550年後、目覚めた英国王=09 =

❢❢❢ 「忠誠がわれを縛る」 ・ リチャード3世 ❢❢❢

○◎ =“薔薇戦争”の最後を飾る英国王・ヨーク朝の終焉= ◎○

リチャード・シール

 ◇◆ タウトンの戦い ◆◇  

 =タウトンの戦い/1461329日=両軍は3つの部隊に分けられ、大兵団が猛吹雪状態の中、相手陣営のどこかが崩れるのを待ちながら4時間が過ぎた。 最終的に風向きが変わって、ランカスター派の顔に雪が吹き付けるようになって、ヨーク派のフォーコンバーグ卿がイニシアティブをとった。彼は弓兵を前面に出し、ランカスター派の隊列に矢の雨(毎分約120,000本と計算する作家もいる)を降らせた。 ランカスター派にとっては視界が悪い上に激しい向かい風状態であり、ランカスター派の弓矢の一斉射撃もヨーク派には届かなかった。 死傷者が増したランカスター軍は、完敗を止める唯一の方法が弓の使えない距離まで敵を引き込むことであると知っていた。 ランカスター派の巧妙な動きで、フォーコンバーグは彼の兵(この時点で既にかなりの矢を撃ち尽くしていた)に、接近中のランカスター派を牽制するための若干名を残して、前面の芝地落ちた矢柄をいくらかでも取り戻すことを命じた。

  ランカスター派の接近戦法は、まず兵数の差からヨーク派を後ろへ押し返した。しかしウォリック伯とエドワードは、共に兵を鼓舞するために最前線で戦った。時間が経ってヨーク派は自分たちがじりじりと押されて、城の木の近くまで来ている事に気づいた。この時、200人のランカスター派の槍兵がヨーク派左翼に対する奇襲を開始した。奇襲を受けたヨーク派は何百という兵が逃げ、エドワードは戦線が瓦解するのを防ぐために、彼の予備軍全てを投入しなければならなかった。 午後になって、ノーフォーク公ジョン・モウブレーが数千の元気な兵を連れ、ヨーク派側に参陣した。ヨーク派は新たな決意で1時間ほど戦い続けた。すると全く突然にランカスター派の戦線が割れ、何千という兵が戦場から逃げ出した。

二つの戦

   ここまでの戦場での死傷者数よりも、この総崩れでの死者の方がずっと多いと考えられている。 隣接する川にかかるいくつかの橋が武装した兵の重量で壊れ、多くの兵が凍るように冷たい水に突っ込んだ。 これで溺死しなくても、追跡者に追い詰められて殺された者も多い。 最もひどい惨殺は、川に落ちた兵の死体を乗り越えて渡った先の血まみれの牧草地(Bloody Meadow)と呼ばれる場所で行われた。 タウトンからタッドキャスター(Tadcaster)までの長い道のりは死体でいっぱいだった。 敗残兵は逃げやすくするため、自分の武器を捨て、自分の鎧を捨てた。 これでは追撃隊の格好の獲物であり、さらに多くの敗残兵が殺された。 タッドキャスターでは少数の兵が抵抗を試みたが、彼らも殺された。 総崩れは翌朝まで続き、残った兵がヨークに到着した時には完全にパニック状態であった。 王妃マーガレットとヘンリー6世、それからサマセット公は北のスコットランドに逃げた。 殺されず、領地も没収されなかった貴族たちは皆、エドワード4世と和平を結ぶ事を強要された。

エドワード4世

ばら戦争ー1

  ===== 続く =====

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/04/08/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/04/10/

※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中