探検家・冒険家 =12-①=

南極点到達への死の彷徨 = ロバート・ファルコン・スコット =

~ 南極点到達レースの敗者 /  英国海軍大佐 ~

Scott-1-

ロバート・ファルコン・スコット(Robert Falcon Scott, 1868年6月6日 – 1912年3月29日)は イギリス海軍の軍人。南極探検家としても知られ、1912年に南極点到達を果たすが、帰途遭難し、死亡した。 

1868年、醸造業を営むジョン・エドワード・スコットの長男として、誕生。武人の家系であり、13歳で海軍兵学校に入学する。15歳で士官候補生となる。1888年、海軍大学を卒業。1899年、少佐だったスコットは、王立地理学協会による南極探検計画を知り、隊長として参加する事を熱望する。翌年中佐に昇進し、その任にあたった。

1901年から1904年にかけて、第1回南極探検(ディスカバリー号の探検)が行われた。この際、アーネスト・シャクルトンらと共に南極点到達を目指し、残り733kmの地点まで迫っている。また、ペンギン生態観察等を行い、南極に関する多くの科学的知見を得て、高い評価を得、帰国と同時に大佐に昇進する。

1908年に、彫刻家のキャサリン・ブルースと結婚。1909年9月、彼の南極探検計画が発表され、同年12月には自ら予備役に転じ資金調達に奔走する。前回の南極探検は、国家的プロジェクトだったが、今回の探検はその立案からスコット個人によるところが大きい。

1910年から1912年にかけて、南極探検(テラ・ノヴァ号の探検)が行われた。学術調査だけでなく、ノルウェーと人類史上初の南極点到達を競うことになる(後述)が、2着に終わり、さらに帰路1912年3月29日、死去した。 43歳没。 同年10月に救援隊により遺体が確認され、遺品の一部が回収されたが、遺体は現在も回収されていない。

ロンドンのウォータールー・プレイスには、北極探検の半ばに死亡した、ジョン・フランクリンの銅像と並び立つように、スコットの像が建てられている。この銅像は、キャサリン夫人が製作したものである。                                                                                                         =ウィキペディアより=

Scott-2-

 南極の発見には諸説あるが、1820年から翌1821年の1月にロシアのファビアン・ベリングスハウゼンとミハイル・ラザレフが南極に到達したことはごく初期の事例に当たる。  その1ケ月後にアメリカのジョン・デイビスらが南極大陸初上陸を果たした。

当時、南極の地形は未知であったが、19世紀中ごろにアメリカの海軍士官チャールズ・ウィルクスが自ら行った1839年-1840年の探検結果を元に南極は新大陸であると主張し、後にそれは正しさが証明された。

ジェイムズ・クラーク・ロスは1839年-1843年に航路で南極点到達を目指す探検に挑んだが、この試みは失敗に終わり、 南極点への行程を探す最初の試みは、1901年-1904年にディスカヴァリー号探検隊に加わったイギリスの冒険家ロバート・スコットによって行われた。

アーネスト・シャクルトンやエドワード・ウィルソンとともに、出来るかぎり南を目指したスコットは、1902年12月31日に南緯82.16度まで到達したが極点は未だ彼方であった。  シャクルトンはニムロド号探検隊の隊長として再び南極に挑み、1909年1月9日に南緯88.23度、南極点まであと112マイルというところまでたどり着いたが、引き返さざるを得なくなり涙を呑んだ。

Scott-3-

 人類初の南極点到達は、1911年12月14日にノルウェーのロアール・アムンセン一行によって成し遂げられた。 アムンセンは南極点にポールハイムというキャンプを張り、南極点周辺の台地を国王ホーコン7世にちなみ「ホーコン7世台地」と命名している。

同時期 ロバート・スコットもまたテラノヴァ号探検隊を組んで再び南極大陸に上陸し、南極点を目指していた。  スコットと4人の探検隊が南極点に到達したのは1912年1月17日、アムンセンに遅れる事34日後だった。 そして、帰路 飢餓と極寒の中で彼らは全滅してしまう。

南極点到達はイギリスとスェーデンの国威に関わる競争であった。 両者の争いの詳細は後に話しますが、国の名誉を背負う冒険者の話をしよう。

=アムンセンについては後日 話そう=

Scott-4-

ロアール・アムンセン(Roald Engelbregt Gravning Amundsen , 1872年7月16日 – 1928年6月18日?)は、ノルウェーの探検家。日本では「ロアルト・アムンセン」、または英語での発音による「ロアルド・アムンゼン」とも表記される。

主に極地に挑んだ探検家として知られる。イギリス海軍大佐のロバート・スコットと人類初の南極点到達を競い、1911年12月14日には探検隊を率いて人類史上初めて南極点への到達に成功。また、1926年には飛行船で北極点へ到達し、同行者のオスカー・ウィスチングと共に人類史上初めて両極点への到達を果たした人物となった。

ノルウェー東南部のボルゲ(Borge、サルプスボルグとフレドリクスタの中間に位置する)で海運業を営む一家の四男として生まれる。1888年にフリチョフ・ナンセンがグリーンランド横断に成功したことに感動し、探検家になることを決意した。アムンセンの母親は彼が家業の海運業を継ぐのではなく医師になることを望んだが、母が21歳の時に没するとアムンセンは大学を中途でやめ、船乗りになった。

その後、少年時代の夢をかなえるべく、1897年から1899年にかけてベルギーの探検船ベルギカ号の航海士となって探検隊に参加することとなったが、ベルギカ号は南極海で流氷の群れに閉じ込められて身動きが取れなくなり、期せずして南極初の越冬探検隊となった。この越冬時にアムンセンは極地の経験を積み、探検家としての道を歩み始める。

北西航路横断航海に成功したアムンセンは、次に北極点到達を目指した。探検家から政治家に転身したフリチョフ・ナンセンからフラム号を譲り受け、着々と準備を進めた。しかし、北極点探検の準備中、1909年4月6日にロバート・ピアリーが北極点に到達したことを知り、目標をひそかに南極点に変更した。しかし、出資者や隊員にはこれを告げず、秘密裏のままに準備を進め、1910年8月に「北極探検のため」ノルウェーを出航した。

Scott-5-

当時、ノルウェーから今回の探検の入り口とされたベーリング海峡に向かうにはアメリカ大陸を周航せざるを得なかったため、船が南に向かってもまったく怪しまれることはなかった。

出航後、マデイラ諸島の首都フンシャルに寄航したさいに、北極点ではなく南極点を目指すことが乗組員にはじめて明かされた。 アムンセンはこの際、これに反対するものは直ちに下船して去ってもかまわないと言ったが、乗組員はこの計画に賛意を示し、計画はスムーズに変更された。

同時にノルウェーにもその旨電報を打ち、出資者の手が届かなくなってから公表された。 探検出資者には「南極点に到達したのち北極を探検する」とし、これを拡大計画と称した。 また、大西洋の寄港地から同じく南極探検の途上にあったロバート・スコット宛に「我南極に向かわんとす」との電報を送っている。

スコットは途中寄航したオーストラリアのメルボルンにてこの電報を受け取った。 この電報について英国側でははなはだ無礼で挑発的であり「突然のライバル出現にスコットは動揺し失敗の一因となった」と受けとめられている。

もっともアムンセン本人は無礼な意図は毛頭無く「事前の連絡なしにいきなり南極で遭遇する方が却って無礼である」ということを自著などにおいて主張している。

また、白瀬矗率いる日本隊の動向にも一時は注目したが、準備の様子を聞いただけで、ライバルにはなりえないと以後は無視している。 実際、当時の日本隊はノルウェー人のスキーを見て、妙な板を履いているなどと書き残しており、根本的に準備不足だった。

さて、ロバート・ファルコン・スコットの足跡を追う旅に出よう

Scott-6-

・・・・・・続く・・・・・・

                         *当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】  http://bogoda.jugem.jp

【浪漫孤鴻;時事心象】  http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】  http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

【壺公慷慨;世相深層】  http://ameblo.jp/thunokou/

※ 前節への移行 ≪https://thubokou.wordpress.com/2013/08/19/

※ 後節への移行 ≪https://thubokou.wordpress.com/2013/08/21/

ブログランキング・にほんブログ村へ クリック願います 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中