睡眠の都市伝説の真意 =048=

☆彡 睡眠の都市伝説を斬る =三島和夫・睡眠研究者= 彡☆

【この企画は“Webナショジオ・連載/睡眠の都市伝説を斬る”に追記補講した】

起きたい時に目覚める不思議なチカラ =3/3=

 睡眠研究=1

​​   さて、研究の結果、睡眠中のあるホルモンの分泌パターンが実にユニークな挙動を見せたのだった。

 そのホルモンとは副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)である。ACTHの生理作用の1つが強力な覚醒効果で、通常は深睡眠が多い午前3時頃まではACTHが低く抑えられ、その後明け方に向けて徐々に分泌が増加する(図の平常夜)。ところが驚いたことに、「6時に起きなきゃ」と考えた自己覚醒夜では起床予定時刻の1時間以上前の午前4時過ぎからACTHが急に高まったのだ! その一方で、同じ6時に起こされたにもかかわらず「9時でいいんだ」と信じて寝たサプライズ夜では普段と同じ分泌レベルに留まっていたのである。

   「ACTHが早く分泌するのが驚きなのか?」と問われれば、「もう吃驚!」と答えざるを得ない。 ACTHの分泌リズムは体内時計に強固にコントロールされていて、自分の意思で分泌時刻を変えることなど不可能と考えられていたからである。 その頑固なはずのACTHが、簡単な暗示で、こともあろうに寝ている間に普段と違う挙動をするなどということは簡単に信じられない、というのが一般的な研究者の反応である。

この研究結果は非常に有名になったのだが、まだ世界のどの研究機関においても追試(再現)されていない。 実はこのようなことはよくあるのだ。 手間がかかって容易に追試できない研究などはそのまま舞台裏に消えていくことも少なくない。 ただし、このネイチャー論文はそれまでの常識を覆す内容を含みさまざまな論議を巻き起こしたため、いずれ白黒つけなくてはならないだろう。

仮にこの研究結果が正しいとすれば、体内時計(24時間時計)とは異なる別の強力な時計(タイマー型もしくは砂時計型とも言う)が我々の体内に存在していることを意味している。 現在もそのタイマーのメカニズム研究が続けられている。強力なタイマーを持っていれば自己覚醒もお茶の子さいさい。 先回話題になった睡眠慣性の悩みも一発解消である。 一方で、このタイマーが悪さをする可能性も囁かれている。 たとえば、毎晩判で押したように同じ時刻に目が覚めてしまう不眠症患者や認知症の高齢者ではタイマーが暴走しているのではないかというのだ。

自由自在にオンオフ切り替えられるタイマー調整剤の新薬治験が始まるときには、被験者第1号は私の長男坊を推薦したい。 その頃には私の方は認知症の夜間徘徊で服薬させられる側になっているかもしれないが。

睡眠研究=2

=資料・文献 (The Wallstreet Jouurnal)= 

十分な睡眠にプラスの効果―給与や投資行動にも重要(3/3)

群集心理

別の言い方をすると、もしホワイトカラーの職に就いているのなら、睡眠不足が解雇につながることはないかもしれない。  だがそれは、あなたが昇進を阻む可能性がある。  金融市場で多く見受けられる「群集心理」を説明するのにも役立つかもしれない。

だが、革新的かつ創造的な思考が必要とされる職に就く人が増えているにもかかわらず、われわれの睡眠時間は減り続けている。

われわれの睡眠時間は、祖父母の時代よりかなり短い、と専門家は指摘する。サイスラー博士によれば、平日の睡眠時間が6時間に満たない人は労働者全体の20-30%を占める。同博士によれば、50年前はこの比率が2-3%だった。

専門家たちは、照明や目覚まし時計のほか、現代はインターネットやスマートフォンがこの原因になっていると指摘する。

サイスラー博士は、「起きるのに目覚まし時計が必要だとすれば、既に十分な睡眠を取っていない証拠だ」と警告する。  同博士の患者の中には、ベッドの横のテーブルにスマートフォンを置いて、夜寝る直前や朝起きた直後のほか、夜中目を覚ましたときにメールをチェックできるようにしている人がいるという。

同博士は、これを「異常だ」と指摘した。

睡眠研究=3

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/08/05/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/08/07/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

