民族のソウル・フード探訪 =142=

◇◆ 世界魂食紀行 ソウルフード巡礼の旅   ◇◆

【“NATIONA GEOGRAPHIC/日本語版(文=中川明紀・編集者)”に追記補講】

  ★ 米国では初対面の人とBBQの話はNG!? = 3/3= ★

​​​郷土料理ー1

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

 そもそもバーベキューの歴史は、欧洲からアメリカ大陸への移民が始まった15世紀末期以降にまでさかのぼるようだ。 一説ではあるが、当時の先住民たちは塊肉を長時間かけて焼く「バルバッコア」という調理法を持っていた。 それを移民が飼育のために連れてきた豚肉の調理に取り入れるようになり、確立していったといわれている。 だから移民が最初に開拓した東海岸の辺りは、バーベキューに豚肉を使うことが多い。

いっぽう、カウボーイで知られるテキサス州ではやはり牛肉がメイン。 畜産業の主要地域であることからバーベキューも盛んで、大きなカット肉を使うのが特徴。 豪快に牛1頭を丸焼きにすることもあるという。 バーベキューにはアメリカの歴史と土地柄が見事に反映されているのだ。

ではどんなときにバーベキューをするのだろうか。 そう問うと、「みんなで食べる料理の象徴でしょうか」とレイチェルさんはいう。 「アメリカでは自宅の庭で家族や友人とバーベキューを食べます。 それは独立記念日や誰かの誕生日など特別な日だから集まることもあるけれど、単に日曜日だからやりましょう、という場合もある。共通するのは親しい人たちと食事を楽しむということです」

大都会の集合住宅は別だが、だいたいどこの家にもグリルやガスバーナー、スモーカーがそろっているという。 とくに活躍するのが父親だ。 その家の長がピットマスターとしてバーベキューをふるまう。 レイチェルさんのお宅でもピットマスターはご主人。 日本にいるいまでも男友達とバーベキューのグループをつくっていて、年に数回、バーベキューパーティーを行うそうだ。 アメリカではそうやって家族や親しい人たちとの絆を深めているのだろう。

「バーベキューのレシピは父親から息子へと受け継がれるんです。 マカロニ・アンド・チーズが母の味なら、バーベキューは父の味ですね」

そうレイチェルさんがいった。 そういえば小学生の頃、家族で「バーベキュー」をしたときに肉を焼くのはいつも父だった。 いわゆる普通の焼肉でシメはやっぱり焼きそばだったけど、思い浮かぶのは家族の笑顔。 料理などの文化が伝来するとき、そこの風土に合わせて変化しながら定着することが多い。 しかし、大切な人たちとの絆を深めるというバーベキューの意義は、日本にもそのまま伝わっているのかもしれない。

郷土料理ー2

BBQの燃料 : 燃料は薪、木炭、あるいは専用の固形燃料が主流である。 炭の中にヒッコリーオークなどのウッドチップを混ぜ、燻煙を出すことにより燻製風味を付ける手法もある。

  • 日本国内産の黒炭は、不快な煙臭や爆跳も少なく、じっくりとした火力が持続し、焼き上がりに薫製のような風味もかすかにあり、バーベキューに向いている。外国産より多少高価だが、品質が安定しており適している。なお、保存管理が良くなかった黒炭ほど燃焼初期には爆跳の危険性があるため注意が必要である。
  • 「Quick Grill Briquette」「ラウンドストーブ」といった商品名で販売されている小型の加工ヤシガラ炭は、着火後1分~数分で調理可能であり1時間ほどで燃焼が終わるため、小規模パーティーの際、使い勝手が良い。また、これを火種として通常の木炭の着火材としても好都合である。

文化的側面 : 北米では文化の一つであり、地域や家庭によって独特の伝統やこだわりを持つ場合がある。 一般的なグリルの他にも、頻繁にパーティを主催したり、専門のイベントや大会に参加する人も多いため、大型のバーベキュー・ピットやトレーラーけん引型のものを個人で所有したり、専用の設備を庭に設けたりする人も多い。 また、バーベキューを提供するレストランも南部や中西部を中心に数多くあり、量り売りの紙包みで提供されたり、メイン(肉)を選び それにビーンなどのサイドメニューを付けるプレート方式が主流である。そういった各地の名店の食べ歩きなども盛んである。

社会的側面(マナー) : 屋外で行なう場合、とくに焚き火の直火で地面を傷めたりしないよう適切な調理器具を使うこと、また、器具の汚れを地面や水(河川や湖沼)に流すことなくゴミを持ち帰るなど、環境に配慮することが望まれている。

都市近郊の公園や河川敷においては、ゴミの投棄・カラオケの騒音・喧嘩・アルコール中毒など付随する社会的な問題や事件が発生し、そもそも禁止となっている区域も多数存在するので注意を要する。 また、野放図な実施を管理対象とする目的で、よく利用される地域を有料化するなどの対策も実施されている。

郷土料理ー3

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/27/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/07/29/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中