創作; “光の庭”のうたた寝 =085= 

❢❢❢ 遼王朝皇族が耶律大石、王朝再興賦 ❢❢❢

=085=1

❝ =第一章第5節_18 ; 陰山山脈の南域にて・・・・ ❞

苞力強は、耶律遥が鳥海の忠弁亮を案内して、間道の造営に必要な第一次資材を運び込み終えた先週以来、十名の兵と共に道の普請に汗を流している。 間道の全体構想が出来上がっていた。 鳥海から運び込まれた資材は、当面の間 誠実な耶律巖がダルハン砦(先遣隊支援砦)で預かり、管理する事に決めていた。 力強は道普請に傾注すればよく、なにの心配もない。 不意になんの前触れも無く訪れる耶律時も、間道造りの差配を笑って頷かれるはずと彼は確信していた。 陰山山脈の山中では日陰の斜面に雪があるが、力強達の汗する作業が続いている。 十日後には第二次の資材が届く。 諸事 急いで進行させねばならない。 山脈北側の緩やかな斜面に到達するまでの道筋は調べてあった。

耶律大石統帥の指示は、短期間の内に北に抜ける間道を確保しろとの短いものであった。 しかし、砦を預かる耶律巖と大石統帥の意図を伝えに来た耶律遥との間道造営打ち合わせの折に、 この間道は、金軍が五原を落として、陰山山脈西方の交易幹線道を攻め上って可敦城に向かう金軍の横腹を突くダルハン砦への北からの補給路なのだろう。 がしかし、四五十の兵ではダルハン砦は守り切れぬ。 撤退の指示が出れば、この道は可敦城への退路として使わなければならなくなる。 なれば 要所に敵撃墜の仕掛、“岩落とし”を髄所に設け、兵糧を随所に隠し置き、兵馬の飲料水の備えが肝心になるはずと言ったことから 苞力強が責任者として造営の構想を練って来た。 彼は戦いではないこの任務に満足している。 鳥海に戻った耶律遥が諸々の追加資材、隠し置く兵糧、水瓶等を手配して順次送りつけるであろう。 砦に待機する諸兵の半数を道普請に割く人事は先遣隊の責任者・耶律時に相談しなければならなかったが・・・・・。

間道の造営を開始して以来、力強は自分が変わったと思っている。 彼は、この半年寡黙であった。 自尊心が虫食まれていたようである。 彼は、それぞれの将がその器に以上の任務を大石統帥から与えられ、統帥さまの夢実現に賭ける喜びに喜々としていることが羨ましく感じていた。 また、彼等と苦難を克服した喜びの輪に溶け込めぬ自己を疎ましく思っていたのかもしれない。 彼は、南京(燕京)の大石統帥を頼ってゴビ砂漠を徒歩で渡り切った。 死の縁を彷徨いながらも部族長であった父親の仇を討ちたい一念で旅をしていた。 彼は、大石統帥の計略で長城を越えて南下して来たタタル族の“はぐれ狼”を父の仇として討ち果たしたのだが、あの仇打ち遂行の寸刻以来、我を見失っていた。 大石統帥に心服した彼は取り巻きの一人として驥尾に付そうと努力してきたのだが、汗することが無い追随の日々を苦悶していた。

今の彼は、心の中で自分を叱咤し、鼓舞していた。 北の草原は俺の故郷。 しかも、この秘密の間道は大石統帥さまの飛翔を守る大切な道であり、短時間で遂行せねばならない。 また、この間道は故郷に最短に飛び込める道であり、友に会える道なのだ。 高原には”アンダ”がいる。 我ら蒙古族が言う肉親の血よりも濃い交わりを誓った義兄弟(アンダ)がいる。 ケレイトの族長ソルカン・シカの次男・バインタラが我のアンダ、ソルカン・シカは父のアンダであった。 そのソルカン・シカが耶律大石統帥に仇討の援助を求めよと助言してくれた。 一人で立ち向かうためには、遺恨を残さぬ仇討を成就する必要があると。 仇討を公儀の下で行えと。 彼等に会えれば、必ず統帥さまの夢は実現するはずだ。 このつぶやきが若い苞力強を変えたのであろう。

=052=2

=== 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/07/28/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/07/30/

 

※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中