広告

民族のソウル・フード探訪 =151=

◇◆ 世界魂食紀行 ソウルフード巡礼の旅   ◇◆

【“NATIONA GEOGRAPHIC/日本語版(文=中川明紀・編集者)”に追記補講】

麺大国・中国 驚きの麺料理バリエーション =1/3= ★

郷土料理ー1 ​​

 麺のふるさと。

その言葉を思い出したのは、深夜12時を過ぎたラーメン屋で豚骨ラーメンをすすっている時だった。 いまや日本の国民食であるこのラーメン、元をたどれば横浜中華街の中国の人々が中華麺を用いた汁そばを提供したことで広がったという。同じく日本を代表する蕎麦やうどんもそのルーツは中国にあるそうだ(諸説ある)。

中国といえば数年前、日本建築史を創始した建築家・建築史家の伊東忠太(1867~1954)の足跡をたどって中国北西部の山西省にある雲岡石窟を訪れた。 彼が「発見」した東西1キロにもおよぶ石窟寺院は、1500年も前に造営されたという。高さ15メートル以上の巨大な石仏を前に、こみ上げてくる興奮と悠久の歴史を感じたものだ。 そしてこの旅でもう一つ満喫したのが麺料理。多種多様な麺料理がある山西省は中国で「麺のふるさと」と呼ばれているのだ。

「山西省には100種類以上の麺料理がありますよ」

そう教えてくれたのは李俊松(リ・ジェンソン)さん。 東京・大久保で、故郷である山西省の料理店を奥さんの秀珍(シュウチン)さんと営んでいる。 中華料理の店は無数にあるが、山西省の郷土料理を専門にする店は珍しい。 山西省の旅を思い出してから無性に現地の麺が食べたくなった私は、店の噂を聞きつけて仕事仲間のKさんと一緒に訪れたのである。

と、思わずスルーしてしまうところだったが、麺料理が100種類以上!?「300種とも400種とも言われているみたいですよ」とスマホで調べてくれたKさんが言う。 確かに現地には麺料理の店がたくさんあったが、それほどとは……。 山西省の人の多くは毎食のように麺を食べるそうだ。 「麺がなくなったらお米を食べるという感覚です。 主人はお米も食べるけど、私は一年に3~4回くらい。 それ以外はほとんど麺を食べています」と奥さん。 驚く私たちに、李さんはメニューを開いて説明してくれた。

「一番有名なのは刀削麺ですね。 山西省は刀削麺発祥の地と言われているんです」

そうそう、刀削麺は現地で食べました。 担々麺やジャージャー麺(炸醤麺)などとともに中国を代表する麺の一つに挙げられる山西省の名物で、小麦粉をこねた生地の塊を板に乗せ、包丁でそぎ落として鍋にいれていく。 一説では、元代に統治者のモンゴル族によって武器と一緒に包丁まで没収された漢人が、包丁の代わりに薄い鉄片で生地を削って麺を作ったことに由来するというが、そのパフォーマンスが日本でも何年か前に流行ったなあ。

「でも、日本で食べる一般的な刀削麺はスープの中に入っていますよね」と李さん。 山西省ではスープに麺を入れるというより、麺にタレを絡めて食べるという感覚らしい。 「とくに山西省の人間が好んで食べるのがこれです」といっていくつもある刀削麺のメニューの中で、李さんが指したのは「西紅柿・鶏蛋麺」。 日本語にするとトマト・玉子の麺という意味だ。

普段食べる中華のイメージからか、肉が入っていたり、脂っこかったりするのかな、と思っていたから少し意外だった。

郷土料理ー2

=資料=

(めん)とは、食品の一種。 小麦粉(あるいは、蕎麦粉、米粉など各種の穀類の粉やデンプンなど)に水と塩などを加えた生地を細く長くしたものである。 中国語における「麺」は下記のように小麦粉そのもの、または小麦粉の生地を細く長くしたもの。

日本では、小麦、蕎麦、米などを製粉し、水などを加えて混練してから主に細長い形に加工した食品を麺または麺類と呼ぶ。 また後述されるように、コンニャクや海藻など材料が何であっても、形状により「麺」として扱われる。 麺は当用漢字になかったため、法令では平仮名で「めん」と書かれる(「カップめん」など)。

世界各地には、様々な食材を原料とした多種多様な麺が存在している。 さらに麺を調理した麺料理となると、そのバリエーションは数え切れないほどである。 日本では中国を上回る普及ぶりを示したラーメン、旧来からのソバ、うどんをはじめ、近年はパスタ類も一般化しており、そうめん、冷や麦なども併せ、世界でもトップクラスの麺類愛好国となっている。

麺は、そのまま加熱して食べられるようにする場合以外に、乾麺、冷凍麺などにして保存する場合もある。 当初、油で揚げて保存性、加工性を持たせたインスタントラーメンは全世界に輸出、技術移転されている日本発の大型ヒット商品である。

郷土料理ー3

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/08/05/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/08/07/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon