登山家・ブクレーエフの横顔=01/6=

=アナトリ・ブクレーエフ(ロシア)=

10-06-0

Anatoli Nikolaevich Boukreev / アナトリ・ブクレーエフ (生没年;1958 年 1 月 16 日-1997 年 12 月 25 日)

海抜高度ピーク 8,000 メートル (26,000 フィート) 以上の ジャイアント・ピークの7峰を足下にした登山家。 ロシア国籍のカザフ民族。 酸素補給なし彼は 1989 年から 1997年まで 8000 メートル以上のピークの 18 座に成功し、登山界に金字塔を打ち立てた。

1989年のカンチェンジュンガ峰登頂は 8000 メートル以上の4つのピークを初縦走する快挙であり、今日でもこの記録は破られていない。 登山家の夢の登行である。

10-06-1

 ブクレーエフは国際的な混成遠征部隊のエリート・アルピニストとして、1993 年に K2に登頂。 1995 年に、エベレスト北東山稜のリッジ・ルート経由で 山頂を攻略し、頂上に立っている。 エベレスト山頂への北東リッジ・ルートの登攀、また 遠征隊への献身的な彼の行動は多くの評判を生み、彼の登山家としての能力と人間性が広く知られるように成る。 翌年の1996年 エベレスト南面・サウスコルートより登頂、上部の新しいルート開拓が彼をして不動の名声を勝ち取る。

しかし、1997 年 冬のアンナプルナ(ネパール)に登頂中、雪崩に押し流され ブクレーエフは死亡する。

ブクレーエフの同行者・リンダ ワイリーは彼の回顧録を編集し、“雲の上”のタイトルで 2002 年に出版した。 高高度の登山家の日記である。 この著作をベースにブクレーエフを追想しよう。

10-06-2

 カンチェンジュンガ(Kangchenjunga)は、ネパール東部のen:Taplejung Districtインドシッキム州との国境にあるシッキム・ヒマラヤの中心をなす山群の主峰。 標高8,586mはエベレストK2に次いで世界第3位。

カンチェンジュンガとはチベット語で「偉大な雪の5つの宝庫」の意味。  主峰の他に西峰(ヤルン・カン8,505m)、中央峰(8,478m)、南峰(8,476m)が並ぶ。衛星峰に囲まれていて、最高点を中心に半径20Kmの円を描くとその中に7000m以上の高峰10座、8000m級のカンチェンジュンガ主峰と第二峰の2座が入るので、壮大さは比類が無い。

さらにこの山がダージリンの丘陵上から手に取るような近さで眺められることも、この山を古くから人に親しませる理由となった。

10-06-3

===== 続く =====
前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2015/10/05/
後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2015/10/07/

※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます=ウィキペディア=に移行

                         *当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

【壺公慷慨;歴史小説】 ameblo.jp/thubokou/

ブログランキング・にほんブログ村へ クリック願います