睡眠の都市伝説の真意 =042=

☆彡 睡眠の都市伝説を斬る =三島和夫・睡眠研究者= 彡☆

【この企画は“Webナショジオ・連載/睡眠の都市伝説を斬る”に追記補講した】

金縛りの対策―特に明け方の二度寝にご用心 =3/3=

 睡眠研究=1

​​ 金縛りではレム睡眠中の夢を幻覚と取り違えることもある。 枕元に誰か居る、布団の上に何かが乗っている、敵方の忍者の気配を感じる、などの金縛り中の奇妙な体験はレム睡眠によるもので、オカルト現象ではないのでご安心を。

さて、この金縛りを寝入りばなや、時には昼間にも(!)繰り返し経験する人がいる。 ナルコレプシーという睡眠障害の患者さんである。 日中活動している時でも突然レム睡眠に入ってしまうため、眠気と一緒に脱力が生じる。電車内で絶妙なバランス感覚でうたた寝をする寝不足のサラリーマンと異なり、眠気に加えて脱力があるためドターンと床に転倒してしまうこともある。 ナルコレプシーはオレキシンという覚醒を支えるホルモンが不足すると発症するが、昼間にレム睡眠が突然出現する詳しいメカニズムは分かっていない。

不思議なことに、笑ったり、怒ったり感情が高ぶることが脱力発作の引き金になる。私が研修医でお世話になった指導医は大阪出身であったが、「出入りの時に興奮して脱力してしまい親分にどやされてしまった”その筋”のナルコレプシー患者さん」を担当したことがあると教えてくれた。

職業柄、「実にまずい」と懇願されて治療したものの、無事に出入りに参加できるようになってもなぁーと少し複雑な心境だったそうだ。 有名人では麻雀放浪記で有名な色川武大(阿佐田哲也)氏がナルコレプシーを患っていたのは広く知られている。 麻雀中に寝込んでしまうことも多く、特に高い手をツモった時に脱力してしまったとか。これも実に困る。

さて、ライバルの佐助に告げ口されて失態がばれてしまった才蔵の一件の顛末である。 藩医の診断により、連日の緊張とストレスによる浅睡、睡眠不足による明け方の居眠りで避け難く生じた金縛りであるとされ、お咎めなしと相成った。 また、聡明な幸村の御沙汰により人員増強によって一人当たりの夜番の頻度を減らし、ストレス発散のために忍術競技大会などレクリエーションを催し、早朝覚醒の原因となる寝酒は禁とし、過労にならぬように労務管理を徹底するようになってから同様の事例は起こらなくなったという(全く史実に基づいておりません)。

睡眠研究=2

=資料・文献 (The Wallstreet Jouurnal)=

薬に頼らず簡単に寝つく方法―アプリの催眠術が有効?(1/2)

ぐっすり眠りたいのに、なかなか寝つけないという人がいる。

眠るのを助けるために、多くの製品やサービスが市場に出回っている。 ニュージャージー州パーサイパニーのマーケティング分析企業IMSヘルスによると、米国人は鼻につける器具から特別な枕に至るまで、2012年に324億ドル(約3兆4000億円)を睡眠関連商品に費やした。 また、米疾病管理予防センター(CDC)が8月に実施した調査では、米国の860万人が前月に何らかの睡眠導入剤を服用したことが分かった。

仕事や日常生活のストレスで寝つけなかったり、朝までぐっすり眠れなかったりする。そこで寝つきが良くなりそうな4つの方法を試してみた。 薬を使わずにだ。 試したのはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のアプリケーション、オーディオと脳の研究に基づくCDセット、眠りに落ちる体の感覚を覚えるための指示が録音された音声ファイル(MP3形式)、それに全米で新たなトレンドになりつつあるリラクゼーション専門のコーチだ。

6枚のCDがセットされた「Brainwave Music System」はカリフォルニア州カールスバッドにある神経聴覚に関する研究センターの責任者、ジェフリー・トンプソン氏が開発したもので、どことなく夢の中のような低音のハミングとピアノの旋律が録音されている。説明書によると、このシステムは同センターの研究に基づいており、曲と組み合わされた音色パターンが脳波の周波数と、人の意識の状態を変えるのだという。

30分の睡眠用CD2枚と30分のリラックス用CDを試してみた。 すると配偶者が周りを動き回る音がうるさかったり、子供たちの邪魔が入ったりしたにも関わらず、すぐに眠りにつくことができ、朝も驚くほど気分良く目覚めた。

次に試したのがリラクゼーション専門のコーチであるステイシー・カマラ・ウォルトマン氏だ。同氏は法人相手にワークショップやヨガ、瞑想などのレッスンをバージニア州バッキンガムで行っている。 ウォルトマン氏は49.99ドルで1時間のカウンセリングを行い、カスタマイズされた音楽と音声の睡眠導入用の音声ファイル(MP3形式)を作成してくれる。

同氏はまず電話による1時間のカウンセリングから始める。質問は寝る前の習慣やどういう音でリラックスできるかなどだ。ウォルトマン氏は寝る前の掃除やコンピューター作業を止め、活動レベルを下げて、軽いストレッチや入浴をするようアドバイスする。 数日後、ウォルトマン氏からは「眠りの儀式」を作り上げる方法とともに、MP3ファイルが電子メールで送られてきた。

ベッドでその27分間の音とウォルトマン氏の落ち着いた声を聞いてみた。 同氏は、初めは足の筋肉から、最後は目の筋肉まで、力を入れて緩めるよう指示した。 2晩連続で試したところ、私たちは最初の10分で眠りに落ちた。  ・・・・・・・つづく

睡眠研究=3

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/30/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/08/01/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

民族のソウル・フード探訪 =145=

◇◆ 世界魂食紀行 ソウルフード巡礼の旅   ◇◆

【“NATIONA GEOGRAPHIC/日本語版(文=中川明紀・編集者)”に追記補講】

  ★ 見た目は餅?はんぺん? アフリカの“フフ”を作ってみた = 3/3= ★

​ ​​郷土料理ー1​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 アフリカは自給自足の小規模農家が多い。 彼らはその土地の環境に応じ、また、何かが不作になっても他の作物でまかなえるようにとさまざまな作物をつくるため、主食の種類も多種多様になっていったと考えられる。

「トウモロコシはたくさんある穀物の中でもとくに大事。最近の裕福な人はコメを食べたりもするけど、コメではお腹いっぱいにならない。 トウモロコシをフフにしたりして食べると、胃がずっしりとしてパワーが出るんです」

トウモロコシはメキシコが原産地とされている。アフリカに伝わったのは16~17世紀だが、高温や乾燥に強く成長も早いためか、いまやサハラ以南では最も食べられている穀物となっている。 「主食にするだけでなく、お菓子もつくるし、油もとる。石鹸をつくったりもします。 大げさにいえば、トウモロコシがあれば私たちは生きていけるんです」

都会を除けば、アフリカの人たちはみんなトウモロコシを栽培しているという。 そして、男性も女性も子どもの頃から料理を覚えるそうだ。 ただ、トニーさんの場合は覚え方が少し変わっていた。

「僕は9人兄弟の末っ子でいつも母親にくっついていました。 つまり、マザコン(笑)。しかも食べるのが大好きだから、お母さんが料理をつくるときもキッチンまでついていく。 でも、邪魔だと怒られるんですよね。 そこで僕は、お母さんが料理をつくる時間になると、先にキッチンに行って隠れるようにしたんです」

物陰から母親の手の動きをじっと見る。 そして、母親が何かの拍子でキッチンを離れたときに出て行ってつくった料理をつまみぐい。 そんなことを繰り返すうちに自然と料理を覚えたという。

「日本にくる前に世界各国をまわり、いろいろな料理を食べました。 でも、お母さんの料理にはかなわない。 どんなに高い料理でも母の味を超えるものはありませんでした。 そんなすばらしい味を知ってほしいから、お店で出しているアフリカの料理はぜんぶ母のレシピが基本になっているんです」

トニーさんが日本にきて約20年。 たまにガーナに帰ると、年老いた母親のために自分がキッチンに立って料理をつくるという。 「僕の料理の腕をお母さんにほめてもらいたくて。 喜んでくれると僕もうれしい。 いくつになっても“マザコン”は変わりませんね」と、トニーさんはやさしく笑った。

郷土料理ー2

西部アフリカの食文化

西アフリカにおける主食は、中央アフリカと同じくフフか、醗酵させた粥のKenkeyクスクスウガリなど、いずれもデンプン質の根菜や穀物粉から作られた餅状の食品である。 それに副食として煮込み料理が添えられる。 フフは ヤムイモタロイモ、またはキャッサバなどの根菜、またはプランテンを茹でてから臼で搗き混ぜるか、キビモロコシトウジンビエなどの粉を湯で練り上げて作る。

フフの素材の好みは民族集団によって違いがあるが、中でも白トウモロコシの粉末が好まれている。 Kenkeyはトウモロコシ粉、ガリはキャッサバを摩り下ろして乾燥させたものを原料とする。 一方、水に恵まれたニジェール川ガンビア川流域では稲作が行われ、 セネガル、ガンビア、ガーナではピラフ(焼飯)に似たジョロフライスチェブジェンマフェなどの米料理が食されている。 また、フフやジョロフライスは、後の奴隷貿易を通じてアネリカやカリブ海の島嶼部にも伝わった。

