食糧危機・食の未来と貧困 =22=

◇◆ え!! アフリカで米づくり?しかも畑で・・・・  ◇◆

 ≪アフリカの稲作指導≫坪井達史 =6/9= 

これほどの広がりを見せている背景には、米が換金性の高い作物だということもある。

通常、米の国際価格は1トン当たりおよそ400ドル。 しかし、ウガンダに輸入される米には75%の関税がかけられるため、1トン当たり1000ドル以上になるという。

レストランの例でもわかるように米の需要が増えているウガンダでは、輸入米にひっぱられて国産米の価格も上がる。

「アジアではまず自分たちの食べる分をキープして余った米を売ります。 我々としては日常的に米を食べてもらいたいのですが、ウガンダでは米がまだ贅沢品であり、毎日食べる習慣が根付いていないので、ほとんど売ってしまう。

それでも結婚式やお祭りのときにしか食べられなかった米が、週に1~2回食べられるようになり、現金も手に入る。彼らにしては万々歳なのです」

%e7%b1%b3%e4%bd%9c%e9%9d%a9%e5%91%bd%ef%bd%b011

 以前は現金を持っていなくても、自分たちの食べるものをつくり、余った分を売って塩や砂糖、油などに変えるくらいで生活は成り立った。

しかし、経済成長が著しい今は、農村部の人間も携帯電話を持つ時代。 1エーカー(0.4ヘクタール)のネリカで得られる収入は400~500ドルであり、この金で薬や自転車を買い、子どもを学校に通わせる。より豊かな生活を求めて米をつくる農家が増えているのだ。

「実は、ウガンダの低地では小規模な水稲栽培の普及も行っています。 2010年には日本の無償資金協力で稲研究・研修センターが設立されました。 また、2011年からはネリカと水稲栽培の2つを柱とした『コメ振興プロジェクト』を実施しています。

ウガンダの人たちが稲作を始めるときは陸稲でいいですが、さらに収量を上げようとしたり、安定的・持続的にしようとしたりする場合にはやはり水稲が必要になってきますから」

2008年まで坪井さんが1人でやっていたネリカの普及は、活動の拡大にともなって現在はほかに6名の日本の専門家が従事している。

さらに、ウガンダ国内にいる15名ほどのJICAの青年海外協力隊員も、コミュニティー開発の一環としてネリカの栽培を現地の人たちに教える。

「それだけ広げる価値のあるプロジェクト」なのだと坪井さんは言う。

%e7%b1%b3%e4%bd%9c%e9%9d%a9%e5%91%bd%ef%bd%b012

 「ウガンダでの成果が評価され、それまでほとんど稲作をしていなかったエチオピアから約300名が、スーダンからも200名が研修を受けに訪れ、学んだことを持ち帰って祖国で普及に努めています。

ジブチは耕地面積がほとんどありませんが、近隣国に土地を借りて米をつくるといって研究者や政府の高官が研修にきました。 CARD(アフリカ稲作振興のための共同体)への参加の有無と関係なく、アフリカ諸国の関心の高さが伺えます」

水稲の輸出国であるエジプトは今後起こり得る水不足に備え、また、石油採掘の恩恵で主食の99%を輸入に頼っているギニアも、石油が枯渇したときのことを考えて関心を寄せているという。

坪井さんがネリカの研修を行った国は15カ国以上。どの国も食料不足に対して危機感を持っているのだ。

米はウガンダの人たちの生活に変化をもたらし、アフリカの多くの国で注目を集めている。 今後、ネリカがアフリカの食料自給率を高め、2050年に予測される食料危機問題に貢献するためには何が必要なのだろうか。

%e7%b1%b3%e4%bd%9c%e9%9d%a9%e5%91%bd%ef%bd%b013

=== 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/10/18/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/10/20/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中