探検家・冒険家 =11-①=  

海洋の探検家 = 堀江 謙一(ヨットマン) =

~海洋冒険家・太平洋ひとりぼっち(ソロセーラー)~

堀江-2-

台風に遭遇、浸水と格闘

堀江さんのヨット「マーメイド号」は全長5.8メートル、最大幅2メートル、重量697キロで、メーンセール(主帆)の面積は7.7平方メートル、高さは7メートル。 「だれもが練習用だと信じこんでいた」という。

西宮を出てから紀伊水道を抜け、八丈島沖を通過し、三陸沖に向かった。 北緯40度付近から東に向けて一気に米西海岸を目指した。

 出航してから10日余りのとき、台風に遭い、船大工に腹をたてながら浸水と必死に格闘した。飲料水は節約して1日0.8リットル(成人は1.5リットル以上)と決めた。 食料は缶詰を温めて食べることが多かった。 堀江さんは「戦時中、缶詰はたいへんなごちそうだった。 だからか、航海中の缶詰はごちそうに感じられた」と述懐する。

堀江-3-

 堀江 謙一(ほりえ けんいち、1938年9月8日 – )は、海洋冒険家(ソロセーラー・ヨットマン)。 大阪市生まれ。 兵庫県芦屋市在住。 関西大学第一高等学校卒業。 アマチュア無線家でもある。コールサインはJR3JJE。 家業は自動車部品工場。

太平洋横断そのものは秘密裏の計画だったため、太平洋横断のためのスポンサードではない。 敷島紡績(現:シキボウ)から、資金不足に悩んでいる際、当社商標の人魚マークを帆に入れてくれれば、帆を一式寄付するとの申し出を受け、そのマークが入った帆の寄付を受けた事に因んだ。

パスポートを持たない密出国だった。 兵庫県西宮市を出港して94日目の1962年8月12日。 1万キロにおよぶ航海をへて、堀江謙一さんのマーメイド号はついに米サンフランシスコに着いた。 日の出前。 金門橋が目に入った瞬間、23歳の堀江青年は世界初のヨット太平洋無寄港単独横断の成功を確信する。

安全運航の意思を示す黄色の旗をマストに掲げ、湾内をうろうろしていると、現地のヨットマンが船で近づいてきた。 どこから来たのかと聞くので、「フロム オオサカ ジャパン」と答えた。 彼は「ウオー!」と驚き、係留場所へと誘導してくれた。 だが、堀江さんは達成感よりも「ノー・パスポートへの恐れがあった」。 誘導された岸壁が、正直、監獄島に見えたと言う。

ところが、上陸するとサンフランシスコ市長らから大歓迎を受ける。 寛大な措置で1カ月の滞在も許された。 一方、大阪海上保安監部はお冠だった。 心配して洋上の日本船舶などに消息不明船手配を打電した数日後に、米西海岸で「ヒーロー」と称賛されている。 保安監部は、人命軽視の暴挙と警告した。

1カ月後に日本へ戻った堀江さんは出入国管理令違反の容疑に問われるが、大阪地検は起訴猶予処分としたのです。

堀江-4-

 堀江さんがヨットと出会ったのは高校生の時。 関西大学第一高校で「おもしろそう」とヨット部に入った。が、その封建的な体質に驚く。 下働きばかりでバカバカしさすら覚えた。 きつい抑圧に対する反発がかえって、気持ちを大海原へと駆り立てた。

外国人冒険家の大洋航海記をバイブルのように繰り返し読み、あこがれを膨らませた。 父親の自動車部品商店で働いて資金をためた。 数年後、関西ヨットマンの会合でヨットデザイナーの横山晃さん(故人)と出会う。

「スナイプ級(2人乗りの短距離レース用)ヨットで太平洋は横断できますか」。 堀江さんの常識破りの珍問に、会場から笑いがもれた。 当時、横山さんは太平洋横断用の船を設計中だった。

図面を見た堀江さんは横浜の横山事務所を訪ね、あらためて聞いた。 「このヨットで横断は本当に可能ですか」。 すると横山さんは「可能です」。 その場で設計図を買った。 渡航計画は西宮周辺の仲間うちで秘密の話題になった。

パスポートは、申請した役所が「ヨットで出国なんてありえない」と信じず、交付してくれなかった。 「この季節の太平洋上の気象状況を考えれば、もう時間がない」。 堀江さんは取得をあきらめ「不法出航」を決意する。

《当時、宮崎から密かにドラムカン・イカダで出国した金子益男は銚子沖にて、黒潮海流に乗ろうと苦戦中に海上保安庁に発見されていた。 無法出国の容疑で強制的に保護され、収監されていた。 彼は手造りイカダで太平洋を単独横断を企てていた》

62年5月12日。 人目につかぬよう、夜8時45分、ひそかに西宮港の岸を離れた。 出航前、親しい先輩2人が西宮駅前で焼きめしをおごって、見送ってくれた。

「黙っていてください」・・・・「言うかいな」    先輩は暗闇をヘッドライトで照らしてくれた。

48年前に出航したその港にほど近い新西宮ヨットハーバーで、堀江さんはいまも頻繁にヨットを操る。

「なぜ太平洋横断に挑んだのか?」。 一番うんざりする質問だという堀江さんは、精悍な日焼け顔で、いつもこう答える。 「人生、本当に好きでやりたいことに、あきらめる、という選択はありません」

《高校ヨット部の後輩で堀江さんと合同練習をしていた田中孝義さんの弁》

沈黙したまま船出 喜んだ

関西大学第一高校(関大一高)のヨット部に入部した時のキャプテンが堀江謙一先輩だった。ヨットというスポーツでは、1年生と3年生だと、その技量、海への心構えなどまさに天地ほどの開きがある。 堀江先輩は、僕には親父(おやじ)のような存在だった。

ヨット部は人気が低く、部員は15人ほどだった。 みんな体格がよくて、声も態度も大きく怖かった。そんな中、小柄でちょっと線が細く見えたのが堀江先輩だった。 ところが堀江先輩は、海に出ると別人だった。

関大のヨット部との合同練習でも、絶対に負けない。 声もだれよりも大きく、ヨットの帆よりも高い波を抑えつけた。 その情熱にひかれ、僕は大学に入っても先輩と一緒に練習した。

あの昭和37年の春、関大ヨット部のキャプテンだった僕は西宮の停泊地にいたマーメイド号を毎日見ていた。 食料や水などを積み込み、少しずつ喫水線が下がった。 4月末になると限界線まできた。 「いよいよ決行するんだ」とひそかに感じ、緊張した。

5月半ば、僕も乗船したことがあるマーメイド号が、港から消えていた。 ヨット仲間のだれもが、沈黙したまま船出を喜び、快挙を信じた。 どんな大変なこともいとも軽やかに話してしまう堀江先輩の姿は、昔も今も同じだ。 戦争で父を失った僕に、男を教えてくれた人だ。

堀江-5-

“太平洋ひとりぼっち”として有名になった1962年の航海は「No Passport」「No English」「No Money」のまさに“密出入国”の航海で、堀江青年は即刻強制送還されてもしかたがない状況でした。 当時のサンフランシスコ市長、ジョージ・クリストファー氏は、日本の青年の無謀とも思えるチャレンジを高く評価したく思いました。 彼もまた、ギリシャの移民の子としてアメリカにチャレンジをした一人でもあったからです。

サンフランシスコ市長、ジョージ・クリストファー氏は、側近として仕えた元アメリカ大統領アイゼンハワー氏と相談をしました。 時は日米安保に揺れる時代。 ちょうど2年前、アイゼンハワー氏は日本国民の激しい反対デモにあい、訪日を断念するほどの屈辱を受けたにもかかわらず「日本国民、特に若者のためになる事を」とクリストファー市長に一言助言をしたそうです。

その事に意を強くした市長は、即刻、堀江青年をサンフランシスコの名誉市民として受け入れたのでした。 それは日曜日の夕刻から月曜日の正午までの一刻を争う出来事で、移民局も名誉市民とする市の決定に密入国の青年の入国を認めることになり、局長自ら堀江青年を称え、1ヶ月の米国滞在を認めるとの異例の措置を言い渡したのでした。

更に「コロンブスが強制送還されていたら、今日のアメリカは存在しなかったではないか。」というクリストファー氏の言葉に、サンフランシスコ市民だけでなく、アメリカ国民から堀江青年は称賛を浴び英雄になったのでした。 =現在もアメリカでは堀江を知る人々は彼をレジェンド(伝説)の人と呼んで敬意を表しています=

日本は戦後17年、まだまだ辺りには戦後の残照が残り、若者の間には60年安保の敗北の無力感が漂っていました。 そのような時代、日本国民には世界に目をむける余裕などまったくありませんでしたが、堀江青年の快挙は、当時、大変ショッキングな出来事で、それまで月に行くほど遠く思えていたアメリカが気が付けば手に届くほど身近に感じられたほどでした。

沸沸と希望や夢、そして何かが出来そうな可能性みたいな熱きものが若者の胸に沸きあがって来ました。 その後日本の若者が海外で雄飛する時代がやって来たのでした。 クリストファー市長が、堀江青年に渡してくれた「名誉市民の鍵」は、実はアメリカが日本国民に贈ってくれた大きなプレゼントだったのです。

彼の快挙は日本ヨット界の鎖国の扉を開いたことは言うまでもなく、1663年の鎖国令以来300年、日本国民を金縛りにしていた鎖国の精神的呪縛を真に解放してくれた出来事なのかも知れません。堀江青年が英雄になる報にアイゼンハワー氏は、「良くやった」と市長を高く評価したそうです。

Maris_Pacifici

1962年:「マーメイド号」で単独太平洋横断航海する。

1964年:友人ら3名と共に自転車でアメリカを一周する。(走行距離約2万km)

1974年:単独無寄港で世界一周航海する。

1982年:縦回りで世界一周航海する。

1985年:ソーラーパワーボートでハワイ〜父島間航海する。

1989年:太平洋横断では世界最小(全長2.8m)のヨット「ミニマーメイド号」でサンフランシスコ〜西宮間を航海する。

1992年:足漕ぎボートで、ハワイ〜沖縄間を航海する。

1996年:アルミ缶リサイクルのソーラーパワーボートでエクアドル〜東京間を単独無寄港太平洋横断する。エクアドル政府はこの航海の成功を讃え、翌年ガラパゴス諸島の島と岬に「モルツマーメイド島」「堀江謙一船長岬」と命名した。

1999年:生ビール樽を利用したリサイクルヨットでサンフランシスコ〜明石海峡大橋間を横断する。(“20世紀最後の太平洋一人ぼっち”航海)

2002年:「モルツマ-メイド3号」で、再び西宮からサンフランシスコに向けて太平洋を横断する。(“21世紀最初の太平洋一人ぼっち”航海)

2004年:再び「サントリー・マーメイド号」で単独無寄港で世界一周航海に挑戦。2005年6月無事世界一周を達成した。

2008年:波浪推進船「SUNTORYマーメイドII号」で約6000Kmある紀伊水道-ハワイ間の世界初の航海に挑戦し、同年7月4日夜に達成。

・・・・・・新節へ続く・・・・・・

                         *当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】  http://bogoda.jugem.jp

【浪漫孤鴻;時事心象】  http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】  http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

【壺公慷慨;世相深層】  http://ameblo.jp/thunokou/

※ 前節への移行 ≪https://thubokou.wordpress.com/2013/08/14/

※ 後節への移行 ≪https://thubokou.wordpress.com/2013/08/20/

ブログランキング・にほんブログ村へ クリック願います 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中