西アフリカ料理では様々な香辛料が使用される。 中でもギニア原産の香辛料・ギニアコショウは西アフリカから北アフリカにまで広く流通し、ヨーロッパにも伝わった。 一方、アラブ商人はシナモン、クローブ、ミントを伝えた。 大航海時代に至ってスペインやポルトガルに伝えられたトマトやトウガラシは今や西アフリカ料理におけるユビキタスとして定着している。

イスラム教を信仰する地域ゆえ肉類は羊か牛肉、あるいはヤギ肉である。 これら肉類をヤーボイ(ニシン科の魚)を醗酵させた魚醤・ケチャや、マメ科植物の実を醗酵させた味噌に似たスンバラを調味料として加え、野菜と共に煮込んでシチューにしたものが西アフリカ料理の典型である。

セネガルでは鍋で煮込んだ汁を飯にかけた料理をニャーリチンと呼び、飯に具を炊き込んだ「炊き込み飯」のような料理をベンナチンと呼ぶ。 ベンナチン料理のうち、ヤーボイを野菜などと共に炊き込んだ飯・チェブジェンは、セネガル人に最も好まれ、かつ誇りとされる料理である。 セネガル料理はアフリカでも最も洗練されていると言われ、世界各国にセネガル料理店がある。

郷土料理ー3

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/30/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/08/01/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

睡眠の都市伝説の真意 =041=

☆彡 睡眠の都市伝説を斬る =三島和夫・睡眠研究者= 彡☆

【この企画は“Webナショジオ・連載/睡眠の都市伝説を斬る”に追記補講した】

金縛りの対策―特に明け方の二度寝にご用心 =2/3=

睡眠研究=1 ​​

   そこで、金縛りに悩む人のために予防策を1つ。 キーワードは「明け方の目覚めと二度寝」にご用心。 その理由をご理解いただくには、まず金縛りとは何かを知る必要がある。

金縛りでは筋肉に力が入らず体が動かせなくなるのが特徴である。 といっても筋肉に異常があるのではない。 そもそも、金縛りの脱力は私たちが毎晩経験している正常な現象である。 普段は脱力中に眠っているので気付かないだけなのだ。 脱力は睡眠中のどこで起こっているのかって? それはレム睡眠でしょ!

このコラムで何度も登場したレム睡眠。 ごく簡単に表現すれば、レム睡眠は主に体を休息させる睡眠として進化した。 その最も効率的な方法が筋肉の弛緩であるため、レム睡眠中に集中的に脱力が起こるようになった。 筋肉に力が入らないのでレム睡眠中には寝返りも打てないほどだ。

レム睡眠は睡眠時間全体の約1/4を占める。 6~7時間睡眠であれば1晩に80~100分ほどのレム睡眠がでる。最初のレム睡眠は寝付いてから60-120分で出現し、以後平均して約90分周期で一晩に3~5回出現する。 1回あたりのレム睡眠は平均で20分ほどだが、体内時計の指令で明け方になるにしたがって長くなり、1時間ほど続くこともある。 休日の早朝に二度寝をすると夢をよく見るのもこのレム睡眠の特徴的な時間分布による。=前節参照=

寝入りばなにウトウト状態でレム睡眠に突入すると金縛りが起こりやすい。 例えば、脳波を測定しながら実験室内で被験者を寝かせ、明け方に長いレム睡眠が出る前に強制的に起こしてから二度寝をさせると毎回ではないが金縛り体験が起こりやすいことが知られている。 眠りが浅いためレム睡眠中の脱力を自覚してしまうのだ。

実験で無理矢理起こすのではなく、レム睡眠中に自然に目覚めてしまうのはどういう時だろうか。 寝入りばなは眠りが浅いが先にも書いたように普段は入眠直後にレム睡眠が出現することはない。 第1回目や2回目のレム睡眠のときはまだまだ眠り(ノンレム睡眠)が深くて目覚めにくいほか、レム睡眠自体が短い。

しかし、たとえばストレスによる浅い眠りや不規則生活などで明け方に覚醒したときに、まだ外は暗いからと二度寝をしようとすると睡眠が深まらないままにレム睡眠に突入してしまうことがある。 レム睡眠もかなり長い時間帯でもある。 半覚醒のままレム睡眠に入ってしまうともう体は動かない。 「金縛りの術」に嵌まってしまう。 不規則な睡眠習慣のあなた、昼夜逆転気味のあなた、睡眠分断法とか怪しげな寝方をしているあなた、最近金縛りしてませんか?

睡眠研究=2

=資料・文献 (The Wallstreet Jouurnal)=

二度寝にメリットはあるか (2/2)

二度寝の効用 : ディンゲス氏によれば、眠りが深く、睡眠時間を奪われている人は、目覚まし時計を使って不自然に睡眠を終わらせる。自分で自然に目が覚めたほうが気持ちいいが、2003~12年に米国人13万6000人を対象としたATUSのデータによれば、そうしている人はごく少数だ。

二度寝しても睡眠は増えず、目覚めるまでの時間が長くなるだけだとディンゲス氏は語る。二度寝は「至福の夢のような感じがする。目覚めに近づくほど素早い目の動きや夢が増えるためだ」という。ただ、「二度寝は大して悪いことではない。それで得た追加の10分のおかげで、気持ちがたたき起こされず、そっと起こされる場合もある」

年齢による変化

複数の研究によれば、人は年を重ねると必要な睡眠時間が減り、起きて意識がはっきりするまでの時間が短くなるとディンゲス氏は話す。つまり、二度寝がやめられない人でも、年を取るにつれ自然な睡眠パターンに戻ることが期待できる。ディンゲス氏は、自身が「20代の頃は目覚まし時計が1つでは足りなかったうえに二度寝をしていたが、60代半ばになった今はそれほど多く眠る必要がない」と話す。スヌーズボタンを使うことはほとんどなくなったという。

就寝時刻

ディンゲス氏によれば、全般に就寝時刻が少し早まり、目覚まし時計を全く使わないのが理想だ。テレビ局がプライムタイムの番組を早めの時間帯に移してくらたらいいと願う。自身の患者には、テレビを見ながらソファでうたた寝するときではなく、疲れたときに就寝するように勧めている。「われわれの研究では、睡眠の制限が体重増加につながった」という。「別の研究では、睡眠時間の減少と糖尿病や心疾患の罹患(りかん)率の関係が示されている」

二度寝して睡眠時間が増えたと脳に思わせることは一時しのぎにはなるが、長期的には役立たない。ディンゲス氏は「そうやって目覚まし時計と戯れるより、本当の睡眠をあと10~20分とったほうがいい」と言う。

睡眠研究=3

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/29/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/31/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

民族のソウル・フード探訪 =144=

◇◆ 世界魂食紀行 ソウルフード巡礼の旅   ◇◆

【“NATIONA GEOGRAPHIC/日本語版(文=中川明紀・編集者)”に追記補講】

  ★ 見た目は餅?はんぺん? アフリカの“フフ”を作ってみた = 2/3= ★

郷土料理ー1 ​​

<iframe width=”640″ height=”360″ src=”https://www.youtube.com/embed/bG11XQbv-yU&#8221; frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe

  「さあ、練ってみましょうか」

トニーさんのアドバイスに従って練りに挑戦。 残っているダマをつぶすように練るのがコツだ。 そうすることで粘りが出て、口当たりもなめらかになるというが、見ためのもこもこ感とは裏腹にずしりと重く、けっこうな力仕事だ。

「ここが女の人の力の発揮どころです。 アフリカの女性は私の料理が一番よ、浮気しちゃだめよって愛を込めて練るんですよ」と、トニーさん。浮気しちゃだめよ、浮気しちゃだめよって言いながらダマをつぶす……。 傍から見たらちょっとこわくないか、私。

水を足すたびにかさが増え、もこもこと大きくなっていく。 やがて、直径20センチほどの鍋いっぱいのフフが完成した。 これで家族4人分くらいかと思いきや、子ども1人分だという。 「家族みんなの分をつくるから、本来はもっと大きな鍋で練るんです。 お母さんは大変なんですよ」と、笑うトニーさん。 大鍋に入ったフフを愛を込めて練る。 これは浮気など絶対にできませんな。

できあがったフフの見ためはつき立てのお餅のようだった。 やはりトニーさんがつくった「ライトスープ」に浸していただく。現地では「ンクラクラ」と呼ばれる、鶏肉や玉ネギが入ったトマトベースのスープのことで、これもアフリカ各地で食べられているポピュラーな料理らしい。

フフの表面はつるりとしていて、蒸しパンのような、はんぺんのような、意外と軽い歯ごたえ。 ほんのりと塩気がある程度であまり味はしない。 トウモロコシの風味もほとんど感じられないが、主食としているアフリカ人からすれば地域などによって味の違いがあるらしい。 やはり、日本のコメみたいな存在なのか。 クセがないのでライトスープはもちろん、どんな料理とも相性がよさそうだ。

「アフリカの食事は主食に副食をかけて食べるスタイルが主流。だからスープやシチューが多いんです。 フフはオクロシチューにもよく合いますよ」

その言葉ではたと思い出した。 以前、オクラを煮込んだ西アフリカの料理「オクロシチュー」と一緒に食べたバンクとフフは見ためがそっくりではないか(前記参照)。 バンクもトウモロコシからつくると聞いたが、2つは別の料理だとトニーさんはいう。

