食糧危機・食の未来と貧困 =37=

◇◆ 食べ物と日本人の進化 :  馬場悠男 =3/9=   ◇◆

 第1回 農耕以前から私たちは炭水化物をたくさん食べていた=後節= 

%e9%a3%9f%e7%bf%92%e6%85%a3%ef%bd%b004

  ただし、縄文人と弥生人で大きく異なる特徴もあった。 弥生人と比べて縄文の人々の歯は激しく磨り減っていたのだ。

縄文人の歯を見ると、どの地域でも、老人になると歯の歯冠(エナメル質の部分)が磨り減っていてほとんど残っていない。 彼らは歯を使い尽くした頃に寿命も尽きるような生活を送っていた。  これは野生の動物では普遍的な現象で、文明が発達する以前の人類も同様だった。

「縄文人は総じてかたいものを食べていたんです。 アザラシやイノシシの肉はかたく、保存のために干したりすればかたさはさらに増したでしょう。 堅果類で作ったパンにしても粉をかためて焼くようなものですから、現在のパンのようにやわらかくはありません。 こうしたものを日常的に食べていたので、縄文人の歯が磨り減るのは当然です」

かたいものを食べていたので縄文人の顎はしっかりしていて歯並びがよく、上下の歯がきちんと噛み合っていた。   埼玉県の妙音寺洞穴で発見された約9000年前の人骨などはその典型で、歯並びが美しく、下顎骨の筋突起(コメカミの側頭筋という噛む筋肉の付くところ)が前方に拡大していて、噛む力が強かったことがわかるという。

%e9%a3%9f%e7%bf%92%e6%85%a3%ef%bd%b007

「では弥生人の歯はどうだったかというと、意外にも縄文人よりも大きくて頑丈でした。 そして、下顎の前歯より上顎の前歯が前に出ているような鋏状咬合が多い。 食生活は同じでも縄文人と弥生人の顔や体つきはまったく違っていたんです」と馬場さん。

縄文人の成人男性の身長は平均158cmほどで、手足が長かった。対して、弥生人の成人男性の身長は平均163cmほどあり、縄文人よりもずんぐりとした体型で手足が短い。 いわゆる、胴長短足だった。

「顔つきにしても、縄文人は彫りが深くて目が大きく、髭が濃かった。 対して弥生人は、のっぺりと平らな顔をしていて目は一重で細く、髭も薄かったんですよ」

確かに、教科書に載っていた縄文人と弥生人のイラストはそのように描き分けられていた記憶がある。  農耕社会が影響を及ぼしたのか。 いや、食生活に大きな変化はなかった。 ならば、なぜそこまで違うのだろうか。

%e9%a3%9f%e7%bf%92%e6%85%a3%ef%bd%b008

・・・新節につづく

=== 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/11/02/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/11/04/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中