睡眠の都市伝説の真意 =073=

☆彡 睡眠の都市伝説を斬る =三島和夫・睡眠研究者= 彡☆

【この企画は“Webナショジオ・連載/睡眠の都市伝説を斬る”に追記補講した】

“青木まりこ現象”から見た不眠の考察 =2/2=

 睡眠研究=1

​​ 読書に限らず、音楽、テレビ、アロマなど寝つくまでに何気なく行っている習慣をお持ちの方も多いだろう。 寝室での眠る前のちょっとした儀式。 しかし、その儀式が不眠の悪魔を呼ぶ黒魔術と化したとしたら……。

あるとき、ちょっとした人間関係の悩みで不眠気味になったとしよう。 家族の心配、皮膚の痒みなど、きっかけは何でも良い。 それまでは布団に入ってちょっと退屈な小説とか、学習本を読んでいるうちに知らぬ間に寝落ちしていたのに、悩み事ができてからなかなか眠気が来ない。 先週は50ページ、今週は1章読んでもさっぱり眠れない。そのうち1晩に1冊読み通してしまうのではないか……。

何カ月も不眠で悩むうちに、「どうせ今晩も眠れない」というあきらめの境地に至る。 読書も何気ない習慣ではなくもはや苦行である。 寝る時刻が近づくのが憂鬱だ。 リビングのソファーでふと眠気を感じて寝室に向かっても、ベッドに横になると目が冴える。 そのうちに、寝室に向かっただけで目が覚めるようになってきた。 長~い御鈴廊下(おすずろうか)を通って大奥に行くわけじゃあるまいし、わずか数メートルの間に何が起こっているのか!?

これは毎晩、寝室で悶々と苦しい思いをしているうちに、「寝室=眠れない苦しい場所」という記憶が定着し、寝室に入ると、いや寝室に向かう廊下に立っただけで眠気が飛んでしまうという新たな条件反射を獲得してしまったのである。 逆に寝るつもりのないソファーや電車の中ではすぐにウトウトできる。 不眠症は不眠恐怖症、ひいては寝室恐怖症(寝室不眠)と呼ばれる所以である。

不眠症のきっかけは患者によってさまざまだが、いったん慢性不眠に陥ると出だしの原因は関係なくなるのである。たとえ原因が解決しても寝室不眠の条件付けが完成しているため、不眠症が1人歩きを始めてしまうのだ。

最近、睡眠薬を使わない不眠症の治療法として認知行動療法が注目されている。 認知行動療法の目的は慢性不眠症に悩む人々が陥りやすい誤った就床習慣を正すことにある。 「眠気がしっかり出てから就床する」「眠れないときは寝室から出る」ことを徹底し、「寝床で悶々として過ごす時間をできるだけ減らす」ことで寝室不眠の条件付けを解除する。 自宅で実践するための指南書も何冊か出ている。 ご興味のある方は拙著をご一読いただきたい。

ここで「青木まりこ現象」に戻ろう。

書便派は排便のたびに読書をすることで「読書 ➡ 排便」という条件付けを獲得した人々ではないかと私なりに推察した次第である。 この段階であれば「青木まりこ現象」は起こりえる。

しかし、何らかの原因で書便派が便秘に陥ると、長時間にわたり便座に座って読書を続けることになる。 その結果、「読書や便所という空間」が「便秘で苦しむ」という現象に条件付けられてしまう可能性がある。 便便派の誕生である。

便便派は新宿駅で便意を感じても、近くの書店のトイレに(いや、ついにはコンビニの雑誌コーナー脇のトイレですら)飛び込んだが最後、ようやく直腸近くまで辿り着いた「ウン〇」が一気に引っ込んでしまうという悲劇に遭遇する可能性が高い。 そして、諦めて立川方面行きの中央線に乗った直後に、「書店でも便所でもない場所」に身を置いたことから条件付けが解除され、猛烈な便意が再燃するがそこにはトイレはなく、しかも特別快速であったためにしばらく先の駅まで止まらないというWの悲劇に遭遇するのであった。 ウーン。

とにかく、トイレと寝室ではやるべきこと以外はやるべきではない、という教訓を思い出させてくれた「青木まりこ現象」であった。

睡眠研究=2

=資料・文献 (The Wallstreet Jouurnal)= 

子どもの就寝時間で重要なのは規則正しさ=米研究 (3/3)

子どもたちは7歳のときに読解力、算数、それに空間認知能力に関わる評価を受けた。サッカー氏によると、その結果、最も成績が悪かったのはかなり早い時間か、もしくはかなり遅い時間に就寝しているか、または就寝時間が一定していない子どもたちだった。しかし、家庭内の他の要素が加味されると、就寝時間が一定していない子どもたちだけが点数が低いことが分かったという。

重要なのは一定の睡眠パターンだ。サッカー氏は「3つの年齢のいずれでも、不規則な就寝時間の子どもたちの方が、就寝時間が一定している子どもたちより成績が目立って悪かった」と指摘する。特に3歳から7歳の間に規則的な就寝時間を確立しなかった女児に顕著だという。

今回の研究の共同執筆者で、UCLの疫学と公衆衛生のイボン・ケリー教授は、なぜ女児の方が影響を受けやすいのか不明だと話す。ただ、読解力と空間認知能力で男女の点数には統計学上目立った違いはなかったが、算数で顕著だったという。

