創作; “光の庭”のうたた寝 =061=

❢❢❢ 遼王朝皇族が耶律大石、王朝再興賦 ❢❢❢

=061=1

❝ =第一章第4節_12= 可敦城 遊牧民との協調 ❞

鳥海の商人である忠弁亮が可敦城の兵糧を運び入れた日の夜。 大石は忠弁亮との対談で約束した明日からの行動を話し合うべく近親の諸将を集めた。 無論、チムギも呼んでいる。 楚詞が同席の対談であったとはいえ、明朝 北へ交易に向かう忠弁亮を警護する約定の履行は、この地にきた諸兵には予測外の事である。 行動の目的を告げて、北方に向かってもらわなければならない。 また、この地に集結して行うべき計画行動以外の 予定外の行動を明日から執らねばならない。 諸将に説明する時間は、今夜しかない。 耶律大石は 曹舜、畢厳劉、何亨理、耶律楚詞、耶律遥と石チムギを部屋に呼び集め、明日からの行動を説明しだした。

「楚詞、五名の兵を率いて、タタルの動きを探ってもらいたい。 遥は苞力強が陣取る先発隊支援基地に向かい、かの地よりゴビ砂漠を南に渡り、張家口・長城大境門北側の基地にて燕雲十六州の動向や金の呉乞買が政道の風聞を時より報告を受けた上で、今後 執るべき行動を兄弟で話し合ってもらいたい。 結論が出れば、報告に立ち戻る事。 時の偵察や情報分析の結果いかんだが、時の判断で遥は燕京に向かい安禄明に会ってくること。 禄明殿時局分析は明徹ゆえに、金や宋の心底が解るであろう。 ただし 楚詞に遥、適地への偵察、億深くまで進まぬこと。 期日は45日前後とする」

「次に、チムギ殿 西夏は鳥海に向かう事。 鳥海にて忠弁亮殿の屋敷にて 春まで過ごされたい。 チムギ殿は商家の生業は知られまい。 ここはひとつ、楚詞が居ぬ期日の間 知らぬ社会を見られるまたとない機会と思うが・・・・・・」

「はい、西夏国とはいえ、商家にて新しきことを学べるはうれしゅうございます。 楚詞さま、・・・・・ いえ、 鳥海の商家で世事を学ぶとあらば、興慶のセデキさまはさておき、縁者の者には耳に入りますまい。 いつでも 喜んで出立いたします。 ありがとうございます 」

「では、何亨理は再び 五名の兵を連れて、チムギ殿を鳥海まで護衛してもらおう。 石隻也が興慶に居るやも知れぬが、亨理は鳥海に長いは無用、直ちに帰還する事。」と行動を明確に話して行く。 また、大石はチムギの順応性を改めて気が付いたのか、笑みをチムギに交わして、畢厳劉に視線を向移した。

「畢厳劉は兵10名を引率して、 明朝、北のメルキトの地に隊商を導く忠弁亮殿の隊を護衛する事。 道程は一月の予定なれど、10日前後は予備の日程と考えて、10名40日間の旅程の準備を明朝までに整えること。 尚、全ては忠弁亮殿の差配に従うこと。 隊商の警備員である事を肝に銘じて行動する事。 北方の人々との友好を第一義と考えて忠弁亮殿から多くを学んでもらいたい。 厳劉とて燕京しか知らぬであろう。 若い兵たちと共に北の地をよく観察して来るがよい。 一つ相談だが、多勉は向学心に富む兵、少し年が上かもしれぬが人選の一人に入れてもらえまいか。 北の地に一人でも多くの友を見出すのもそなたの務めと考えて忠弁亮殿に付き従うことが肝要と心得てもらいたい。」

=061=2

「曹舜は 留守居だが、 10名の兵で この城の守りじゃ、 また、せねばならぬことが沢山ある。 遥を向かわせるが、未だ 耶律時からの連絡が入っておらず、 状況次第で 陰山南麓に向かってもらうかも知れぬ。 以上が 明日よりの行動じゃ ひと月半の後には この地に集結じゃ よろしいかな・・・・・・」

「統帥、よろしければ、10名に明日の出立と40日の準備を命じたいのですが。」

「話はこれで終わった。 厳劉、ついでに楚詞に従う五名と鳥海に向かう四名の人選もお願いしよう。 一刻後に忠弁亮殿が副長を伴って夕餉に同席される。 厳劉も副官を決めて二人し参加する事。 無論、この場に居る者はこのままにて、一時の別れの宴を楽しんでもらいたい。」

=061=3

=== 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/07/04/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/07/06/

 

※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中