民族のソウル・フード探訪 =080=

◇◆ 世界魂食紀行 ソウルフード巡礼の旅   ◇◆

【“NATIONA GEOGRAPHIC/日本語版(文=中川明紀・編集者)”に追記補講】
  • ここはブラジル、群馬の中の街角で =2/3= ★ 

    ブラジル料理ー1

​​​​​​​​​ ​​​​​​​​​​​​​​​​ ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 「ブラジルの食事で大事なのは、肉、豆、ごはんです」とは、店のそばにいたオリベラ・ジューシェリノさん。 ブラジル北東部出身で、日系人の奥さんと23年前に来日したオリベラさんは、フェイジョン、フェイジョアーダについてもいろいろ教えてくれた。 そのフェイジョンを食べた店は「ロデイオグリル」という名前だったが、その由来は「店の名物のひとつであるシュラスコがカウボーイの料理だったから」とのことだった。

シュラスコの発祥地はブラジル南部の草原地帯。 牧畜に従事していた先住民とスペイン人の混血である「ガウーショ」が、牛肉を塊で焼いて食べたのが始まりとされる。 ブラジルで牛の牧畜が始まったのは南米に西洋人が入植した16世紀以降。牛などの大型家畜は西洋からもたらされたものであり、入植者たちが先住民に牧畜の技術を広めたのだ。

「ブラジル人はお肉を食べないと元気が出ません」と話すオリベラさん。国内には焼き立ての肉を次々に持ってきてくれる食べ放題形式のシュラスコ専門店がたくさん存在するが、基本は週末のバーベキューにあるようだ。 オリベラさんは言う。

「シュラスコはブラジル人が大好きなサッカーと同じです。 みんなネイマール、ネイマールって言うけれど、サッカーは一人じゃできません。 11人が一丸となるから勝てる。 シュラスコも、一人で食べても美味しくない。 家族や友達などみんなで一緒に食べることが大事なんです。 それがブラジル人の心です」

梅雨が明けたら家族でバーベキューをやろう。 カイピリーニャを飲みながらそんなことを思っていると、オリベラさんの友人で日系3世の渡部和明さんが「ブラジルにはスナックもいろいろありますよ」と、新たな情報をくれた。

「とくにぱすてるはみんな大好きですね」

パステルって「なめらかプリン」でおなじみの……じゃないですね。 和明さんの話によると、小麦粉を練った生地で具材を包んで揚げた「揚げ餃子」のようなものらしい。 「家より外で食べることが多いかな。 週末などに開かれる青空市場でよく売られています。 レストランやバーにもありますよ」

イベントでパステルを出している店を教えてもらい、さっそく向かう。 話を聞いたのは店の奥でパステルをつくっていた日系2世の安田勝さんだ。 「揚げたてが美味しいですよ」と言うので、まずはいただく。

揚げ餃子と聞いていたが少し違った。 10センチ×20センチほどの四角い形で、揚げたてだからか真ん中がフワーッとふくらんでいる。 サクサクの皮の中には牛の挽き肉と玉ねぎを炒めた具が入っているが、塩コショウとニンニクだけのシンプルな味付け。 小腹が減ったときに食べるにはちょうどいい手軽なスナックだ。

「具材は店や家庭ごとにさまざまですが、基本は牛の挽き肉かチーズ。 家庭では誕生日やパーティーのときにつくるので、少し特別感がある料理です。 でも、市場には必ずパステルの屋台があって、子どもはみんなそれを食べるのが楽しみ。 私も小さい頃に母の買い物を手伝った帰りにおねだりをして、食べていましたよ」と言って笑う勝さん。

パステルが食べられるようになったのは諸説あるが、中国系の移民が許可された1892年以降と考えられている。 ブラジルに来た中国人があり合わせの材料で春巻きをつくろうとしたのが始まりだという。 それが全国的な食べ物になったのは、1908年に移民を開始した日系人による。 ブラジルでは1888年5月に奴隷が解放された。 失った労働力を確保するために政府は積極的に移民誘致を行い、日本からも多くの人が貧しさから逃れようとブラジルに移住した。

ブラジル料理ー2

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/05/25/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/05/27/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中