現代の探検家《小林快次》 =21=

◇◆ Great and Grand Japanese_Explorer   ◇◆

 世界中を飛び回り、恐竜の姿を求める / 小林快次 =21= 

%e8%a1%a8%e7%b4%9908

◇◆ 第八回 アラスカは待つていた、美しい花と足跡化石 =3/3= ◇◆

季節の流れを教えてくれる花

1時間もしないうちに、ランチスポットにたどり着いた。まだ11時になったばかりだ。
「トニー、今日は調子がいいね。ずいぶん早く着いた。この調子だったら、結構奥の方まで行けるね。ここで一休みして、水を浄水器でこして、水筒に補給しよう」  そう言いながら、私はいつもの場所へ向かう。

アラスカの夏は、きれいな花がたくさん咲いていて、私たちを迎えてくれる。 その代表が、ヤナギランとワスレナグサだ。どちらも好きな花だ。

ヤナギランは北半球に広く分布する花で、日本でも咲く。英語名の「Fireweed」を訳すと、「火の雑草」になる。なぜこんな名前がついたのか。北米では夏になると、山火事がよく起きる。実際、今年は山火事が多発していて、2004年以来の多さだ。

山火事が起きると、山は焼けこげ、生えていた植物は一掃され、生命を感じられない山となってしまう。 その焼け跡に真っ先に生える植物が、このヤナギランなのだ。 見た目は非常に可憐な美しい花だが、その力強さにはいつも感銘を受ける。

%e6%81%90%e7%ab%9c%e7%99%ba%e6%8e%98%ef%bd%b047

 ヤナギランはたくさんの花が上下に並んでいる。 まず下側の花が咲き、夏が過ぎていくにつれて、上側の花が咲いていく。 毎年アラスカに到着する6月の終わり頃には下側の花しか咲いていないが、帰国する8月始め頃には上側の花まで咲いている。 季節の流れを教えてくれる、美しい花である。

もう1つのワスレナグサは、英語で「Forget-me-not」。直訳すると「私を忘れないで」だ。アラスカの州花で、花は小さいが、鮮やかでキレイな花を咲かせる。

「あれ、まだある?」

トニーはバックパックを下ろすと、すぐに聞いてきた。

「あれ」とは、このランチスポットに転がっている、恐竜の足跡化石だ。 この足跡化石を見ないと、ここでの調査は始まらない。

「あった、あった。相変わらず同じところにあるね」
ハドロサウルス科の足跡の化石・・・このような足跡化石が、この谷だけでも何十と落ちている。

%e6%81%90%e7%ab%9c%e7%99%ba%e6%8e%98%ef%bd%b046

 デナリ国立公園には、約7000万年前の上部キャントウェル層(Upper Cantwell Formation)という地層が露出し、これまで私たちはたくさんの恐竜足跡化石を発見してきた。

もちろん、このタトラー・クリークでも。このハドロサウルス科の足跡は、約7000万年前につけられたものだ。

「デナリ国立公園は、俺たちの知らないことをたくさん教えてくれたよな」
足跡化石を眺めながら、私たちはつぶやいた。

* * *

 アラスカ調査の話はまだまだ尽きませんが、これからモンゴルへ調査に行くので、来月はモンゴル調査の話をします。

%e6%81%90%e7%ab%9c%e7%99%ba%e6%8e%98%ef%bd%b048

=== 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/12/07/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/12/09/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中