シオンへの夢と闘争-03-

2015-03-04_1

ベン=グリオンの生誕から第一次世界大戦まで 

  ダビッド・ベン=グリオンは、1886年、ロシア支配下のポーランド、プロンスクという町に生まれた。 元々はダビッド・グリーンという名前であり、ダビッド・ベン=グリオンと名乗ったのはパレスチナ移住後の1906年からです。 父親は弁護士でしたが、近代シオニズム運動の先駆けである「Hibbat Zion (シオンを愛する人々)」の中心メンバーの一人であり、社会主義とシオニズムの両立を目指す団体「シオンの労働者(Poalei Zion)」の支部長でもあった。 さらに地域のユダヤ人のための、ヘブライ語 =前記のように、当時 話し言葉としては死滅の危機に瀕していた= 学校を経営していました。 グリーン少年は、父親の経営する学校で教育を受けており、かなり若い頃からシオニズムと社会主義に傾倒していた。

彼は、14歳の時、話し言葉としてのヘブライ語の復活を目指すシオニスト団体「エズラ(Ezra)」に加わっている。 更に 17歳の時、「シオンの労働者」に加わってワルシャワへと赴き、ポアレ・ツィオン運動の若手リーダーとして活躍していた。 1905年(19歳)から1906年(20歳)にかけて、ストライキ煽動の容疑で二回も逮捕されている。 父親が腕利きの弁護士だったため、いずれもすぐに釈放されましたが、2回目の逮捕後、さすがにポーランドにいづらくなったのか、かねてからの夢であったパレスチナ移住を決め、断行している。

※; ベン=グリオンはダヴィド・グリューン (David Grün) としてポーランドのプロニスク(当時ロシア帝国領)で生まれた。ワルシャワ大学に在学中、東ヨーロッパでの反ユダヤ主義の流行と、ユダヤ人の虐殺(ポグロム)に衝撃を受け、彼は熱烈なシオニストおよび社会主義者としてポアレ・ツィオン運動[† 1]の指導者となった。

1929年、テルアヴィヴの家にて。ベン=グリオンの家族。左から、ダヴィド、パウラ(妻)、ダヴィドの膝の上にいるのがレナナ(末娘)、右にゲウラ(娘)、アヴィグドール・グリーン(父)、アモス(息子)。

1906年9月7日に13人の仲間と共にパレスチナヤッフォへ移り住む[1]。パレスチナでは最初、オレンジ農業などを行っていたが、僚友イツハク・ベンツビらが参加していたハショメルHaShomer(パレスチナ入植者による自警組織)に志願し、行動するようになる。1912年にベンツビとともにイスタンブル大学で法律を学ぶためオスマン帝国イスタンブルへ移る。

彼は最初労働シオニストの新聞『アハドゥト(労働)』で編集部員として働き、政治活動を始めると共にヘブライ語の名前ベン=グリオンを使い始めた[2]。この名は中世の歴史家ヨセフ・ベン・グリオン(Yosef ben Gurion)から取られた。

しかし、シオニスト会議の出席者名簿の中に2人の名前を見つけたジェマル・パシャによって、オスマン帝国統治下のパレスチナにおける政治活動を理由に、オスマン帝国を永久追放されることが決まった。拘束期間中は、学生であったこともあり、丁重に扱われたという。

1915年ニューヨークに移住し、後の妻となるロシア生まれのポーラ・ムンワイスと出会う。彼らは1917年に結婚する。彼らの間には3人の子供がいた。1917年11月2日に発せられたバルフォア宣言も米国で一報を受けている。一家は第一次世界大戦イギリス委任統治領となったパレスチナに帰還した。

ベン=グリオンは後に、当時のパレスチナでの生活について「自力で土地を開拓しなければ、土地は我々のものにならないので、ユダヤ人の村でアラブ人が働くのは危険だと考えていた。だが、我々はそこでアラブ人と衝突したことは一度もなく、アラブ人の憎しみを買うこともなかった」と書いている。

2015-03-04_2

 当時、シオニズムには二つの流れがあった。 シオニスト機構に見られるような、祖国再建を政治的な働きかけと大国の承認の元に推し進めるという「政治的シオニズム」。 この代表者が世界シオニスト機構であり、テオドール・ヘルツルです。 もう一つは「実践シオニズム」と呼ばれるもので、“アリヤー”や土地買占めもこれにあたりますが、主としてロシアや東欧系のユダヤ人による、手段を選ばずパレスチナへの移住を推進し、ユダヤ人社会を建設してしまおうと言う運動を指します。 そのため、この後者は“第二アリヤー”とも呼ばれており 信奉者には社会主義者や無政府主義者が多く、「社会主義シオニズム」とか「労働シオニズム」とも呼ばれています。

「シオンの労働者」も社会主義とシオニズムの両立を目指す組織であるため、初期アリヤーのブルジョワなユダヤ人地主層とは対立していた。 当時のパレスチナでは、同じユダヤ人と言っても、ロスチャイルド家所有の農場や、その他裕福な地主達は、アラブ人小作農を安く使っており、主としてロシアや東欧から来た後発のユダヤ人移民 =第二アリヤー= の就職は難しく、悪条件での就労を強いられていた。 従って、ダビッド・グリーンは、ただパレスチナへ移住するだけでなく、「シオンの労働者」からパレスチナにおける労働運動の指導という任務が与えられていました。

ダヴィド・ベン=グリオンは、1906年9月7日に13人の仲間と共にパレスチナのヤッフォへ移り住む。 パレスチナでは最初、オレンジ農業などを行っていたが、僚友イツハク・ベンツビらが参加していたハショメルHaShomer(パレスチナ入植者による自警組織)に志願し、行動するようになる。 彼は、1912年にベンツビとともにイスタンブル大学で法律を学ぶためオスマン帝国のイスタンブルへ移り、最初労働シオニストの新聞『アハドゥト(労働)』で編集部員として働き、政治活動を始めると共にヘブライ語の名前ベン=グリオンを使い始めた。 この名は中世の歴史家ヨセフ・ベン・グリオン(Yosef ben Gurion)から取られたと言う。

しかし、シオニスト会議の出席者名簿の中に2人の名前を見つけたジェマル・パシャによって、オスマン帝国統治下のパレスチナにおける政治活動を理由に、オスマン帝国を永久追放されることが決められ、また 拘束される。 しかし、当時の政治犯としては異例の処分 学生であったこともあり、拘束期間中は丁重に扱われたという。 そして、短時間で釈放されている。

2015-03-04_3

  ヘブライ語式にダビッド・ベン=グリオンと改名した彼は、パレスチナ到着早々、ユダヤ人労働者のストライキを煽動している。 そして、ユダヤ教独特の風習を利用して、彼はユダヤ人労働者の待遇改善に成功した。 パレスチナではオレンジの栽培とワイン作りが盛んでした。 しかし、パレスチナのワインはユダヤ教の安息日とパス・オーバー(キリスト教のイースターに当たる祭日)用として製造されているので、ことブドウの栽培とワイン作りに関してはユダヤ教の教義に則った宗教的な作業であり、アラブ人労働者を使うことが出来なかったのです。 ダビッド・グリーンは賃上げと労働条件の改善を要求し、成功した。

この成功から、「シオンの労働者」のエルサレム支部長、イツハク・ベンツビとの親交は増々深まり、二人は終生の友人になる。 その後、ベン=グリオンはベンツビとともに、イスラエル北部、ガリラヤ湖畔(現ティベリウス湖)にある農場 =イスラエル独特の集団農場、“キブツ”の先駆け= で働き始めている。 ここでの農民暮らしをベン=グリオンは大いに気に入り、彼は生涯を通じての農作業マニアと成ったと自認しているが・・・・・・

2015-03-04_4

キブツ(Kibbutz)は、イスラエルの集産主義的協同組合。キブツとは元来ヘブライ語で「集団・集合」を意味する言葉で、1909年帝政ロシアの迫害を逃れた若いユダヤ人男女の一群がパレスチナに渡り、最初の共同村デガニアをガリラヤ湖南岸に設立したのがキブツの始まりである。  彼らは、自分たちの国家建設の夢を実現させようと願って、生産的自力労働、集団責任、身分の平等、機会均等という4大原則に基づく集団生活を始め、土地を手に入れ開墾していった。 迫害のために世界各地からユダヤ人がこの地にやってくると共に、キブツの数や人口は増大し、学校、図書館、診療所、映画館、スポーツ施設などの建設もすすめられた。

元来農業が中心であったが、現在では工業や観光業も営み、独立した自治体的な側面も有している。当初、生活のすべてが無料で保障されるとともに構成員の労働は無報酬であったが、現在では給与が支払われるようになっている。

コルホーズ、人民公社など、他の国にも共同社会的な事業形態はあるが、イスラエルでキブツが果たしたほどの重要な役割を持った自発的な集産主義的共同体は、他にはない。イスラエルにおける彼らの重要性はイスラエルの建国にまで遡ることができ、また現在でも重要な存在である=

2015-03-04_5

※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます=ウィキペディア=に移行
===== 続く =====

                         *当該地図・地形図を参照下さい

 

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

【壺公慷慨;歴史小説】 http://ameblo.jp/thunokou/

ブログランキング・にほんブログ村へ クリック願います 

===== 続く =====

                         *当該地図・地形図を参照下さい

 

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

【壺公慷慨;歴史小説】 http://ameblo.jp/thunokou/

ブログランキング・にほんブログ村へ クリック願います 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中