「バンクはトウモロコシを水に漬けて数日置き、発酵させてからつくるんです。 だから酸味があります」。 そういえば、確かにバンクには独特の酸味があった。 「ほかにも、ヤムイモをお餅のようについてつくるパウンド、やわらかく炊いたライスをついて丸めるオモツオなど、アフリカには主食といわれるものがいろいろあるんです」と、トニーさん。

ちなみに、「フフ」は主に西アフリカで使われている名前で、ケニアなどの東アフリカでは「ウガリ」と呼ぶそうだ。 言葉が違うので名前も変わってくると、トニーさんはいう。

郷土料理ー2

東部アフリカの食文化

東アフリカの食文化は内陸部と海岸部で大きく異なる。 内陸のサバンナ地帯に住む民族は牧畜を生業としているが、家畜の肉を食用にすることはしない。 飼育する牛、羊、山羊などは通貨、あるいは富の蓄積と見なされている。 いくつかの地域では、伝統的に牛乳、あるいは生きた牛から絞った生き血を飲用にするが、やはり肉を食用にはしない。

一方、農耕を営む民族は、自らが栽培した雑穀や野菜を食用に充てている。 白いトウモロコシから作られた餅状の食品・ ウガリが彼らの主食で、西アフリカや中部アフリカの フフと同じく煮込み料理をおかずにして食事にする。 ウガンダでは、バナナの一種であるマトケが、デンプン質の食素材として重要視されている。 なお、新大陸原産のトウモロコシが広まる以前のウガリは、モロコシの粉末を素材としていた。

東アフリカのインド洋に面した地域は、外来文化の影響を絶えず受けてきた。 西暦1000年ころよりアラブ人の商人が沿岸地域に定住し、スワヒリ語の成立など文化の多方面に影響を与えた。 現代に残る食文化の面でも ペルシャ風の米の調理、サフランクローブシナモンなど香辛料の使用、 ザクロのジュースなどにアラブの影響をうかがうことができる。

その後、大航海時代の到来とともにポルトガル人の交易活動が活発になる。 彼らは西洋と東洋を行き交う海路の途上で東アフリカに寄港し、肉の炙り焼きマリネ、簡単な香辛料の使用、オレンジ、レモン、バナナなどアジア産の果物、ブタ、そしてアメリカ原産の唐辛子、トウモロコシ、パイナップルなどをもたらした。 やがて19世紀、東アフリカ各地は大英帝国のに組み込まれた。 彼らに雇われたインド人は、インド式の野菜やカレー、スープ、チャパティー、インド式のピクルスサモサ、紅茶の飲用とチャの栽培技術を持ち込んだ。

歴史の流れの中で来訪者がもたらした食素材と調理法により、現在の東アフリカ料理が成立している。 一方、アラビヤ半島の国家・オマーンからは、プランテンバナナの煮込みをかけたウガリなどが「スワヒリ料理」として伝わった。

郷土料理ー3

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/29/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/31/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

睡眠の都市伝説の真意 =040=

☆彡 睡眠の都市伝説を斬る =三島和夫・睡眠研究者= 彡☆

【この企画は“Webナショジオ・連載/睡眠の都市伝説を斬る”に追記補講した】

金縛りの対策―特に明け方の二度寝にご用心 =1/3=

睡眠研究=1

   真田幸村のお側に仕え寝ずの番をしていた霧隠才蔵であったが、空がうっすらと白み始める夜明け前、疲れから思わずウトウトしてしまった。 四半刻(約30分)も経った頃、殺気を感じてハッと目を覚ますも、「ニン、ニン、ニン、忍法金縛りの術、カッー!」と敵方忍者の呪文が聞こえるや否や「か、体が動かん!」と呻き、なすすべもなく倒れ伏した。

つかのま悶絶していたが、術が解け体を起こせるようになった。 「敵はいずこ?」キョロキョロする才蔵の目の前にはあきれ顔で見下ろす同じく幸村配下の猿飛佐助。 「居眠りしてんじゃないよ、まったく」 マズイ奴に見つかった……ほぞを噛む才蔵であった。

ということで、今回のテーマは金縛りである。 個人的に忍者といえば、古くは仮面の忍者赤影、伊賀野カバ丸、一番熱中した科学忍者隊ガッチャマン、白土三平のカムイ伝シリーズ、大人になってからは忍者ハットリくん、忍たま乱太郎あたりまでは子供に付き合って見たこともあるが、 NARUTOにナルトさっぱり内容が分からない。

忍法の定番といえば「霧隠れの術」と並んで「金縛りの術」が定番である。 「金縛り」はもともと仏教用語で、不動明王が賊を身動きできないようにする密教の修法「金縛法」(きんばく・かなしばりほう)に由来するとのこと。この金縛り、一般用語にもなっていることからも分かるように、決して珍しくない睡眠現象である。

調査によってかなりばらつきがあるが一般人の10~40%が少なくとも1回は経験していると言われる。 10代後半から20代前半に始まり、女性にやや多い。 同じ人で頻繁に起こることもあり、金縛り家系(!)も報告されている。読者の皆さんの中にも1度は苦しい強い思いをされた方がかなりおられると思う。

典型的な金縛りは次のようなものだ。

「夜中にふと目をさます。 目が覚めているとの認識があるが動けない。 呼吸はできるが声が出ない。 体の上に重しが乗っているような息苦しさ。 恐怖感が湧き上がり冷や汗が出そう」

とても長く感じるが金縛りは数分程度で自然に治る。 金縛りのままもうひと眠りして目が覚めると消えていることもある。 約半数では、「枕元に人がいるような気配」を感じたり、目玉は動くので周囲の様子を伺うと「人影が見える」などの幻覚のような体験を伴うこともある。 これは怖い。 ホラー映画の世界である。

睡眠研究=2

=資料・文献 (The Wallstreet Jouurnal)= 

二度寝にメリットはあるか (1/2)

目覚まし時計のアラーム音のお世話になっている人は多い。その目覚ましを元気よく切り、ネコのようにストレッチして朝をスタートする人もいれば、アラーム音を繰り返すスヌーズ機能ボタンをたたいてさらに10分寝る人もいる。だが、この追加の数分は役に立つのだろうか。ペンシルベニア大学ペレルマン医学大学院の睡眠・時間生物学研究所のデービッド・ディンゲス所長に聞いた。

効率的な睡眠

大半の専門家は、大人が1晩に目を閉じている時間は7、8時間が最適だとの見解で一致している。米労働省の時間利用年次調査(ATUS)に基づく2007年の論文でディンゲス氏は、米国人の32.6%は就寝時刻が遅いことから睡眠時間が7.5時間未満で、起きるのは目覚まし時計に頼っていることが分かったと指摘した。意外なことに、そうした人たちはぼうっとしているわけではなく、睡眠の効率が上がっていた。

ディンゲス氏は「健康な人であれば、睡眠が奪われているときは眠りに落ちるまでの時間が短くなる」と話す。「動きが減り、目覚めるのが難しくなり、眠りが深くなる」という。体はいずれ自らをリセットして通常の睡眠パターンの健康な状態を取り戻す。ディンゲス氏は「これは全く問題ない。ただ、数日ごとに長めの睡眠で回復する時間があるときしか通用せず、大半の人にはその時間がない」と言う。

二度寝して睡眠時間が増えたと脳に思わせることは一時しのぎにはなるが、長期的には役立たない・・・・・・明日に続く・・・・・

睡眠研究=3

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/28/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/30/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

民族のソウル・フード探訪 =143=

◇◆ 世界魂食紀行 ソウルフード巡礼の旅   ◇◆

【“NATIONA GEOGRAPHIC/日本語版(文=中川明紀・編集者)”に追記補講】

​​​ ★ 見た目は餅?はんぺん? アフリカの“フフ”を作ってみた = 1/3= ★

郷土料理ー1

   この日、私は神奈川県のJR相模原駅に来ていた。 「ノヴィーニェ・ヘリテイジ」という無国籍レストランでアフリカのイベントが催されると耳にしたからだ。 「アフリカ ヘリテイジ フェア」と名付けられたこのイベント、民族衣装の試着や伝統的な太鼓・ジャンベの体験、ウッドビーズを使ったアクセサリー作りなど、さまざまなアフリカ文化に触れられるという。

その中で私が興味を持ったのが料理教室だ。問い合わせてみると、アフリカのサハラ砂漠より南の地域でよく食べられている料理をつくるとのこと。 モロッコやエジプトなど北アフリカのレストランは見かけるが、サハラ以南の料理は珍しい。 これは貴重な体験ができそうだと、参加することにした。 駅から歩くこと10分弱、オレンジや黄色で彩られたにぎやかな店が見えてきた。 中からは打楽器のリズムが軽快なアフリカンミュージックが流れてくる。

「ようこそ。よく来ましたね!」

料理教室のブースで待っていた私に声をかけてくれたのはトニー・ジャスティスさん。 店のオーナーでイベントを主催するガーナ人だ。 料理教室の先生でもあるトニーさんに、さっそく何をつくるのか尋ねた。

「今日はフフをつくりましょう」

初めて聞く単語だ。 まったく想像できないが、キャッサバ、ヤムイモなどのイモ類や穀物でつくる主食で、ガーナやナイジェリアなどの西アフリカをはじめ、中央、東アフリカでも食べられているという。 「イモ類でつくることが多いですが、キャッサバもヤムイモも日本では手に入れるのが難しいので、今日はトウモロコシの粉を使います」。 トニーさんはそう言って、トウモロコシ粉を取り出した。

真っ白でさらさらときめが細かい粉だった。 トウモロコシ粉ってこんなに白かったかな。 そうつぶやくとトニーさんが教えてくれた。

「これはアフリカ産のトウモロコシ粉です。 アフリカには黄色だけじゃなく、白や紫、赤、黒と、いろいろな色のトウモロコシがあるんですよ。 でも、この粉はちょっと特殊。 トウモロコシの皮をとってから粉末にしたものなんです。 だから真っ白。ぬかをとって販売する日本の無洗米と同じような感じかな。 最近、アフリカの都市部で流行っているんです」

トニーさんは鍋に粉を入れ、水を注いで木のへらで素早く混ぜ始めた。 「本来はお湯を使います。 でも下手な人はダマができてしまうので、水に溶かした後で火にかけて練るといい。 これが一番簡単な方法です」。 そう言って水を少しずつ足しながら混ぜていく。 乳白色のとろりとした液体になると、塩で味を調え、トニーさんはコンロの火をつけた。

「そろそろ火にかけましょう。でもすぐにかたくなるので、水を足しながら練っていきます」。 弱火にかけて練ると、真っ白なマッシュポテトのようにもこもことかたまってきた。 これがやや透明で、内側からぷっくりふくらんだ気泡がプスーッと割れる状態になるまで練り続けるのだという。

郷土料理ー2

中部アフリカの食文化

ティベスティ山地を北端とする中部アフリカは、乾燥地帯のサヘルからコンゴ川流域の広大な 熱帯雨林まで、様々な気候帯を有する地域である。 この文化圏は、19世紀に至るまで異文化の影響をほとんど受けず、食文化の面でもアフリカ他地域に比べて伝統が保持されている。

しかし大航海時代以降の奴隷貿易の影響でキャッサバ、落花生、トウガラシなどが大西洋沿岸に伝来し、現在では中部アフリカでも栽培されると共に料理の素材として定着している。

中央アフリカ料理の基本的な材料は、プランテンキャッサバである。 これらを茹でてから臼で搗き、フフという餅に似た食品(大抵は醗酵したキャッサバの根から作られる)を作り上げ、焼肉やソースを添えて食事とする。

さらに副食として鶏肉、オクラ、ショウガ、ホウレンソウ、トマト、胡椒、唐辛子、玉葱などをピーナツバターで調理した煮込み料理が作られ、キャッサバの葉も葉物野菜として消費される。

一方、バンバラ族はピーナツバターと砂糖で味付けした米の粥を好む。 牛肉と鶏肉が彼らの間で好まれる食肉だが、時として狩猟で得られた鰐、猿、カモシカ、イノシシの肉も消費される。 雑穀を醗酵させた濁酒やバナナ・ビールヤシ酒はなくてはならないものである。

郷土料理ー3

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/28/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/30/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

睡眠の都市伝説の真意 =039=

☆彡 睡眠の都市伝説を斬る =三島和夫・睡眠研究者= 彡☆

【この企画は“Webナショジオ・連載/睡眠の都市伝説を斬る”に追記補講した】

『夢はレム睡眠の時に見る』のウソ =3/3= 

 睡眠研究=1

​​ 夢を見ないレム睡眠もある。 前頭葉に損傷のある人のレム睡眠である。夢を見るためには大脳皮質、特に前頭葉の活動が必要で、レム睡眠があるだけではダメなのである。 ちなみに、レム睡眠中の急速眼球運動は夢に必須ではない。 眼球のキョロキョロした動きは夢体験とは基本的に無関係である。

 さまざまな睡眠段階で夢をみることは分かったが、どのような引き金で夢が始まり、そして終わるのか、詳しい神経メカニズムは実は未解明である。 1つの可能性として、前頭葉に向かい、人間の欲求や快感を司る「ドーパミン神経系」の役割が注目されている。 前頭葉にダメージがあると夢見が消えること、ドーパミン神経系を興奮させる覚醒剤などの薬物で鮮明な夢や悪夢をみること、ドーパミン神経系をブロックする向精神薬が悪夢を改善することなどが傍証だ。

このように夢と情動は密接にリンクしている。 例えば、「レム睡眠行動障害」と呼ばれる夢の内容そのままに体が動いてしまう睡眠障害では、日中にストレスを感じるような出来事があるとてきめんにその晩に症状が悪化する。 会社で上司から叱責された晩に、夢の中で口論し激高して相手に殴りかかったところで家族に起こされるなどというケースもざらにある。 その時患者は大声を上げて立ち上がり、目の前にけんか相手が居るかのように腕を振り回していたのだ。

このような激情を伴う夢をみてしまうのは、情動を司る脳部位が一役買っている。 例えば、鮮明な夢を見やすいレム睡眠中の脳活動を測定してみると、情動に関わる脳部位が睡眠中にもかかわらず活発に活動していることが明らかになっている。

快感を司るドーパミン神経系が夢のトリガーになるならばハッピーな夢を沢山見ても良さそうなものだが、残念ながら事実は逆のようだ。 夢の中では楽しい嬉しいなどのポジティブな情動よりも、むしろ不安感や恐怖感などネガティブな情動を経験することが多いとされる。その理由はよく分かっていない。 人間とはやはり根源的な不安を抱えている生き物だからであろうか。

さて以上の知識を元に、松の内も明けてしまったので、来年の縁起の良い初夢を見るためのコツを伝授したい。

第1に大晦日に夜更かしせず十分な睡眠をとること。 睡眠不足に陥るとポジティブな情報に鈍感になり、逆にネガティブな情報に過敏になることが知られている。 悪夢の原因となりかねない。紅白歌合戦が終わったら普段通りに就寝しよう。

第2に飲み過ぎないこと。アルコールは深睡眠を減らしレム睡眠を増やしてしまう。 飲酒時は悪夢の頻度が高い。奥方の「飲みすぎないでよ!」などの小言はさらに悪夢を出やすくさせる。

第3にストレスを発散すること。 例えば、年末の大掃除を頑張れば適度な疲労と家族からの感謝で心地よい眠りへと誘われるであろう。

来年の初夢に向けて年末と言わず今からじっくりと長期計画で休養と節酒、家族サービスを心がけていただきたい。 ちなみに私は縁起を担ぐタイプではないので、いつも通りのグータラな寝酒と寝正月を過ごすつもりである。

睡眠研究=2

=資料・文献 (The Wallstreet Jouurnal)= 

明晰夢の利点―覚醒時の能力向上に利用 (2/2)

一部の人にとっては明晰夢は容易にやって来るが、専門家はこれは学習され得ると見ている。特に睡眠研究施設で、意識的に明晰夢状態に入れる人の数が少ないことは、この現象を研究する上での主要な難しい課題の一つだ。別の問題は、覚醒時の記憶が正確なのかはっきりしないことから、人が実際に明晰夢を見ているのかどうか分からないことだ。

リンカーン大学のパトリック・バーク、ハンナ・ショーの両氏は、研究者であると同時に明晰夢を見る人たちだ。2人は、この夢をしばしば見る人はそうでない人に比べて覚醒時における考え方に違いがあるのかどうか研究を始めた。2人は、夢を見ている時の覚醒はしばしば問題解決時に見られるような「なるほど、と思う瞬間(aha!moment)」に関連しているのではないかとの仮説を立てた。この研究は米心理学会のドリーミング誌6月号に掲載された。

研究室では、夢を見ているとの認識を経験したことのない20人、時々明晰夢を見る28人、頻繁に明晰夢を見る20人が問題解決のテストを受けた。被験者には三つの単語を与え、それに続く単語を考えさせた。例えば「stone」なら、「age」「mile」「sand」という単語でペアを作れる。

頻繁に明晰夢を見るグループの成績は夢を見ないグループに比べて大きく上回った。時々見る人たちは中間だったが、他の二つのグループに比べて統計学的に異なるというものではなかった。

この研究では、なぜ頻繁に見るグループの成績が良かったのかは不明だった。研究論文の執筆者らは、このグループでは遠隔連想などの能力がより鋭く磨かれるのではないかと考えた。研究者らは、このグループが他の二つのグループに比べて知能や認知能力が優れているのかどうかの情報は持っていなかった。

認知力の差に注目した他の研究も、頻繁に明晰夢を見る人たちの能力が他の人たちより高いことを示唆している。

ベルン大のエルラッハー博士は、夢を見ている際のメンタルプラクティスが肉体的能力に与える影響に関心を持った。同博士の分野での研究は、ボールをうまく打ったり、バスケットボールでシュートを決めたりするイメージングによって、選手たちは実際の試合でよりうまくプレーできることが示された。

2010年にスポーツ心理学誌に掲載された小規模な研究で同博士とそのチームは明晰夢を見る人たちを対象に、寝る前に20回コーヒーカップにコインをトスして入れ、寝てからはその夜に自分が練習していることを夢見るように指示した。翌朝、またコインをカップに入れるように言うと、夢の中で成功した人たちは、そうでない人、それに明晰夢を見ないグループに比べてより正確に入れることができたという。

睡眠研究=3

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/27/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/29/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon