食糧危機・食の未来と貧困 =09=

◇◆ 2048年には世界の海で魚が獲れなくなる  ◇◆

 漁業復活の処方箋・小松正之 =1/8= 

%e6%bc%81%e6%a5%ad%e5%8d%b1%e6%a9%9f%ef%bd%b01

   「2048年には世界の海で魚が獲れなくなる」

カナダの大学をはじめとする国際チームが、2006年11月にアメリカの科学専門誌「サイエンス」に発表した研究報告である。 やや前の話だが、世界中に衝撃を与えた報告だったので、記憶に留めている方も少なくないだろう。

世界中の海洋や魚群の調査データを、2003年までの50年あまりにわたって解析した結果、漁獲された魚のうち29%が、10分の1の漁獲量に減少していた。 主な原因は、汚染や乱獲による生態系の破壊とみられ、これは湖や川でも同じ傾向であり、何の対策もしなければ、天然の魚介類は壊滅状態に陥ってしまう、という内容だ。

2050年には人口が90億人を超えると推測されている。 食糧不足が懸念されるなかで、自然の恵みである魚介類についても保護に努め、より多くを持続的に食べられるようにすることは人間の義務だろう。しかも、魚のほうが陸上の動物より天然資源としてずっと利用される割合が高い。

近い将来、本当に魚が食べられなくなるのだろうか。 もしそうだとしたら、防ぐための手立てはあるのか。

「いまの日本の状況は惨たんたるものです」

漁業の現状をそう言い切るのは、国際東アジア研究センター客員主席研究員の小松正之さんだ。 1977年に水産庁に入庁後、30年以上にわたって水産業の発展に尽力。

『ウナギとマグロだけじゃない! 日本の海から魚が消える日』(マガジンランド)など多くの著書で、日本漁業の危機を訴えている水産業のオピニオンリーダーである。

漁業危機ー2.jpg

 「国際チームの研究報告は、現在の環境破壊や乱獲が進むと漁業ができなくなるくらい資源が減少するから、問題を解決していこうという警戒を促す意味が込められたものです。

過去のデータからの単純な予測ですから、私自身はそこまでの極端な悪化状況になるとは思っていません。

実はノルウェーやアイスランド、アメリカ、オーストラリアなどの漁業先進国といわれている国では、すでに対策が講じられていて、資源を回復している国もあります。

しかし、日本はそれができず、漁獲量はピークだった1982年の1282万トンから、2012年には484万トンにまで落ち込みました。

前年の東日本大震災の影響もあるとはいえ、約3分の1にまでなってしまった。 ノルウェー・トロムソ大学の教授の分析によると、OECD(経済協力開発機構)諸国の中でも最悪の減少率です」

1972年から1988年まで、日本は世界最大の漁獲量を誇っていたが、現在(2011年)は養殖を除くと中国、ペルー、チリ、アメリカ、インドネシアなどに次ぐ8位。

30年で3分の1に減っているのだから、シンプルに計算すると、あと15年で日本の漁獲量は0になってしまう。 小松さんの言うとおり“惨たんたる状況”だが、かつて漁業を牽引していた日本がこのような状況にあるのはなぜだろうか。

%e6%bc%81%e6%a5%ad%e5%8d%b1%e6%a9%9f%ef%bd%b03

=== 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/10/05/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/10/07/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中