民族のソウル・フード探訪 =042=

◇◆ 世界魂食紀行 ソウルフード巡礼の旅   ◇◆

【“NATIONA GEOGRAPHIC/日本語版(文=中川明紀・編集者)”に追記補講】

★  スロベニアの年に一度のお楽しみ料理 =3/3= ★

 イタリア、オーストリア、ハンガリー、クロアチアに囲まれた小国・スロベニアはさまざまな国の影響を受けている。 食文化はその最たるもので、北はソーセージや黒パンなど東欧に見られる料理がよく食べられ、イタリアと接する西側の食はパスタや生ハムが特徴的だ。 セント・マーティン・デーの料理も、そうした他国の影響を受けながら発展していったものなのだろう。

「スロベニアの料理や文化を説明するのはすごく難しい」とティナ・ザドニックさん。

「でも、ワインは本当にみんな大好き。平日のランチでもみんな飲んでいます(笑)。 ワイナリーもたくさんあるけれど、ブドウ畑を持って自分でワインをつくる人も多いんですよ。 叔母の家にも畑があって、この時期になるとワインをつくって私たちのところや友人たちに配っていました」

国内生産の約7割を自国で消費しているうえ、自分たちでもつくって飲むとは恐れ入る。  「スロベニアの国歌は“祝杯”という曲名なんですよ」と笑うティナさん。 19世紀半ばに国民的な詩人のフランツェ・プレシェーレンが書いた愛国的な詩が元となっている歌で、ティナさんによると「隣の国とのいい関係にカンパーイ! みんなの平和のためにカンパーイ!」という内容だという。

スロベニア料理ー8

 「それくらい飲むのが好きだから、ワインの出来を祝うセント・マーティン・デーは本当に大切な行事なんです」

スロベニア国内ではあちこちでフェスティバルが開催され、飲み比べやワインクイーンコンテストなどのイベントで盛り上がるのだという。最後にティナ・ザドニックさんは、自身のセント・マーティン・デーの思い出も話してくれた。

「今日の料理はみんなでつくりましたが、本来は母親がつくります。同じ料理でも家庭の味があって、私の母がつくるガチョウのローストは中にパンプディングが入っていました。それが大好きで、お肉より中身を食べるのを楽しみにしていたくらいです。 それに私の洗礼名はマルティナ。セント・マーティン・デーの日に洗礼を受けて名前をいただきました。 だから11月11日は家族に祝ってもらう誕生日のような日でもあるんです」

いつのまにかパーティーは歌声に包まれていた。ギターの音に合わせて、みんなで歌を歌い、手を取り合って踊っている。『スタンド・バイ・ミー』などの有名な曲に混じって、スロベニアの歌も聞こえてくる。

実は、ティナさんたちからソウルフードの話を聞くなかで、日曜日のランチもまたスロベニア人がとても大事にしていることを知った。後日、ティナさんがごちそうしてくれるというので、その話は次回聞くことにして、彼らの歌声に耳を傾けた。

スロベニア料理ー7

スロヴェニアの伝統的な肉の入っていない料理

アイドヴィ・ジュガンツィ : スロヴェニアを代表する郷土料理である。 レストランなどでは付け合わせとして出される。 そば粉にぬるま湯を混ぜ合わせながら加熱する。 牛乳をかけて食べることも多い。 アイドヴィ・ジガンツィは、スロヴェニア全域で好まれているが、地域によってかなりの差異がある。 スロヴェニアの東部では水分が多く含まれている。 これに対し、西部のゴレンスカ地方のアイドヴィ・ジガンツィは非常に乾いている。 海に近い地域ではあまり一般的ではないが、そのかわりトウモロコシの粉で作ったポレンタ(Polenta)がこれとよく似ている。

スロヴェニアの伝統的な酒

スリヴォヴィッツはスモモの一種ダムソン・プラムから造られる蒸留酒である。 プラム・ブランデー(plum brandy)と呼ばれることもある。 スリヴォヴィッツの生産は中欧および東欧のスラヴ諸国が中心であり、商用で生産されるものも自家製のものもある。 主要な産出国はセルビア、チェコ共和国、スロバギア、ポーランド、ハンガリー、ブルガリアなどである。

スリヴォヴィッツの消費は生産国とほぼおなじであり、またこれらの国の出身者のコミュニティでも消費される。 同様のスモモ酒はドイツ、スイス、フランス、およびアメリカ合衆国、カナダにもあり、プフリュムリあるいはオー・ド・ヴィと呼ばれる。

まず、スモモ果実と種子を潰して圧搾する。 これに酵母、デンプン、砂糖を加える場合もある。 これを撹拌して発酵させる。その後蒸留するが、蒸留の回数は好みや地域色に応じて様々である。 最後に熟成させるのが一般的である。 スリヴォヴィッツは原料に小麦を含んでおらず、そのためユダヤ教において小麦を原料とする酒類が禁じられる過越祭の期間中も口にすることが許される。 そのため、アシュケナジム・ユダヤ人の間では、スリヴォヴィッツは過越と関連づけられている。

スロベニア料理ー9

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/04/16/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/04/18/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon