探検家・冒険家 =25-①=

近代の冒険家= 女性ガンマン “平原の女王”=

~ 女性開拓者・プロの斥候・カラミティ・ジェーン ~

Calamity_5

生まれてから:1856 1874

1856年、彼女はマーサ・ジェーン・カナリーとしてミズーリ州プリンストンマーサ・カウンティに生まれた。 彼女の両親(ロバート・Wとシャーロット・カナリー)はプリンストンの北西11キロメートル(7マイル)にあるラヴァーナのはずれに住んでいたとアメリカ合衆国国勢調査局1860年国勢調査記録で判明している。 彼女には2人の弟と3人の妹がおり、彼女は6人姉弟の長女だった。

1866年、彼女が14歳のとき、父ロバートは家族全員を連れて幌馬車モンタナ州バージニア・シティへ引っ越した。 母シャーロットはモンタナ州ブラック・フットで1866年から流行していた重い肺炎にかかり、道中で死亡して終う。

1866年春にバージニア・シティに到着後、ロバートは6人の子供全員をユタ州ソルトレイクシティに連れて行った。 1866年夏には現地に到着し、ロバートは約16ヘクタール(40エーカー)の土地に入植し農作を開始したが、1867年、彼女が15歳のときに父ロバートは死去し家族は孤児となった。

彼女は家督を継ぎ、もう一度幌馬車で移動しワイオミング州ブリッガー砦へ入った。1865年5月に現地に到着後、更にそこからユニオン・パシフィック鉄道に乗り換えてピードモントへ旅を続け、ピードモントに至る。

ピードモントでは、彼女は6人兄妹の長女として家族を養うためにどんな仕事でも引き受けた。 皿洗い、コック、ウエイトレス、踊り子、看護婦、牛飼いなどを経て、最終的には1874年ラッセル砦で斥候の仕事を得るのです。

Calamity_1

 1896年の彼女の自叙伝で、彼女はこの頃のことを述懐している。

1865年から私たちはミズーリ州にあった家から5ヶ月間かけてモンタナ州のバージニア・シティまで移動した。  道中では常に私の時間はハンターとして男たちとハンティングすることに費やされた。私は常に男性と共に在り、興奮と冒険があった。

バージニア・シティに到着する頃には、私の年齢では良い銃使いであり恐れを知らない乗り手に成長していた。

私はミズーリからモンタナまでの道中の出来事を忘れられない。 幾度も山を越えたときには、道が非常に悪く凸凹していたので馬の力だけでは乗り越えられず、私たちは何度もロープで馬車を曳き凸凹を越えさせなければならなかった。

また、私たちは何度も流砂や沼地で有名な地点の流れの上をどきどきしながら越えた(私たちが慎重さを欠いていたならば、馬車や荷物の全てを失っただろう)。

そして、私たちには川が大雨で膨らみ奔流となるときに出会う大きな危険がたくさんあった。 通常、その種の危険の際には男たちは最も良い渡河地点を見つけ、そこを横断するだろう。 私自身、単に楽しむためだけに何度も馬に乗って川を横断し泳いだ。

私と馬の両方は何度も死の淵を見、そこから生還した。 しかし、開拓者たちには多くの勇気があったので、私たちは無事にバージニア・シティに到着した。

母は1866年にモンタナ州ブラックフットで亡くなった。 そこで私たちは母を埋葬し、春にモンタナを出て、夏にユタ州ソルトレイクシティに到着した。

この期間中に彼女は「非常に魅力的」であり、「暗い目をした少女」として記述された。 ジェーンはほとんど無学であるに等しかったが読み書き出来た。 彼女はグレートプレーンズ(大平原地帯)で、より荒くアウトドアな人生へ移って行ったのです。

Calamity_8

 =資料=

西部開拓時代(American Old West)とは、19世紀(特に1860年代に始まり1890年のフロンティア消滅まで)における、北アメリカの時代区分の一つ。オールド・ウェスト (Old West) 、ワイルド・ウェスト (Wild West) とも呼ばれる。

時代区分とともに、この時代のフロンティア・ストリップ(ノースダコタからテキサスまでの南北にわたる6つの州)の歴史、伝説、信仰など、文化的な意味合いを包括する用語でもある。

植民地時代から発展していた大西洋岸から太平洋岸まで漸進的に未開拓地域が開拓されていった。 1848年にカリフォルニア州で金鉱が発見されるとゴールド・ラッシュの到来が開拓を後押しした。 また、1869年にはアメリカ合衆国で最初の大陸横断鉄道が開通した。

いっぽう先住民であるインディアンにとっては、突然やって来た侵略者に自分達の土地を強奪されたうえに殺戮された時代でもある。 ガンマンやカウボーイ、アウトローなどがこの時代の特徴として小説や映画(西部劇)などで描かれる。

1865年~1889年; アメリカ合衆国東部で1871年ごろに第二次産業革命が始まった頃、フロンティアには人が集まり始めた。 ワイルド・ウェストの初期は、土地の大部分が公有地で、広い土地での畜産も農業も自由であった。 地方の法執行機関もほとんどなく、軍は特定の場所に集中していた。 バッファローの狩猟者、鉄道労働者、放浪者、兵士らの小競り合いが銃撃戦に発展した。

町ではダンスホールやサロンがテキサスのキャトル・ドライブ(牛追い)の商人の食事をまかなった。 テキサス南部からカンザス州アビリーンに通じる1,290キロの歴史的なチザム・トレイル(英語版)は、1867年から1887年まで、東部に運ぶカンザス・パシフィック鉄道の始発駅まで牛を追う道に使われた。

牛追いを襲う牛泥棒は深刻な犯罪であった。 牛泥棒は自警団によって私刑に処される結果となった(ただし、この手の物語はたいていがフィクションである)。 メキシコ人の牛泥棒と、コマンチェロ(コマンチ族と交易をしていたヒスパニック系商人)と手を組んだ無法者たちは、メキシコ政府がこの慣習を支持していたことで非難され、南北戦争以前から19世紀の終わりまでの主要な問題となった。 テキサス人たちは仕返しにメキシコからしばしば牛を盗み、インディアンの領地へ討伐に行ったりした。

ドッジシティとバット・マスターソン; カンザス州のドッジ砦(フォート・ドッジ)はサンタフェ・トレイル上の現在のカンザス州ドッジシティ近くに1864年に創設され1865年に稼働を始めた。 砦はワゴントレイン(幌馬車の隊商)と合衆国郵便サービスの保護、インディアン戦争に従事する部隊のための供給基地として稼働した。

1872年の終わりまでにはアッチソン・トピカ・アンド・サンタフェ鉄道が開通し、ドッジシティはその無法さと銃撃戦と悪名高いブートヒル墓地(Boot Hill, 銃撃戦でブーツを履いたまま死んだ者の墓地)で知られた。

保安官のバット・マスターソン、ワイアット・アープなどがドッジシティに来てから、法と秩序がもたらされた。 町は銃の保持を禁じた法令を可決した。

ワイルド・ビルとカラミティ・ジェーン; ワイルド・ビル・ヒコックは南北戦争の後、軍のスカウトとプロのギャンブラーになった。 ヒコックの射手としての評判は、ブラックヒルズに入植する白人へ抵抗するスー族を牽制するのに役立った。

1876年、カラミティ・ジェーンがサウスダコタ州デッドウッドに入植し、ブラックヒルズの地域でヒコックと親しくなった。 ジェーンはヒコックと結婚して自分の子供の父親はヒコックであると主張したが、この逸話は疑わしい。

1876年8月2日、ヒコックはデッドウッドでポーカーをプレイしている時に後ろから射殺された。 この時の彼の手役が A と 8 のツーペア(すべて黒のスート)であったことから、この手役をデッドマンズ・ハンド(死者の手)と呼ぶようになった。

Calamity_11

※;下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます=ウィキペディア=に移行。

・・・・・・新節へ続く・・・・・・

                         *当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】  http://bogoda.jugem.jp

【浪漫孤鴻;時事心象】  http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】  http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

【壺公慷慨;世相深層】  http://ameblo.jp/thunokou/

※ 前節への移行 ≪https://thubokou.wordpress.com/2013/11/13

※ 後節への移行 ≪https://thubokou.wordpress.com/2013/11/15

ブログランキング・にほんブログ村へ クリック願います 

広告