シルクロード夜咄・智謀の将 (1)

= 成吉思汗の参謀 “楚材と鎮海” =

夜咄ー8-1

 耶律楚材 & 鎮海

鎮海(チンハイ, 1169年-1251年)は、初期モンゴル帝国に仕えた官僚。 出身は『元史』にはケレイト部族の出身と記すが、 『集史』ではウイグル部族とし、ウイグル文字を使ってモンゴル文を書いたと言う。

ウイグルであったろう。 古くからチンギス・ハーンに仕えて侍従(チェルビ)に任じられた。

チンギスがケレイトと戦って敗北、モンゴル高原北方に逃れたとき、チンギスに付き従って共にバルジュナ湖の濁水を啜った19人の功臣の一人。 四駿四狗の面々はボオルチュ、ジュメル・クビライ兄弟のみであった。

鎮海は 数度に及ぶ ナイマンとの戦いでも戦功を上げた。

チンギスがモンゴル高原を統一すると、宮廷(オルド)に仕える書記官僚(ビチクル)の筆頭に挙げられた。

チンギスの在世中、鎮海は主に高原の留守を預かり、農民の捕虜を使って乾燥地帯に用水を引き、屯田を開き、征服した都市から連れてこられた職人を定住させたりして産業の発展に努めた。

チンギス・ハーンは有能な人材は殺さず、帝国の建設に役立てている。 四駿四狗の諸将軍がそうであり、耶律楚材やマスムード・ヤラワチなど 身近に置いて 彼らの知恵を十二分に発揮させている。

鎮海は、チンギスの中央アジア遠征のときはモンゴル高原西部に鎮海城(チンハイ・バルガスン)と呼ばれる屯田都市を開き、後方の兵站を担当した。

チンキス・ハーンの招請を受けた全真教の道士・丘長春は、遼東半島の済南から中央アジアへの旅行の途上に鎮海城を訪れ 鎮海に面会し、 ここから先の旅程を天山北麓・イリ渓谷・アルマリクと 鎮海と共にしている。

チンギスの死後、後継者・オゴデイ・カカンのもとで整備された宮廷書記による文書行政機構(中書省)の最高責任者(ウルグ・ビチクチ)となっている。

南宋からの使者・彭大雅および徐霆による報告書『黒韃事略』によれば、書記たちにより中国語やエルシャ語で記されたあらゆる文書は、最後に鎮海がウイグル文を書き入れなければ効力を発しなかった と言う。

鎮海の役職は首都カラコルムを建造してモンゴル高原から全帝国を監督する大ハーンの文書行政の一切を取り仕切る重職であった。

1241年にオゴデイ皇帝が死去すると、監国として政権を握ったオゴデイの后・ドレゲネに仕えるムスレム(イスラム教徒)の財務官僚・アブドゥッラフマーンと対立して罷免された。

生命の危険を感じた鎮海は、河西地方を領するオゴデイ・カカンの子・コデンのもとに逃亡した。

1246年にゴレゲネの生んだオゴデイの長男・グユクが即位し、続いてドレゲネ皇大后が没すると、ドレゲネ側近が一掃されて、アブドゥッラフマーンは刑死する。

鎮海が復権し、再び書記機構の長官(中書右丞相)に登用された。

1248年にグユク皇帝が急死すると、監国に就いたグユクの后妃オグルガイミシュに協力してオゴデイ一門から第4代皇帝を出すため尽力するが、

チンギスの長男ジュチの一門と四男トルイの一門の巻き返しが行われ、トルイの長男・モンケが即位した。

モンジェ・ハーンは即位するとすぐに オゴデイの一門に謀反の疑いをかけ、オグルガイミシュと共に 鎮海も処刑された。 84歳の高齢であったという。

夜咄ー8-2

耶律楚材(1190年7月24日-1244年6月20日[2]) 字は晋卿。 禅に深く帰依し、湛然居士と号した。

モンゴル名は“ウルツサハリ/髭の長い人”はチンギス・ハーンが命名、背が高く 泰然自若 悠然とした人格だった。 金王朝の宰相の子である。

科挙を免ぜられ、代替の試験を首席で通過して尚書省の下級官僚に任官していた。

モンゴルが金に侵攻したときは首都の中都(北京)で左右司員外郎を務めていた が、1214年に中都が陥落したとき捕虜となった。

楚材は家柄がよく長身長髭で態度が堂々としており、中国の天文と卜占に通じていたため チンギス・ハーンの目に止まり、召し出された。

中国語担当の書記官となり、チンギス・ハーンの側近くに仕えることになった。 ジンギスの皇子達に中国文化を教え、チンギスの家庭内の諸事について相談を受け 助言を与えていた。

1219年からの中央アジア遠征にも随行し チンギス・ハーン側近の占星術師として働きくと共に、ジンギスの精神的な支えと成っていた。

そのときの体験と詩作を『西遊録』に残している。

チンギスの死後に後継者を巡ってクリルタイが紛糾すると、チンギスの遺志を尊重して三男・オゴデイを立てることを説き、オゴゲイ・カカンの即位に大きく貢献している。

モンゴル貴族ではない楚材がクリルタイに出席して 発言権を履行することはできず、ホエルン皇后やジュチ家・チャガタイ家・トルイ家に根回しを行なった。

オゴエイ・カカンの時代、新皇帝にも書記として仕え、中国語で中書省と呼ばれた書記機構の幹部となり、北中国の金の旧領の統治に携わった。

ある時、あるモンゴル軍人幹部が、華北の大平原を無人にすれば遊牧に適した土地になるから捕虜とした中国人を皆殺しにしようと進言した。

耶律楚材は その上申を押し留めた。

捕虜たちを「万戸」と呼ばれる集団に分け 3団の万戸を置き、各万戸ごとに農民・職人など職業によって大別した戸籍をつくって、戸単位に課税する中国式税制を導入させた。

この新税制の導入により、モンゴル帝国は定住民からの安定して高い税収を得ることができるようになり、オゴデイ皇帝はこれに感嘆して楚材を賞賛したという。

しかし、1234年、モンゴルが金を最終的に滅ぼし北中国を併合した後には、中国式に全土を大ハーンの直轄領にするために、モンゴル貴族に征服した領土を分与することに反対したが、これは黙殺されている。

他方、儒学を家業とする家を「儒戸」に指定する制度を考案し、税を軽減するかわりに儒教の学問と祭祀と行わせ、実務官僚層の供給源とした。

オゴデイ・カカンは中国の歴代王朝にならって孔子の子孫を保護するが、これも楚材の進言によるとされています。

オゴデイー2-1

オコデイ皇帝の晩年には、楚材は西アジア式に人を単位として課税する人頭税制度を中国に導入することの不利を 熱真に説き 反対している。

しかし、正皇后が他界した後 権力を握ったドレゲネ皇妃がイスラム商人出身の奸臣・アブドゥッラフマーンを財務官僚に送りこんだ。

アブドゥッラフマーンが台頭して中国行政について干渉するようになり、伝統的な中国式統治システムを維持しようとする楚材らの派と対立していった。

ドレゲネ皇妃はまず、夫に重用されていた功臣の耶律楚材や鎮海、ヤラワチらを政治の場から遠ざけていく、

結局 アブドゥッラフマーンが率いる西アジアの財務官僚に任せる方が単純に収入を確保しやすいことからモンゴル諸侯は アブドゥッラフマーン一派を重用するようになり、楚材らは信任を失っていった。

1241年にオゴデイ皇帝が没した後はほとんど発言力をもたず、耶律楚材は その3年後失意のうちに没した。

楚材は清貧の美徳を守ったので、その遺産は琴と書物が残るばかりであったという。

詩作をよくし、詩集に『湛然居士集』が残っている。

耶律楚材の夫人・梁氏が産んだ長男の耶律鉉が30前後で早世したために、鄭氏が産んだ末子の耶律鋳が跡を継いだ。

後に鋳は嫡子の希亮と共にクビライに仕えて中書左丞相に上ったため楚材は再評価され、太師、上柱国を贈られ、広寧王に追封されて文正と諡された。

耶律楚材は中国や日本において、古来非常に高く評価されています。

これは、モンゴル帝国の最初期において、いまだ国家の体制も定まっていない遊牧民の連合政権であったモンゴル帝国に中国の文人官僚を代表して仕え、

統治の実務担当者として 金帝国の経験を生かした活動が正鵠を射ていたからでしょう。

しかし、さらに進んで耶律楚材はチンギスが最も信頼したブレーンであったとか、オゴデイ時代に大ハーンを補佐し、モンゴル帝国の拡大を支えた宰相であったする評価には 幾多の異論があります。

最も根本的な反論として、モンゴル帝国の網羅的な歴史書・『集史』やペルシャ語の歴史書に一切名前が登場せず、中国(漢文)史料にしか 楚材の名前があらわれないことです。

また、従来は楚材がチンギスの中央アジア遠征に随行し、様々な助言を行うチンギスに参謀として仕えたとされていた。

しかし、それ自体が楚材を高く評価している『元史』「耶律楚材伝」ですら、楚材がチンギスに対して天文の占いと予言以外の仕事をしたことを伝えておらず、

『元史』以外の中国史料においても、書記、通訳以外の業績が一切伝わっていないのです。

史書にある 楚材自身「自分は書記であって軍国の議には預かることはできない」と述べた謙遜が 多く歴史家の目を狂わせているのかも知れません。

ジュチ一党2-3-1

また、南宋からモンゴルに送られた使節が書いた報告書から、楚材ら漢文担当の書記が書いた勅令も、ウイグル文担当の書記・鎮海が署名をしなければ発効しなかったことが明らかにされている事実からも

楚材のモンゴル帝国内での評価が揺れているのです。

中書令耶律楚材は、実際にはモンゴル帝国の北中国(旧金領)方面の文書行政を司る中国語担当の書記の最高責任者であった。

当時の北中国は金滅亡後の混乱に乗じて台頭し、モンゴルの支配下に入った中国人の軍閥(漢人世侯)が在地権力を握っており、またモンゴルの貴族達がその上級領主として君臨していた。

楚材の権限は非常に限られたものであったが、耶律楚材を抜きにしては中国の統治は至る所で齟齬をきたしたでしょう。

陳舜臣さんの小説『耶律楚材』のあとがきでは、次のように記されています。

「この作品で利用した資料は、楚材の著作をはじめ、すべて漢文の文献である。 モンゴル史は、漢文だけでなく、ペルシャ文献も参照すべきであるが、不思議なことに、ジュワイニーやラシードなどのペルシャ文献には、耶律楚材の名はまったくでてこない。

なかには、彼はそれほど重要な人物ではなかったと推測する人※もいる。

だが、彼の詩文を読んでも、たとえば息子の鋳が十五歳になったときに与えた詩に、「忝なくも位は人臣を極め」とあるように、彼がモンゴル政権の中枢にいたことはたしかである。

おもうに彼の努力は、儒仏に根づいた文明と人命を、大破壊から守ることに集中されていて、戦争が上手であったのでもなく、税収の成績をあげたのでもない。

イスラム史家の立場からみれば、楚材にはしるすに足る業績がなかったことになる。

しかしながら、疲弊した中国をモンゴル流の破壊から守った事や 略奪的手法を収入の手段としていたモンゴル国家に税収による財政制度を整備して収奪を極力防いだ事は、

民族救済のみならず元の成立基盤ともなり国家の成長に大いに貢献した事は間違いなく、やはりモンゴル史を語るには欠かせない人物の一人と言える。」

※ モンゴル史学者、杉山正明さんは、著書『耶律楚材とその時代』で、碑文や楚材自身の書き残した文章の分析から、

楚材が宰相として中国人から賞賛されたのは、楚材自身が虚栄を好む小人物であったからだと結論し、楚材の人格も否定的に論評しています。

尚 岩村忍さんの著書・『耶律楚材』は全面的に評価する内容です、また 司馬遼太郎さんは評価する立場の発言が多い。

ジュチ一党2-3-3

次回は 絶世の美女・バグダード・ハトゥン王妃が ギリシャ人の宦官に、入浴中に捕縛れ 鉾で殴り殺される話しを 星空の下 語りましょう・・・・

匈奴ー3-2-

_____ 続く _____

                         *当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】  http://bogoda.jugem.jp

【浪漫孤鴻;時事心象】  http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】  http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

【壺公慷慨;世相深層】  http://ameblo.jp/thunokou/

※ 前節への移行 ≪https://thubokou.wordpress.com/2013/06/22/

※ 後節への移行 ≪https://thubokou.wordpress.com/2013/06/24/

ブログランキング・にほんブログ村へ クリック願います