睡眠研究=3

=== 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/08/30/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/09/01/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

広告

民族のソウル・フード探訪 =176=

◇◆ 世界魂食紀行 ソウルフード巡礼の旅   ◇◆

【“NATIONA GEOGRAPHIC/日本語版(文=中川明紀・編集者)”に追記補講】

 チェコの“茹でるパン”ことクネドリーキの奥深き世界  =2/3= ★ ​​​​​12p.見出し④

​​郷土料理ー1 ​​ ​​

 ならば、「今日はうどんと蕎麦どっちにしようかな」という感じに、その日の気分で食べ分けているのだろうか。 そう聞くと、「違います!」とマーティンさん。クネドリーキは料理によってどちらを付け合わせるか決まるという。

「たとえば、僕の大好きなスヴィーチコヴァーには小麦粉のクネドリーキが付きます。 ジャガイモのクネドリーキはあり得ない」。 スヴィーチコヴァーは牛のサーロインまたはランプを根パセリや根セロリ、ニンジンなどの根菜のシチューで煮込んだチェコを代表する伝統料理。 ハレの料理というわけではないが根菜をクリーム状にするなど手が込んでいるため、誕生日など特別な日に食べたりもするらしい。

「僕の好物なので、誕生日には必ず母がスヴィーチコヴァーをつくってくれました。 僕らの結婚披露宴でも食べましたよ」と、マーティンさんは同席してくれた奥様の智子さんとほほ笑む。  同じくチェコの名物でより身近な2つの料理、パプリカを使った牛肉の煮込み料理であるグラーシュも絶対に小麦粉だが、豚肉をローストするヴェプショ・クネドロ・ゼロはどちらでもよく、ジャガイモのクネドリーキを付け合わせることが多いという。

「チェコ人は付け合わせ方にこだわりがあるようです。 チェコのレストランでヴェプショ・クネドロ・ゼロを頼んだ時に付け合わせが選べたので私がポテトサラダを頼んだら、主人もお店のスタッフも驚いてしまって……。 スタッフに何度も、『クネドリーキじゃなくていいのか?』、『本当にいいのか?』と確認されました(笑)」

智子さんのエピソードに思わず笑ってしまったが、そのこだわりが気になる。 そして、話を聞いているとやっぱり食べたくなる!

そこで伺ったのは東京・新宿区にある「だあしゑんか」。 都内では数少ない本格的なチェコ料理が食べられる店だ。 日本では食材が手に入りにくいスヴィーチコヴァーはイベントなどの時のみということで、グラーシュとヴェプショ・クネドロ・ゼロをいただく。 この店の付け合わせはいずれも小麦粉のホウスコヴェー・クネドリーキだ。

グラーシュは中世のハンガリーが起源とされているが、チェコを含めた近隣諸国にも広がっていき、一般的な料理として定着した。 現在は、さまざまなバリエーションで食卓に登場し、チェコでは代表的な料理のひとつにまでなっている。

「クネドリーキをちぎって、シチューと肉をからめて食べてください」と、店主の高野さんに言われたとおりにして口に入れた。見た目はビーフシチューのようだが意外とさらりとした味わい。 それでいてコクは深く、パプリカや玉ネギの自然の甘みが舌を包む。 味付けの基本は塩とシンプルだそうで、確かにクセはなく日本人にも馴染みやすい。

郷土料理ー2

=資料=

クネドリーキ(Knedlíky)とは茹でた円筒形のパンで、家庭で作られたものが最上と考えられている。 クネドリーキの大きさ、素材は様々で、スープの具、肉料理の付け合せ、デザートなどに異なる種類のクネドリーキが使われる。 最も一般的なクネドリーキとして、ホウスカという丸型のパンを小麦粉や卵、バターと一緒に練り上げて茹でた(もしくは蒸した)ホウスコヴィー・クネドリーキ(生地の中に果物を入れたデザートの一種)が挙げられる。

クネドリーキの材料にもされるパンは、ほとんどの料理に添えられる。 パンにはバターだけでなく、ラードが塗られることもある。 かつてチェコの山岳地帯では、大麦粉やエンバク粉などが混ぜられたパンが食べられていた。 薄切りにしたフランスパンを土台にするオープンサンド(Chlebíček)はデリカテッセンビュッフェで売られ、家庭では来客をもてなすために供される。 ハム、魚類、パテ、ローストビーフ、卵、チーズなどが具にされ、マヨネーズやピクルスが添えられる。 クリスマスにはヴァーノチカ(vánočka)というパンが食べられている。

ヨーロッパの多くの国の料理と同じように、チェコ料理のスープは澄んだコンソメととろみのあるポタージュに大別される。 前菜となるスープの種類は豊富で、クネドリーキ入りのスープ、ソーセージ入りのキャベツスープなどがある。 スープに使われる肉類は牛肉と鶏肉が主流で、豚肉はほとんど使用されない。

牛肉は料理の品目によって使用される部位が決められており、舌、心臓、尾も具材にされる。 一方、鶏肉のスープは、一つの料理に複数の部位を混ぜて調理される。 野菜スープの中では、ポレーフカの人気が高い。  尚、米もチェコ料理の主食となっているが、輸入品が多い。

郷土料理ー3

 === 続く ===

前節へ移行 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/08/30/

後節へ移動 ; https://thubokou.wordpress.com/2017/09/01/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon