日本地震学の父/ジョン・ミルン=04=

07-23-1

❢❢❢ 地震屋ミルン ❢❢❢ 

実験や葉書調査と並行して、専門家集団の形成も進められた。 ミルン、ユーイング、グレイが中心になって日本地震学会が設立された。当然ミルンが会長になるものと予測されたが、ミルンは断り、代わりに日本人の役人である服部一三(はっとり・いちぞう)を推薦した。

18800年4月26日、地震学会第一回大会が開催され、最初の論文を発表する栄誉がミルンに与えられた。地震学の現段階での功績と今後の課題を論じた。 そして振子地震計を開発し、15個を武蔵野平原に設置して観測を行うと発表。 地震計を電報局の中に置き、揺れが起こった時刻も記録する予定だった。 この地震計はグレイとミルンの開発によるもので、「グレイ・ミルン式地震計」と呼ばれた。 当時の地震計がどのように機能したかというと、地球が震動を起こす度に、精密なガラスの針が作動して、回転ドラムに巻かれた、黒煙で色付けされた感度の高い紙に線を描く。  これが震動を表し、波動が極端であればあるほど、大きな地震ということになった。

グレイ・ミルン式地震計は解像度と正確性を高めるために何度も改善が施される。 1883年に地震測定に有効な三成分の地震波の同時記録に成功したことから、地震学会が東京気象台での公式地震計として採用した。 学会でのミルンの最後の論文によると、グレイ・ミルン式地震計により、1885年から1893年までの間に8331の地震が記録されている。

このように地震学会が1892年に解散するまでの12年間に、学会紀要の発行や地震計の開発の実現を通し日本の地震学の土台を築いたのだ。 ちなみに「地震」という言葉も、この頃に初めて使われるようになったと言われている。

ミルンの探究心は留まる所を知らず、地震の起こりやすい環太平洋地帯の国々も調査して回った。 学会の会長にこそならなかったが、ミルンがこの新たな科学領域のリーダーであることは誰もが暗黙のうちに了解していた。 同僚達はミルンを敬意と親しみを込めて「地震屋ミルン」と呼んだという。

07-23-2

  • 日本地震学会と濃尾地震=“ジョン・ミルン没後100年” 東北大学・名誉教授 柴田明徳=

1880年2月(明治13年)の横浜地震は,横浜で煙突の破損が多く,家屋の壁が落ちた程度の地震であったが,来日4年目のミルンに強い衝撃を与えた。 この地震をきっかけに,その年日本地震学会(Seismo­logical Society of Japan,会長は東京大学の服部一三,ミルンは副会長)が発足し、ミルンはその最も熱心な推進者であった。 英文の学会報告第1号の冒頭にミルンの論文“Seismic Science in Japan” があり、地震計の開発、地震観測網の整備、地震に関する諸現象の調査など、彼の広い学問的関心がここに述べられている。 ちなみに,アメリカの地震学会は1911年の発足である。

横浜地震のあとで,ミルンは今のアンケート震度に相当する先駆的な調査も行なっている。 ミルンは工部大学校の同世代の同僚のユーイング(機械工学,4年間在日)、グレイ(電信工学,5年間在日)と共に地震計の開発に力を注ぎ、精力的に地震観測を行なった。 また、耐震建築、免震建築についても熱心な研究を行なった。 東京上野の科学博物館には,ミルン等の地震計が展示されている。

1891年濃尾地震(明治24年)は日本最大級の内陸地震で、愛知県、岐阜県一帯に死者7273人の大きな被害をもたらした。 外国からの輸入工法であるれんが造建物が多数倒壊し、多くの死者を出した。 濃尾地震の後でミルンは東京帝国大学の衛生工学科のバートン及び写真師の小川一真と共に被災地に赴いて総合的な調査を行ない、優れた写真を含む報告書「The Great Earthquake of Japan, 1891」を著わしている。
※ トネとの結婚、トネの生涯 =“ジョン・ミルン没後100年” 東北大学・名誉教授 柴田明徳=

ミルンは来日の翌年1877年に函館を訪れ,その後も鉱山関係の仕事等でしばしば北海道に行き,函館のブラキストン(貿易商,鳥類研究家,ブラキストン線の提唱者)と親友になった。 ブラキストンの紹介で、ミルンは函館の僧侶堀川乗経の娘トネ(1860‐1925)と知り合うことになる。トネは,1872年11歳の時、東京の芝増上寺に設置された開拓使仮学校女学校に入学した。 黒田清隆開拓次官の,北海道開拓には女子教育が緊急に必要との強い主張により開設されたものである。

函館からは6人、全体で44人が入学した。この前年には8歳の津田梅子ら5人が開拓使女子留学生として米国へ留学している。1875年に女学校は札幌に移転するが、トネは病のため残念ながら退学し、函館に戻る。 トネは当時の最新の教育を受けた進取の気性を持つ女性であった。そして函館でミルンと出会い、1881年に霊南坂教会で結婚式を挙げる。ミルン30歳,トネは20歳であった。

ミルン夫妻は初め赤坂の山口屋敷,次いで本郷の加賀屋敷に住む.ミルンは日本の文化に非常な興味をもった。 彼の大量のコレクションが、ワイト島のカリスブルック城博物館に保存されている。

ミルンは1895年にトネと助手の広田を伴ってイギリスに帰国し、ワイト島シャイドに私設の地震観測所を設けて地球規模での遠隔地震の観測研究を続けた。 1913年にミルンは62歳で死去する。 ワイト島のミルンの墓碑には、“In Loving Memory of My Dear Husband John Milne who was born De­cember 30th 1850 and fell asleep July 31th 1913”の銘と“His genius, enthusiasm and devotion to the work which he loved, made seismology an inter­national science.” の言葉が刻まれている。
その横にはミルンの母(1897年死去)と父(1907年死去)のもう一つの墓碑が同じ形で建っている。 トネは英国で3人の死を見送っていた。

ミルンの死の6年後、1919年にトネは日本に帰国し、函館で1925年に64歳の生涯を閉じる。 トネとミルンの墓は函館山の麓にある。 堀川トネの生涯については、トネと同じ函館生まれの森本貞子氏(元東京大学地震研究所長森本良平氏夫人)の「女の海溝」に広い視野から興味深く詳細に述べられている。

07-23-3

※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
===== 続く =====

                         *当該地図・地形図を参照下さい


 

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

【壺公慷慨;歴史小説】 http://ameblo.jp/thunokou/

ブログランキング・にほんブログ村へ クリック願います 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中