現代の探検家《小林快次》 =24=

◇◆ Great and Grand Japanese_Explorer   ◇◆

 世界中を飛び回り、恐竜の姿を求める / 小林快次 =22= 

%e5%b0%8f%e6%9e%97%e5%bf%ab%e6%ac%a1%ef%bd%b02

◇◆ 第十回 ゴビ砂漠でテントを張るべき場所 =1/2= ◇◆

 モンゴルは今年もいい天気だった。 車に乗り込み、調査地に向かう。
話によると、今年のモンゴルは雨が少なかったが、私たちがモンゴル入りする前に、数日間連続して雨が降ったという。そのせいか、いつもよりも緑が多い。

「テメー!」

一緒に乗っていたモンゴル人が叫ぶ。決して怒っているわけではない。 モンゴル語でラクダのことを「テメー」というのだ。 彼が言うように、ずっと先の方にラクダが見える。 何頭か集団でたむろしているようだった。 ラクダたちは草むらに座り込んで、リラックスしている。  私たちの車が近づいていくと、その音でいらついたように立ち上がるものもいれば、何事もないように座ったままのものもいる。

コブがしっかりと張っている。 食べ物を十分に食べて、脂肪を溜め込んでいるのだ。

%e6%81%90%e7%ab%9c%e7%99%ba%e6%8e%98%ef%bd%b053

   「あと、どのくらいかかる?」

モンゴル人のドライバーに聞いてみると、2時間ほどだという。 私はGPSユニットを取り出し、現在地を確認する。直線距離にして40キロほどだろうか。 舗装された道がないため真っすぐ走ることができず、路面の状態もあまり良くないので、時間がかかる。

いつも驚かされるのだが、モンゴルの人々はGPSユニットも見ずに、ちゃんと目的地に着く。 まったく目印になるものがないこの砂漠で、方向感覚と距離感をしっかりともちながら、運転できるのだ。 その秘訣をちゃんと聞いたことはないが、おそらく太陽の位置や遠くに見える山、町と町を結ぶ電線などを目印にしているのだろう。

それにしても、モンゴル人には方向音痴がいないのではないかと思う。 遊牧民のDNAがあるからだろうか。

ドライバーが言っていた通り、ほぼ2時間で今回のキャンプ地に着いた。 ここはコンギル・ツァブという恐竜化石産地だ。 広大な壁が広がり、いかにも化石が出そうな場所だ。

%e6%81%90%e7%ab%9c%e7%99%ba%e6%8e%98%ef%bd%b054

 どこにテントを張るか

暗くなる前にテントを張る。 どこにテントを張るかに、結構性格が出るのだ。 私は独自の基準をいくつかもっていて、それを満たすところを探す。

まず一つ目の基準は、メインテントから離れていること。 メインテントには電灯や冷蔵庫を設置するため、近くに発電機がある。 それがかなりうるさいのだ。 ぜいたくなことかもしれないが、自然の中に来たら、その自然を存分に楽しみたい。

静けさの中で、テントから見える砂漠や夕日を眺めながら1日を振り返るのが、調査時の私の楽しみの一つだ。

%e6%81%90%e7%ab%9c%e7%99%ba%e6%8e%98%ef%bd%b057

=== 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/12/10/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2016/12/12/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中