探検家・冒険家 =9-①=

孤高の放浪者 = 上温湯 隆  = 

~放浪の一匹オオカミ サハラに死す~ 

上温湯 -1-

  上温湯 隆(かみおんゆ たかし、1952年11月29日 – 1975年5月29日)は、日本の冒険家、探検家。

1952年11月29日 鹿児島県生まれ。 6歳の時、家族で上京。1968年東京都立町田工業高等学校へ入学するも、一年次中途退学。 海外への探検に出掛ける。

最初のアフリカ探検

高校中退後、国内沿海航路貨物船の見習いコックとして働き、資金を貯めた上温湯は、1970年2月1日より50か国に渡る世界放浪へ旅立った。

東京-沖縄-台湾から旅は始まり、アジア、ヨーロッパを経てアフリカへ入る。 アフリカでは、エジプト⇒スーダン⇒エチオピア⇒ケニア⇒タンザニア⇒マラウイ⇒モザンビーク⇒ザンビア⇒ザイール⇒中央アフリカ⇒カメルーン⇒ナイジェリア⇒ダオメー⇒トーゴ⇒ガーナ⇒コートジボアール⇒マリ⇒ニジェール⇒アルジェリアを通り、ヨーロッパへ一度戻りアルバイトで軍資金を貯めてから、モロッコ-西サハラ-モーリタニア⇒マリ⇒セネガルへと旅を続けた。

計画では南米へ行く予定であったが、9か月早く旅を切り上げている。 1972年4月25日、約2年3か月ぶりに日本に帰国した。 この時点で ヒッチハイクや鉄道、飛行機、バス、船などを使い、ほぼアフリカ全土を時計回りに走破してた。

帰国後、大学検定試験を受け、アフリカ旅行計画を練るなどし、2度目のサハラ砂漠旅行へ出発した。

上温湯 -2-

旅行記 

ロンドンから、メナカ、そしてラゴスまでの行程は、彼の残した日記や手紙ではっきりしているが、ラゴスの再出発から以降の行動・旅程はよく分かっていない。 旅程途上で 彼は冥途に旅立ったのです。

現地から何通か手紙が送られているが、それを基に彼の行動が類推するしかない。 しかし、後半部の冒険がはっきりしていない。 書き綴っていた日記が紛失していることがその一因に挙げられるのです。

前半部の日記やメモ類は、東京の実家へ送られていたが、後半部の日記は、下記に記すように、ラクダに乗せてありそのまま紛失したと見られているのです。

名著・『サハラに死す 上温湯隆の一生』は旅前半部の日記やメモ、及び手紙と母親の手記、時事通信社ラゴス特派員長沼節夫の回想記で書かれているのです。

この名著が上枠される前。 上温湯隆が二度目の挑戦に出発する直前(1975/4/19)の時事速報に載せた上温湯 隆の“思い入れ”の断片・一文を抜粋すると・・・・・・。

「砂漠の向こうに何がある? サハラよ!今、懐かしき汝の胸に、俺は戻る…。 お前と別れて七ヶ月、俺はラゴスにいた。 この憎しみあまるラゴスに!  サハラよ、ここを去り、お前の砂の上に再び立つ喜びに俺の心は躍っている。

あの黒人の踊りよりさらに巨大なエネルギーを秘めて。  砂と太陽の鎧に身を固めているお前はデッカイ人間の体であり、それを西から東へとラクダに揺られ横断しようとしていた俺は、あまりにも小さな、そして無力な一匹のノミでしかなかった。

五ヶ月の間、ラクダに乗っていた俺の体と魂は、ゴミ箱に捨てられた、あのボロゾウキンのように疲れ果てていた。 七〇〇〇キロある広大な体。 お前は、その未開という名のプライドを守らんがために、俺の愛するラクダ、サーハビーを天国の旅路へ去らせた。 それも、まだ、三〇〇〇キロの地点で…。

お前は、その仲間の太陽を使者とし、五〇度を越す光線で、この肉体の水分を奪おうとした。 あるとき、冷たい風を使い、三〇分しか眠れぬ夜で、俺を包んだ。

砂、砂そして砂。足を棒にさせ、砂丘で行く手をはばみ、砂嵐は目をふさいだ。 行けど進めど、オアシス、井戸にたどり着けない不安、けん怠に包まれた小さなオアシス。

上温湯 -3-

 だが、お前の厳しい自然界は、何と多くの生きる喜びを教えてくれたことか!

食料がなく、さまよった三日と半日、その時発見した遊牧民のキャンプ! 水がなかった数日間、井戸を見つけたときのうれしさ、水は体を貫くように、口から胃へと走り、生きていることを自覚させてくれた。

苦しみと喜びを交互に与え、お前の太陽は俺のエネルギーをジワジワと抜き取っていた…。 『自然、それは征服されるためにある』と、考えていたヨーロッパ人。 その一人のイギリス人が、俺と同様にラクダで、お前の鼻をヘシ折ろうとした。

だが、貴様は、彼に死ぬ寸前までの苦しみを与え、イギリスへ追い返した。 そして、二人目の挑戦者、この俺を三〇〇〇キロでノックダウンさせた。

だが、サハラよ! 俺は不死鳥のように、お前に何度でも、命ある限り挑む。

正直に、お前に語ろう。

恐怖におおわれた闇、お前の体に抱かれていた夜に、何度“死”という言葉が脳裏で舞ったか。 果てしなき砂の中、道もなく、人も住まぬ所で、わが友とするラクダが、別の世界へ去ったら…考えるだけでも恐ろしい。

しかし、それが貴様の魅力だ! だからこそ、俺は貴様の虜になった。

敵愾心に燃えた心に、ふと恐怖の黒い雲が現れても、俺はそれを乗り越えて、この足は地平線の彼方へと一歩ずつ近づく。

『冒険とは、可能性への信仰である』 こうつぶやき、俺は、汝を征服する、必ず貴様を征服する!

それが貴様に対する、俺の全存在をかけた愛と友情だ。 きらめく星は流れ、やさしき風が流れ、すばらしき青春も流れ去る、流れ去るものは美しい、だから、俺も流れよう。

やせたラクダが、ラゴスに来たのは昨年の九月、七ヶ月余りの滞在。  多くの面で皆さまにお世話になりました。 再びサハラに戻ります。 定評ある(?)この時事速報の紙面を借り、お礼申し上げます。

いつの日か、風に乗って、この旅行の結果が伝わることを祈って…。

ラクダこと、上温湯隆」

上温湯 -4-

客死

メナカサークル中央地区ウアリトウフルート地区より北西5キロ、メナカ(マリ共和国東部)の東方約132キロメートル、インゲルジガール地区にて遺体が発見される。 遊牧民のキャンプより約20キロ離れていた地で、一本の灌木の下に僅かな身の回りの物と共に遺体は横たわっていた。

死亡地はメカナとイネカールの中間地点。 イネカールを10日前に出発していることから、先の旅で死亡したメナカの北150キロにあるラクダの頭骨を拾いに行ったと思われる。

死亡原因ははっきりとしていないが、遺体に損傷の跡が見られなかったこと、胃や膀胱が空であったこと、近くに上温湯のラクダがいなかったこと、荷物が無かったことから、旅の装備品を乗せたラクダが何らかの理由で逃走し、上温湯自信も渇えと飢えで死亡したと見られている。

なお、現地国家憲兵隊によると、近くの砂漠のタカスガザの丘の上を行ったり来たりしている足跡が確認されていることから、逃げたラクダを探したのではないかと考えられている。

パスポートなどの身に着けていた所持品は、メナカ憲兵地隊に保管され、遺体はメナカに埋葬された。 仮墓は1984年5月31日に広木武夫によって発見され、遺骨は遺品と共に回収、6月15日東京の母親に届けられた。

その母親も遺骨を受け取った3か月後に、自宅で病死しているのが近所の人によって発見されている。 メナカ地区には、墓碑が建てられていたが、現在一部崩壊している。

なお、単独でのラクダによるサハラ横断は1984年2月17日、前島幹雄によって達成された。

上温湯 -5-

上温湯 -6-

                      *当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】  http://bogoda.jugem.jp

【浪漫孤鴻;時事心象】  http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】  http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

【壺公慷慨;世相深層】  http://ameblo.jp/thunokou/

※ 前節への移行 ≪https://thubokou.wordpress.com/2013/08/05/

※ 後節への移行 ≪https://thubokou.wordpress.com/2013/08/07/

ブログランキング・にほんブログ村へ クリック願います 

広告

探検家・冒険家 =9-①=」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中