦勝を祝して出生したばかりの初の長男の名を「テムジン」と名付けたと追記している。

テムジンの生年については、当時のモンゴルに歴史を記録する手段が知られていなかったため、同時代の歴史書でも それぞれ1155年・1162年・1167年と諸説が述べられており、はっきりとは分からないのですが、1162年説で以降話を進めましょう。

蛇足ですが、因みに この「テムジン」とはテッルク・モンゴル語で「テムルチ、鉄“テムル”を作る人、鍛冶職人」を意味する単語の省略形だったため、「テムジン=チンギス・ハーンは鍛冶屋だった」という伝説が流布するようになった。

この種の「チンギス・ハーン鍛冶職人伝説」とも言える伝承は、13 – 14世紀に活躍した東ローマ帝国の歴史家パキメレスや、マムルーク朝の歴史家であり政治家ヌライリー、

1246年のグユク・カーンの即位に列席したキリキアのアルメニア王国のハイトン1世の旅行記、さらには1254年にモンケ・ハーンの宮廷を訪れたルブルクのギヨーム修道士の旅行記などに記録されており、13世紀中頃という早い時期から帝国の外来の人々に広く流布していたようです。

『われらがタルタル人と呼びたるところのモンゴル人の歴史』の著者・プラノ・カルビニは1246年8月24日のグユク皇帝戴冠式に、ローマ教皇の親書を携えて参列するのですが、 あまりにも多い貴賓者で見まえることが出来ずに帰国。

 ローマ教皇への報告書を往路・復路の紀行記を提出したのです。 手元に翻訳本がありますが、 誠におもしろい。

ジュチ一党1-2

 父イェスゲイ・バアトルは、カブル・カンの次男バルタン・バアトルの三男という生まれで、キヤト氏の中では傍系に属していた。 バアトル(勇者)の称号を持つ有力者で、蒙古高原中央部の有力部族連合ケレイトの王トグリル/トオリル(後日のオン・カン)とも同盟関係を結んでいた。

ケレイト王国の内紛で王位を追われたトグリル王を自領に匿い、全面的に支援して復位に協力したことで、一代で急速に勢力を拡大ていく。 そして 息子テムジンが9歳の時に、イェスゲイはテムジンを伴い 母方の一族であるコンギエアト部族のオルクヌウト氏族に嫁探しに出かけた行った。

この時、途中で立ち寄ったコンギラト部族の本家筋の人物だったらしいデイ・セチェンの家でその娘ボルテと出逢い、イェスゲイ・バアトルは即刻 テムジンとボルテ両人に許嫁の関係を結んだのです。 イェスゲイ・バアトルはその後のテムジンの養育をデイ・セチュン一家に頼んで自分の領内に戻ったという。

しかし、程なくして 帰路の途上 タタール部族の数名と偶然出会い、誘われるままに食事を共にした。 馬乳酒には毒が盛られていた。  イェスゲイ・バアトルが急死し、その勢力は一挙に瓦解してしまう。

テムジンは、父の死の知らせを受けて直ちに家族のもとに戻された。 幼い子供たちを抱えてイェスゲイ家の管理権を握った母・ホエルンは、配下の遊牧民がほとんど去った苦しい状況の中で子供たちをよく育てた。

テムジンが成人してくると、モンゴルの第二代アンバガイ・カンの後裔で キヤト氏のライバルだったタイチウト氏の人々は、イェスゲイ・バアトルの子が成長して脅威となることを怖れるが故に、 配下が四散したホエルンの幕営を奇襲し テムジンを捕らえて自分たちの幕営に抑留した。

テムジンはこの絶体絶命の危機を、タイチウトに隷属民として仕えていた牧民ソルカン・シラの助けによりようやく脱したという。

成人すると、今度は モンゴル部の宿敵メルキト部族連合の王トクトア・ベキキ率いる軍勢に幕営を襲われ、結婚まもない夫人ボルテをメルキトに略奪される事件が起きた。

テムジン一家の辛酸な日々が続き 草の根を掘り 泥を舐る生活だった。 このとき、愛妻・ボルテを奪還するのに尽力してくれたのが、父のアンダ(同盟者)でもあったケレイトのトグリル・カン(王)や、モンゴル部内のテムジンの盟友(アンダ)であるジャジラト氏のジャムカといった同盟者たちだった。

『元朝秘史』は、このような境遇の中、ある事件により偶然テムジンと友人になったアルラト氏のボオルチュ、 先祖代々テムジンの家に仕えていたウリヤンカイ氏のジュルメ
ソルカン・シラの息子チラウン、チンバイ兄弟らは 後の 大モンゴル帝国の有力な将軍となる遊牧騎士たちが、テムジンの僚友(ノコル)として彼のもとに仕えるようになった事情を語っているのです。

後にジェルメは ジュペ、クビライ、スブタイの三人と共に「四狗」と呼ばれる重臣となる。 「四狗」は戦で必ず先頭に立ち、敵を震え上がらせる役目を持つ勇壮無敵の将軍たち。

ボオルチュやチラウンも後にボロクル、ムカリと共に「四駿」と呼ばれる重臣となる。 「四駿」は戦ではチンギス・ハーンの傍から片時も離れず護衛する役目を持つ。

草原の道・6-2

_____ 続く _____

                         *当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】  http://bogoda.jugem.jp

【浪漫孤鴻;時事心象】  http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】  http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

【壺公慷慨;世相深層】  http://ameblo.jp/thunokou/

※ 前節への移行 ≪ https://thubokou.wordpress.com/2013/06/15/ ≫

※ 後節への移行 ≪ https://thubokou.wordpress.com/2013/06/17/ ≫

ブログランキング・にほんブログ村へ クリック願います