天正遣欧使節を仕組んだ男=02=

❢❢❢  イエズス会宣教師ヴァリニャーノ  ❢❢❢

11-21-1

◆◇◆ 四世紀ぶりに評価された殉教の徒たち ◆◇◆

英国を代表する大聖堂の名前の一部としてあまりにも名高い聖ポール、イングランドの守護聖人である聖ジョージ、ゴルフ発祥の地とされる聖アンドリュースなど、英国に足を踏み入れると、身の回りには「聖」とつく名前があふれていることに気付く。

これらはすべて、キリスト教の最大派閥といえるカトリック教会において、「聖人(Saint)」と呼ばれる位に列せられた人々である。「徳」と「聖性」が認められ、その人物の死後、少なくとも二つの奇跡(miracle)が起こったことが証明されたといった条件を満たし、ローマ教皇庁による審査に通って初めて、聖人の仲間入りを果たす。一般信者からみると、きわめて尊い存在だが、この聖人に次ぐ地位として「福者(Beato)」と呼ばれるものがある。聖人になるための「条件」と比較すると、奇跡は一つで良いなど基準はやや緩く、殉教した信徒については、この奇跡も証明の必要がないとされている。

審査を経て、福者に加えるのがふさわしいと判断されると、バチカンにある聖ピエトロ大聖堂において、福者に列する式=列福式が行われる。ただ、1981年以降、バチカン以外で列福式が行われる例も見られるようになっている。

この流れを受け、2008年11月24日、長崎で日本初の列福式=写真左=が開かれ、江戸時代に殉教したキリスト教徒の一部に対し列福が宣言された。1549年にイエズス会(十頁のコラム参照)の宣教師フランシスコ・ザビエル(Francisco Xavier)が日本にもたらし、織田信長や一時は豊臣秀吉も興味を示したといわれるキリスト教だったが、1614年、徳川幕府はキリスト教禁止令を発布。明治維新後の1873年に信仰の自由が認められるまでに、約3万人ともいわれるキリスト教徒が棄教よりも死を選んだ。

法王庁の前・列聖省長官であるホセ・サライバ・マルチンス枢機卿臨席のもと、約四時間にわたって長崎県営球場で開催された同式で福者に列せられたのは、江戸時代初期(1603―39年)に殉教した188人。日本人として初めてエルサレムを訪れ、江戸で殉教した大分出身のペトロ岐部(きべ)のほか、列福者リストの中に、中浦ジュリアンの名前が見られた。

この中浦ジュリアンこそ、1585年に教皇グレゴリウス13世にお目通りを許された四人の日本人少年のひとりであった。

11-21-2

☛ ☞  “中浦ジュリアン”

ローマに残っている資料によれば中浦ジュリアンの父は肥前国中浦の領主・中浦甚五郎とされる。 ジュリアンは司祭を志して有馬のセミナリヨ=セミナリヨ(ポルトガル語:seminário)は歴史用語で、イエズス会によって日本に設置され、1580年- 1614年の間に存在したイエズス会司祭・修道士育成のための初等教育機関のこと=に学んでいたが、当時のセミナリヨは信仰堅固である程度の家柄の子弟しか入学させなかったので、それなりの身分の家の出身であったと考えられる。

=有閑夜話= 当時のヨーロッパは人文主義と古典復興が盛んであった。 セミナリヨでの教育内容も古典教育に力が入れられていた。それはラテン語の古典と日本の古典を学ぶことである。 ラテン語は当時のカトリック教会の公用語であり、学問のための言葉であったので必ず学ぶ必要があった。 カブラルは日本人にはラテン語習得は無理だと考えていたが、ルイス・フロイスはセミナリヨの生徒のラテン語習得が速いと驚いている。イエズス会員たちは生徒が日本で宣教する宣教師になるため、日本文学を学ぶことが必須と考え、平家物語などをテキストに古典を学ばせた。

また、それまでの日本の教育にはなかったものとして音楽と体育が重視された。 音楽はフルート、クラヴォ、オルガンなどの器楽、およびグレゴリオ聖歌や多声聖歌などの練習が行われた。 体力を培う体育も重視され、夏は水泳がおこなわれ、週末には生徒全員が弁当を持って郊外にピクニックに出かけていた。 復活祭やクリスマスには文化祭が行われ、生徒が劇や歌、ラテン語の演説などを披露した。

セミナリヨで行われていた教育は、近代教育の先取りともいえるものであった。 明治以降、日本がとりいれたヨーロッパ式の教育システムはキリスト教の学校システムから発生したものであったので、このセミナリヨもまた近代日本の教育の原点といえるかもしれない。

11-21-3

☛ ☞  “ルイス・フロイス”

1532年にリスボンに生まれる。9歳でポルトガルの宮廷に仕え16歳でイエズス会に入会した。同年、当時のインド経営の中心地であったゴアへ赴き、そこで養成を受ける。同地において日本宣教へ向かう直前のフランシスコ・ザビエルと日本人協力者ヤジロウに出会う。1563年(永禄6年)、31歳で横瀬浦に上陸して念願だった日本での布教活動を開始。日本語を学んだ後、平戸から京都に向かった。

1565年(永禄7年)に京都入りを果たし、ガスパル・ヴィレラや日本人修道士ロレンソ了斎らとともに布教活動を行った。しかし保護者と頼んだ将軍足利義輝が殺害されると、三好党らによって京都を追われた。翌1566年にヴィレラが九州に行ってからは、京都地区の布教責任者となった。

1569年(永禄12年)、将軍・足利義昭を擁して台頭していた織田信長と初めて対面。既存の仏教界のあり方に信長が辟易していたこともあり、布教を許可され、グネッキ・ソルディ・オルガンティノなどと共に布教活動を行い多くの信徒を得た。その著作において信長は異教徒ながら終始好意的に描かれている。フロイスの著作には『信長公記』などからうかがえない記述も多く、戦国期研究における重要な資料の一つになっている。

その後は九州において活躍していたが、1580年(天正8年)の巡察師の来日に際しては通訳として視察に同行し、安土錠で信長に拝謁している。時の総長の命令で宣教の第一線を離れ、日本におけるイエズス会の活動の記録を残すことに専念するよう命じられる。以後フロイスはこの事業に精魂を傾け、その傍ら全国をめぐって見聞を広めた。この記録が後に『日本史』とよばれることになる。

1590年(天正18年)、帰国した天正遣欧使節を伴ってヴァリニャーノが再来日すると、フロイスは同行して聚楽第で秀吉と会見した。ヴァリニャーノとともに一時マカオに渡ったが、1595年(文禄4年)に長崎に戻り、二年後には『二十六聖人の殉教記録』を文筆活動の最後に残し、1597年(慶長2年)7月8日(5月24日)没した。65歳。フロイスは日本におけるキリスト教宣教の栄光と悲劇、発展と斜陽を直接目撃し、その貴重な記録を残すことになった。

11-21-4

===== 続く =====

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2015/11/20/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2015/11/22/

※ 本文下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます=ウィキペディア=に移行

                         *当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

【壺公慷慨;歴史小説】 ameblo.jp/thubokou/

ブログランキング・にほんブログ村へ クリック願います 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中