食糧危機・食の未来と貧困 =23=

◇◆ え!! アフリカで米づくり?しかも畑で・・・・  ◇◆

 ≪アフリカの稲作指導≫坪井達史 =7/9= 

  2050年、ネリカが不足するアフリカの食料を補う穀物となるためには、坪井さんは生産性を上げる必要があると語る。そして、それを実現するにはいくつかの課題があるという。

「第一に機械化です。生産性を制限してしまう要因のひとつは労働力ですが、アフリカの農業はほとんどが人力によるもの。  ネリカにしても、赴任当初は脱穀機もないから収穫した稲穂を叩いて籾を落としていたんです。でも終わった穂を見ると、籾がたくさん残っている。これではいくら穂の籾数が多くても意味がありません」

%e7%b1%b3%e4%bd%9c%e9%9d%a9%e5%91%bd%ef%bd%b015

 そこで坪井さんは、首都・カンパラにある町工場のメカニシャンに、足踏みタイプとエンジン付きタイプの脱穀機の製造を研修したうえで、10台ずつ購入。農村に置くようにした。

さらに、ネリカの種を求めてきた他の援助団体にも脱穀機の購入を勧め、普及に努めたという。「その町工場は製造依頼が増えて、すごく大きくなりました」と坪井さんは笑う。

また、陸稲が新たに栽培された村には精米所がなく、人びとは収穫後に重さが100キロ程度ある籾袋を自転車に乗せ、精米所がある町までその自転車を押して歩かなければならなかった。  そこで、トラックに精米機を載せて村々をまわる「移動精米所」をつくった。今後は耕耘機を導入していきたいという。

「1992年に初めてアフリカにきたとき、まったく耕耘機を見かけませんでした。みんな鍬で畑を耕しているんです。 日本では私が小学生の頃に耕耘機が登場し、10年も経たないうちにほとんどの農家に普及しました。それから20年以上が過ぎ、耕耘機が世の中に存在しているにもかかわらず、アフリカにはなかった。さらに22年が経ちましたが、いまだ状況は変わっていません」

%e7%b1%b3%e4%bd%9c%e9%9d%a9%e5%91%bd%ef%bd%b014

 耕耘機の導入は耕地面積の拡大を促進するが、いっぽうで単位面積当たりの収量も上げる必要がある。

ネリカは1ヘクタール当たり3~5トンの収量ポテンシャルがあるのだが、現在、ウガンダの収量は2~2.5トンほど。  ネリカが持つ最大の特徴が活かされていないわけだが、それでも在来種よりは多く収穫できるので、農家は満足してしまっているそうだ。

「アフリカの人は働かないから生産性があがらない。そう言ってしまえば終わりですが、彼らは怠け者なのではなく、知識が足りないだけ。 技術を教えてメリットを理解させれば、収量は上がります。では、そうした技術を誰が伝えていくのか。後継者が問題としてあげられます」

ウガンダにも日本の大学でマスターを取った研究者が何人かいる。しかし、マスターやドクターを取った人の多くは品種開発や試験場で農業技術の研究をする。

それも大事なことではあるが、農業は現場で作物を育て、収穫しなければ意味がない。 そのためには現場に出て技術を教える人が必要であり、そうした人々が増えることを坪井さんは望む。

「たとえば、収量が低い農家があるとします。彼らは肥料がないからだと言いますが、畑に行けばたいていは技術的な問題だとわかります。 現地の人たちは知識がないので収量が低いなら肥料を増やせばいいと安易に考えますが、畑を見ると雑草を抜かずにいたり、種蒔きの方法が悪かったり。 正しい方法を教えてあげれば解決することがほとんどです」

%e7%b1%b3%e4%bd%9c%e9%9d%a9%e5%91%bd%ef%bd%b016

=== 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/10/19/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/10/21/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中