現代の探検家《河江肖剰》=045=

○◎ Great and Grand Japanese_Explorer ◎○

【この企画は“Webナショジオ・連載/日本のエクスプローラー”に追記補講した】

Ӂ 新たなピラミッド像を追って、エジプト考古学の魅惑の世界=河江肖剰= Ӂ

◇◆ ミイラの発掘、クス王のミイラを想像する =3/3= ◇◆

クフ王のミイラはどのような姿なのか?

前回と前々回のWebナショジオで、大ピラミッドの「未知の空間」の可能性について紹介した。研究者の中には、発見されていないその空間にはクフ王のミイラがあるのではないかと推測する者もいる。しかし多くの研究者はクフ王のミイラは盗掘で失われてしまったと考えている。

可能性は低いと思うが、だがもし、まだ未発見であれば、クフ王は一体どのような姿で埋葬されているのだろうか? ここで、これまで発見されている王族のミイラから想像して、その姿を描いてみよう。

まず、内臓は取られているだろう。母后ヘテプヘレスや後の第5王朝時代のジェドカラー王の墓から発見されているアラバスター製のカノプス容器が示すとおりだ。メイドゥムのマスタバ墓やダフシュールの赤ピラミッドから発見されている頭骨のように、脳も除去されているだろう。

古王国時代の遺体は、ナトロン溶液で乾燥させていた可能性が指摘されている。第5王朝時代のネフェルエフラー王のミイラの手や、第6王朝時代のメルエンラー王のミイラの頭部を見る限り、保存状態は必ずしも悪いことはないかもしれない。もしかすると、この時代にナロトンを粉末で使用し始めたのかもしれない。

遺体には亜麻布が巻かれ、石膏プラスターが塗布され、目や眉や唇が彩色された彫像のように見えただろう。特に第4王朝末期には、すでにデスマスクに相当するプラスター製のマスクを作る技術があり、第6王朝ではテティ王のデスマスクも発見されているため、表情は写実的に作られていた可能性がある。

 クフ王の彫像はほとんど見つかっていないが、カイロ博物館に収蔵されている7.2センチの小さい座像や、ミュンヘンのエジプト美術博物館に収蔵されている5.7センチの高さの頭部像からは、彼の顔立ちがうかがえる。息子のカフラーや孫のメンカウラーの端正な顔つきとは異なり、幅広い顔、細い目、横に広がった鼻、少し大きな口を持っていた。そこには、ごつごつとした力強さを感じさせる。はたしてミイラも同じような表情で作られているのだろうか?

クフ王から1200年ほど後のツタンカーメン王のミイラには、250を超える護符などのみごとな宝飾品がつけられており、古王国時代のミイラにもこの習慣はすでにあった。発見されているものは10個程度で、種類も少ないが、王のミイラであれば、かなりの数の護符が付与されていたのではないだろうか。特に、この時代は「ウジャトの眼」と呼ばれる護符が人気だったようだが、クフ王もそれをつけているのだろうか。

クフ王のミイラが発見されることを想像するのは楽しいが、ふと自分がこれまで発掘してきた死者たちのことを思い出すと、少し複雑な心境になる。ミイラの発掘は、死者の眠りを妨げるという意味では、できる限り避けるべきものなのかもしれない。しかし考古学者の多くは、ギリシア神話のパンドーラーの甕(箱)を開けることが我慢できなかったエピメーテウスのように、知りたいという欲望を制御するのは難しいかもしれない。それは考古学にまつわる深い業なのだろうか。

=資料・文献=

エジプト第4王朝の終焉

クフ王の没後に王位をついだのはクフ王の息子ジェドエフラーであった。 ジェドエフラーの治世は8年と推定されているが記録が乏しい。 ジェドエフラーが歴史上初めて自らを「太陽神ラーの子」としたことである。 この主張は後のエジプト王に受け継がれていくことになる。 ジェドエフラーの後、彼の異母兄弟にあたるカフラーが王位を継いだ。 カフラーもまた父と同じく巨大ピラミッドの建造によって名高い。

カフラー王の次代の王は、統治年数不明のビケリス王で短い統治があったと推定される。 その後カフラー王と王妃カメレルネブティ1世の子メンカウラーが王位を継いだ。 ヘロドトスはメンカウラー(ミュケリノス)が、かつてエジプトに君臨した王の中で最もエジプト人に賞賛されているとして、空想的な寓話をいくつも記録している。

メンカウラーの後の第4王朝の歴史は不明瞭である。 メンカウラーと王妃カメレルネブティ2世の長男クエンラーは恐らく父王より先に死んだ。跡を継いだのは別の王子シェプセスカフであり4年ほど統治した。 マネトによれば第4王朝はタンプティスという王で終わりを告げた。 これはほとんど記録のないジェドエフプタハという王と同一人物であるかもしれない。 しかし彼らの治世は短く、その詳細も明らかでない。

間もなく第5王朝が開かれた(紀元前2498年頃)。 第2中間期に記されたと考えられるウェストカー・パピルスと呼ばれる文書に記された『魔法使いジェディの物語』には第4王朝と第5王朝の交代が次のように描かれている。

クフ王が気晴らしのために王子達に珍しい物語(奇蹟)を語るように命じた。 王子達は様々な物語を披露したが、最後の王子は物語を語るのではなく魔法使いのジェディを連れてきてクフ王の前で奇蹟を演じさせた。 クフ王はジェディに未来を問うと、ジェディはクフ王に予言を聞かせた。 「あなたの王朝はあなたの息子カフラーと孫のメンカウラーの治世の間だけ存続することでしょう。そして太陽神ラーの子孫であり、下エジプトの太陽神の聖地に仕えるラー神官の妻レドジェデト)の子孫として生まれる新しい王家により王位を奪われることになるでしょう。」

その後、レドジェデトはイシス神、ネフティス神、メスケネト神、ヘケト神、クヌム神の助けを得て三つ子を産んだ。 三人の子にはイシス神によってウセルカフサフラーネフェルイルカラー・カカイの名が与えられた。 その後の物語の末尾部分は失われているが恐らく予言通り第4王朝と第5王朝が交代したことが綴られていたと考えられている。 この物語は到底史実として見ることは出来ないが、エジプトに古王国時代から長く伝わった俗話であると考えられる。 巨大ピラミッドヲ建設する時代は幕を閉じていく・・・・・・・。

・・・・・ The Great Pyramid of Egypt New Evidence Full Documentar ・・・・・

前節へ移行 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/19/

後節へ移動 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/21/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます  ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

 

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

広告

現代の探検家《河江肖剰》=044=

○◎ Great and Grand Japanese_Explorer ◎○

【この企画は“Webナショジオ・連載/日本のエクスプローラー”に追記補講した】

Ӂ 新たなピラミッド像を追って、エジプト考古学の魅惑の世界=河江肖剰= Ӂ

◇◆ ミイラの発掘、クス王のミイラを想像する = 2/3= ◇◆

 中級は、杉から採った油を遺体の腹一杯に満たし、臓器を取り出さず、ソーダに七十日間漬ける。そうすると臓器は杉油に溶解し体外に排出する。 後は骨と皮だけが残るので職人はそのまま遺体を引き渡す。

「梅」である最も安価な方法は、下剤で腸内を洗浄したのち、やはり七十日間ソーダに漬ける。(ヘロドトス『歴史』巻一 86-88節 松平千秋訳 岩波文庫(上)参照)

私が掘り出したミイラのほとんどに包帯は巻いてあったが、おそらく下の部類に入るのだろう。砂から掘り出したときにはきれいに見えるが、実際にはひどく脆い。 そのため、発見するとすぐに写真で記録を撮り、実測をし、後は骨だけを取り上げる作業になる。 そういった作業を繰り返し、下の層へ下の層へと発掘を続けていく。

それは言うまでもなく学術目的の調査ではあったが、古代の人たちがどのような思想を持ってミイラにされたのかを想像すると、合掌せずにはいられなかった。

ピラミッド時代のミイラ

エジプト人がミイラ作りを始めたのは、遺体を生前の姿で残すことが死後の再生に必要だと考えたためである。

生前の姿を残すための方法は、グレードだけでなく、時代によっても異なった。 エジプト史で最も古い先王朝時代(紀元前5500〜紀元前2900年頃以前)には、遺体から内臓を取らず、単に動物の皮に包んだり、あるいは身体とそれを巻く亜麻布に樹脂を塗ることでミイラにしたりしていた。

ピラミッドが盛んに建造された古王国時代(紀元前2543~紀元前2120年頃)になると、ミイラ造りは大きく発展する。 この時代から、内臓や脳を遺体から取り除き始めたのである。 内臓は、後にカノプス壺と呼ばれるようになる特別な容器に入れて保存され、脳は、鼻孔からひっかき棒のようなものを使い、頭蓋まで穴を開けて、除去している。

興味深いことに、内臓や脳を取り出した最古の例は、いずれもピラミッド建造最盛期の第4王朝(古王国時代のうち、紀元前2543~紀元前2436年頃)に遡る。 カノプス容器の最古の例は、大ピラミッドを造ったクフ王の母后ヘテプヘレスの墓から発見されている。 脳を除去した最古の例は、メイドゥムにあるNo.17という巨大なマスタバ墓から発見されている。この埋葬者は分かっていないが、墓の規模や位置から考えると、クフ王の兄弟ではないかと思われる。

さらに、クフ王の父親のスネフェル王が造らせた赤ピラミッド内部にも脳が除去された頭蓋骨が発見されている。 鼻孔から樹脂が頭骨内に注入されていることから、後の時代のものではないかとも言われているが、スネフェル王その人である可能性も残されている。

古王国時代のミイラの特徴は、その見た目にもある。単に亜麻布を巻くのとは異なり、何重にも巻いて、上から石膏プラスターを塗り、顔には目や眉や唇が描かれた。 それはまるで彫像のように見える理想化された姿だった。

=資料・文献=

ギザの第3ピラミッド

ギザの第3ピラミッドがメンカウラーのものであることは、伝承によって伝えられるところであったが、実際に確認されたのは、1837年から1838年にかけてのイギリスの軍人、ハワード・ヴァイスによる調査を待たねばならなかった。 ハワードが副ピラミッドの天井にメンカウラーの王名を発見し、ようやくメンカウラーのピラミッドと確定する。

ハワードは玄室を調査し、蓋のない石棺と、その中に蔵められていた木製の人形棺を発見する。 石棺は古王国時代の初期の特徴を備えていたが、人形棺は時代が合わず、後の時代に運び込まれたものとされている。

石棺には遺体の一部があり、メンカウラーのものであるか調査するため、1838年、石棺と人形棺は別々の船で共に大英博物館へと送られた。 しかし、石棺を積んだベアトリス号は嵐によってリボルノ港沖で遺体とともに沈没し、近年ハイテク機器によるサルベージが試みられたものの発見には至っていない。

他にもメンカウラーの遺跡の調査は、ハーバード大学のジョージ・ライスナー教授率いるボストン美実菅の合同調査班によって、1905年から1927年の期間で行われた。 河岸神殿、葬祭殿といったピラミッドに付随する遺跡を修復し、その過程で粘板岩彫像を数点発掘した。

ハトホル(王妃カメレルネブチ2世の像と酷似)とノモスの守護女神バトを左右に配したメンカウラーの像(三体像)、王と王妃の像(二体像)といった王の像は、クフやカウラーといった巨大ピラミッドを残した王と比べても数が多く、加工の難しい粘板岩にもかかわらず技術的にも高度なものだった。 アラバスターによる彫像も残されている。 また、未完成状態の像が多数発見されており、ピラミッド周辺の施設も治世の後期に規模を拡大させたことと、その急死による事業の中止が伺える。

・・・・・ How the Pyramids Were Built (Pyramid Science Part 2!)  ・・・・・

前節へ移行 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/18/

後節へ移動 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/20/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます  ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

 

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

現代の探検家《河江肖剰》=043=

○◎ Great and Grand Japanese_Explorer ◎○

【この企画は“Webナショジオ・連載/日本のエクスプローラー”に追記補講した】

Ӂ 新たなピラミッド像を追って、エジプト考古学の魅惑の世界=河江肖剰= Ӂ

◇◆ ミイラの発掘、クス王のミイラを想像する = 1/3= ◇◆

初めてのミイラ体験

ミイラといえばツタンカーメンなどを思い出す人が多いだろう。 実際、彼が生きた新王国時代(紀元前1539年~1077年頃)には数多くのファラオのミイラが発見されており、現在でもカイロ博物館の特別室に安置されている。

ミイラ作りは古くは5500年前から行われてきた古代エジプトの埋葬習慣だが、実は時代によって見た目や作り方が異なる。 遺体は獣皮に巻かれたもの、石膏プラスターでかためられたもの、包帯が巻かれたものと多様だし、作り方も内臓が取られたり、取られなかったりする。 埋葬方法も屈葬だったり、横向きだったり、仰向けだったりと色々だ。

私が初めてミイラに触ったのは、エジプト最古のピラミッドが建つサッカラの墓地での発掘だった。 砂漠から掘り出されたばかりのミイラは、一見すると保存状態が良く、包帯だけでなく、髪の毛も残っていた。 しかし持ち上げると、身体は崩れて粉塵となって指の間からこぼれ落ち、辺りの砂と混じって、後には骨だけが残った。

当時、私はカイロ・アメリカン大学でエジプト学を学んでいた。 墓地の発掘に参加したいと思い、サッカラのネクロポリス(大規模な墓地)の発掘調査を行っているポーランド隊のカロル・ミシュリヴィエッツ教授の特別講演があったとき、彼にチームに加えてもらえないか頼んでみた。 ミシュリヴィエッツ教授は、見習いで良いのであればと、快く迎え入れてくれた。

 ポーランド隊は、サッカラの階段ピラミッドの周壁を囲うように、人工的に作られた巨大な「乾いた堀(dry moat)」の西側を調査していた。 この巨大な堀は、初期王朝時代(紀元前2900~紀元前2545年頃)に作られたものだが、その後、数千年間で砂に埋まり、末期王朝時代(紀元前722~紀元前332年頃)には多くの民衆が砂の下に土葬されていった。 そのため、そこには数え切れないほどの遺体が重なるように埋葬され、「ミイラの層」をなしていた。 実際、発掘調査では600体ものミイラが1シーズンで掘り出されることもあった。ミイラのほとんどは、触れれば塵になってしまう状態だった。

ミイラ作りの松竹梅

古代ギリシアの歴史家であるヘロドトスによれば、エジプトのミイラ作りには「松・竹・梅」ならぬ上・中・下の3段階のグレードがあったという。

一番手が込んでいる上級はこう書かれている。「先ず曲った刃物を用いて鼻孔から脳髄を摘出するのであるが、摘出には刃物を用いるだけでなく薬品も注入する。それから鋭利なエチオピア石で脇腹に添って切開して、臓腑を全部とり出し…つづいてすりつぶした純粋な没薬と肉桂および乳香以外の香料を腹腔に詰め、縫い合わす。

そうしてからこれを天然のソーダ(筆者注:ナトロン=天然の炭酸ナトリウム水和物)に漬けて七十日間置くのである。 …七十日が過ぎると、遺体を洗い、上質の麻布を裁って作った繃帯(ほうたい)で全身をまき、その上からエジプト人が普通膠(にかわ)の代用にしているゴムを塗りつけ」て、完成する。

=資料・文献=

メンカウラーの生涯

メンカウラーについて、ヘロドトスがミケリヌス(Mykerinos)という名で伝説を残している。 ヘロトドスによれば、巨大なピラミッドを建造したクフカフラーは暴君であり、過酷な統治を行われていたが、メンカウラーが王となると慈悲深い統治に一変し、そのためその建造したピラミッドもクフの半分の高さにも満たない大きさに留めたと伝えている。

しかし、神々は「エジプトの民は150年の困難にあるだろう」という信託をすでに告げており、メンカウラーの善政は神々を否定したものとみなされた。 神々はメンカウラーを許さず、ブトの守護神ウアジェトの信託という形でメンカウラーの統治を残り6年と定めた。 善政にも拘らず彼を翻弄する。 メンカウラーはその運命に抗い、夜も王宮を昼のような明かりで満たした。 昼夜を無くし、運命の期限を伸ばそうとしたのだが、神々を謀ることはできず信託の通り6年後に死亡した。

実際に知られているところでは、メンカウラーの統治は28年間にも及んだ。 ピラミッドの建設期間は十分にあったが、彼のものとされるギザ南端の第3ピラミッドはクフに比べて70メートルと、半分以下の高さとなっている。 その小ささが、前述のような伝説を残す余地となった。 しかも調査の結果、当初の予定はわずか30メートルの高さでしかなかったことが判明する。 建築途中に計画が変更されてようやく70メートルに達したものであった。この経緯について、クフとカウラーによる当初財政の逼迫と、後の改善によるものとする研究者の指摘がある。

・・・・・ How Egypt’s Pyramids Were Built ・・・・・

前節へ移行 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/17/

後節へ移動 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/19/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます  ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

 

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

現代の探検家《河江肖剰》=042=

○◎ Great and Grand Japanese_Explorer ◎○

【この企画は“Webナショジオ・連載/日本のエクスプローラー”に追記補講した】

Ӂ 新たなピラミッド像を追って、エジプト考古学の魅惑の世界=河江肖剰= Ӂ

◇◆ ピラミッドに新たな〝未知なる空間“の発見=後編= = 4/4= ◇◆

 実際に入ってみると、メンカウラー王のピラミッドの「上の通路」(図中の第一の下降通路)は途中、間を開けながら3つの石によってわざわざ塞がれていた。そのため、ピラミッドの大きさを変えたときに放棄された空間のようには思えない。さらにこの通路を地下の玄室から上っていくと、ピラミッドの底に突き当たってしまい、外までは達していない。にも関わらず通路に3つの石を置いて通行を妨げているのは、盗掘を防ぐためというより、宗教的、あるいは象徴的な意味があるのではないだろうか。

メンカウラー王のピラミッドに「上の通路」をつくった理由として考えられるのは、もともとは地下の玄室をつくるために岩盤を削る際、上下の通路をそれぞれ入り口と出口として設け、玄室完成後は「上の通路」は塞ぎ、象徴的なものと見なしたのかもしれない。

ただその場合でも不思議なのは、上の通路の突き当たりの組構造に、削って外まで繋げようとした痕跡があることだ。そして、ノミの痕からはピラミッドを建造した古王国時代に思える。こういったことを考慮すると、計画を変更し、後から通路を設けようとしたようにも思える。

ではメンカウラー王の先代、カフラー王の場合はどうか。ここでも、ピラミッドの大きさや位置が建設途中で変わったことによって、新たに入り口をつくり直したのだという説がある。しかし、たとえそうであったとしても、「下の通路」(図中の第一の下降通路)を延ばしたらよいだけで、「上の通路」(図中の第二の下降通路)をわざわざつくり直す必要はない。

実際、上下いずれの通路も完成しており、それぞれが使われた痕跡がある。上の通路は赤色花崗岩、下の通路は石灰岩でつくられている。赤は下エジプト(ナイル川の下流側)、白は上エジプト(ナイル川の上流側)の象徴であることから、2つの通路は上下統一を表しているのかもしれない。

あるいはピラミッド・テキストにあるように、死した王のバー〈魂〉が地下の通路から玄室に入り、オシリスであるミイラと合一し、アク〈有益なもの〉になったあと、地上の通路から北極星に向かうのかもしれない。

2つの通路がピラミッドの中にあるのは、ギザだけではない。クフ王の父スネフェル王が建造した屈折ピラミッドも北と西に通路がある(ただし、それは1本になることなく、別々の部屋に繋がっている)。

加えて、スネフェル王が建造したと考えられているメイドゥムの崩れかけのピラミッドでは、2000年に玄室に通じる縦穴の側壁から未知の通路と空間が見つかっている。 おそらくピラミッドの外まで続いているのではないだろうか。

これまでは、屈折ピラミッドの2つの通路は宗教的な変化、カフラーとメンカウラーの2つの通路はピラミッドのサイズや位置の変更が理由とされてきた。しかし、もしクフ王のピラミッドの切妻構造の裏に検出されたものが通路だとしたら、ピラミッド内部に2つの通路を設けることは、スネフェル王族にとって当然のことだったのかもしれない。そして、まだ調査はされていないが、スネフェル王の赤ピラミッドでも同じような通路が見つかる可能性にも繋がってくる。

ここで重要なのは、今回のスキャン・ピラミッド計画の結果が、ミイラや財宝に繋がらなくとも、学術的には大きな発見であり、2つの通路の意味について様々な議論がわき上がるという点である。スキャン・ピラミッド計画は現在進行中であるため、今後、さらに新しい情報が入ってくることが期待されている。 【参考文献Ricke, H. 1944, 1950. Bemerkungen zur ägyptischen Baukunst des alten Reiches. I&II. Zürich: Borchardt-Institut.

=資料・文献=

メンカウラー王のピラミッド(Menkaure’s Pyramid)とは、エジプトのギーザにある古代エジプト古王国時代第4王朝ファラオメンカウラー王のピラミッドである。

高さ65.5m(現在の高さ62m)、底辺105m、勾配51度20分と三大ピラミッドのうち最も小さく、他の2つのピラミッドと比較して長さで半分、体積で8分の1ほどの大きさである。 その理由には諸説あるが、何らかの事情で財政が逼迫していたため建設費用を節約したとの説が一般的である。北面には大きな傷跡が残るが、これはピラミッドを破壊しようとしたものが破壊できずに終わったものの名残であるという。

1837年に玄室から遺体の一部が発見されたが、ロンドンの大英博物館への輸送中に船が沈没したことで石棺もろとも失われてしまい、この遺体がメンカウラー王のものだったのか不明なままである。

メンカウラー(Menkaure, またはMenkaura、生没年不明)はエジプト第4王朝ファラオ(5代目)で、在位は紀元前2532年から紀元前2504年。 メンカウラーとは、ラーの魂のように永遠である」という意。 父はカフラーであり、母はカメレルネブチ1世。 妻は二人が確認されている。 一人はカフラーとカメレルネブチ1世の第1王女、つまり兄弟姉妹婚となるカメレルネブチ2世であり、もう一人の名称は知られていないが、6代目ファラオとなったシェプスセスカフを産んだ。

・・・・・ Pyramid quest: Yukinori Kawae at TEDxKyoto 2012 ・・・・・

前節へ移行 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/16/

後節へ移動 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/18/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます  ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

 

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

現代の探検家《河江肖剰》=041=

○◎ Great and Grand Japanese_Explorer ◎○

【この企画は“Webナショジオ・連載/日本のエクスプローラー”に追記補講した】

Ӂ 新たなピラミッド像を追って、エジプト考古学の魅惑の世界=河江肖剰= Ӂ

◇◆ ピラミッドに新たな〝未知なる空間“の発見=後編= = 3/4= ◇◆

 「ファラオの呪い」 /

このスキャン・ピラミッド計画で重要なのは、ミューオンラジオグラフィという最先端技術をピラミッド研究に導入したという調査方法もさることながら、メディアとのコラボレーションの仕方だろう。

最初にNHKスペシャルが放送されたとき、一部視聴者から「結局、まだ何も発見していないではないか」という声も聞こえたが、NHKは科学の作法に則り、まず研究課題を紹介し、次に新しく導入したミューオンラジオグラフィという方法の信頼性を示した。その上で、次の番組の中では、中間報告となる未知の存在の可能性を示したのだ。こういった着実に土台をかためるような報道をおろそかにして、いきなり財宝やミイラの話になると、とたんに宝探しの様相を呈し、胡散臭くなるだけではなく、報道が過熱し、様々な問題が巻き起こる。

そういった状態を、現場の私たちは冗談半分に「ファラオの呪い」と呼んでいる。まさにツタンカーメン王墓を発見したカーターがこうむったことであり、近年であれば、ネフェルティティ王妃の墓のありかを巡ってニコラス・リーブス博士が巻き込まれた出来事だろう。実際、これは考古学に限らない。大きなプロジェクトであればあるほど、メディアとのコラボレーションは科学にとって常に重要な課題である。

2つの通路

スキャン・ピラミッド計画は、順繰りに行けば、今後は考古学者たちによる解釈や議論が始まるだろう。しかし現在のところ、正式な報告書が刊行されていないということもあり、マーク・レーナー博士を含め、ピラミッドの専門家たちはまだ慎重な姿勢を崩していない。

ミューオンラジオグラフィで検出された偏差について、私自身も最初は、単に充填材のかたまりが検出されたのではないかと考えたが、森島博士は検出された差異と解析から考えると、1〜2メートルほどの空間、それもピラミッドの中心にむかって伸びる通路と見なすべきではないかと述べている。ただ、その通路が上向きなのか、下向きなのか、あるいはまっすぐなのかは、現時点では分からないという。

この通路はいったいどこに繋がっているのだろう?これまで考えられてきた、まだ発見されていない「本当の玄室」に繋がっているのだろうか?

私は、この通路はゴワダンとドルミオンの言うように大回廊に繋がっているのではないかと思う。しかし、そこから別の空間に繋がっていることはないだろう。上述したように、玄室の北側にはなにもないことは既に早稲田大学の調査によって明らかになっているからだ。

重要なのは、この時代のピラミッドには2つの入り口と通路があり、それが内部で1つになり、玄室に繋がるということではないだろうか。

あまり注目されていないが、ギザの三大ピラミッドのうち、カフラー王とメンカウラー王のピラミッドには、上と下に設けられた2つの入り口と通路がある。

入り口と通路が2つあることについて、これまでの主な仮説は、ピラミッドの位置や大きさが建造途中で変更されたためにつくり直されたのではないかというものだ。

今年2月にTBSの「世界ふしぎ発見!」のロケに同行したとき、普段は入ることのできない、カフラー王とメンカウラー王それぞれのピラミッドの「上の通路」に入ることができた。

=資料・文献=

ホルス・ベフデティと呼ばれたホルスは、まだ太陽神ではなかった上下エジプト王のラーの元で戦い、セトに勝利した。 ラーが各神殿に翼のある太陽円盤を置かせたことから、ホルス・ベフデティはその太陽円盤の姿で表現されることになり、さらに戦場のファラオの戦車の上を飛ぶ、王権の殻竿などをもつ隼としても表現された。 ここに至ってホルスとラーは同一視され[13]、習合したラー・ホルアクティRa-Harakhte、「地上のホルスたるラー」の意)となった。

ホルスはイシスの息子としてはハルシエシスHarsiesis、「イシスの息子ホルス」の意)と呼ばれた。 これは、オシリスへの信仰が高まるにつれその息子のホルスに太陽神ホルスの一部が同化したものと考えられている。 古い神話ではセトと戦ったのはホルス・ベフデティであったが、新しい神話ではハルシエシスが戦ったとされた。ハルシエシスたるホルスは、オシリスの死後に生まれ、父の仇のセトと長い間戦って勝利を得た。

そして父神オシリスの後を継いで、現世の統治者となった。 ファラオはホルスを模範として国を治め、「生けるホルス」の称号で呼ばれた。 ホルスはオシリス3神の一員として崇拝されたほか、イシス信仰が発展するにつれて、子供の姿で表現されるハルポクラテスHar-pa-khered または Heru-pa-khered、「子供のホルス」の意)として崇拝された。 ハルポクラテスに授乳するイシスへの崇拝が、初期のキリスト教徒聖母子を熱烈に信仰する一因であったと考える人もいる。 ハルポクラテスはまた、母神イシスの膝に乗った幼児(ホルサイセ・ハルポクラテス)として表現されることもあった。

・・・・・ Scan The Pyramid Project ・・・・・

前節へ移行 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/15/

後節へ移動 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/17/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます  ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

 

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

現代の探検家《河江肖剰》=040=

○◎ Great and Grand Japanese_Explorer ◎○

【この企画は“Webナショジオ・連載/日本のエクスプローラー”に追記補講した】

Ӂ 新たなピラミッド像を追って、エジプト考古学の魅惑の世界=河江肖剰= Ӂ

◇◆ ピラミッドに新たな〝未知なる空間“の発見=後編= = 2/4= ◇◆

 ゴワダンとドルミオンは、「大回廊は二重構造の通路になっていた」と推論している。側面の溝は、大回廊を上下2つに分けるための板を張っていた跡であり、基礎部に等間隔に開けられた穴は、その板を支えるための支柱だというのだ。そしてその上の通路は、いまだ発見されていない「未知の空間」──おそらく本当のクフ王の埋葬室──に続いており、その位置は玄室のすぐ北側だと考えた。

やぐらのような重量拡散の間が玄室の上につくられた理由は、もし玄室の真上に切妻構造をつくると、この未知の空間に分散された重量がかかって潰れてしまうためだろうと推測している。

彼らはこの仮説を証明するために、ピラミッド内外を精密重力計で計り、水平通路では西側に向かってドリルで穴を開け、空間の存在を確かめようとした。しかし、そこから出てきたのは砂だけで、しかも遺跡に穴を開けるという手法が大きな問題となったため、計画は頓挫した。 さらに、その後を継いだ早稲田大学による電磁波探査が行われたが、玄室の北側の側面には偏差は見られず、空間の存在はほぼあり得ないという結果が出たため、彼らの一連の仮説は忘れ去られていった。

スキャン・ピラミッド計画

ところが、この仮説が四半世紀以上たったいま再度注目されてきている。

きっかけは、ピラミッドを最新技術で調査するスキャン・ピラミッド計画(Scan Pyramids Mission)である。

この調査は、フランス、エジプト、日本、カナダによる国際調査プロジェクトで、宇宙線ミューオンによる内部の透視、ドローンによる形状計測、サーモグラフィーによる表面温度の偏差などを調べることで、未知の空間の存在を調べるものだ。

この中で特に注目すべきは、森島邦博博士率いる名古屋大学理学研究科チームによる最先端技術ミューオンラジオグラフィだろう。ミューオンラジオグラフィとは、宇宙線ミューオンを検出することで、X線と同じように、非破壊で物質内部を可視化する技術である。X線は分厚い鉄や岩盤を透過することができないが、宇宙から降り注ぐ素粒子ミューオンは透過力が非常に高いため、原子炉や火山などの分厚い対象物の内部を可視化することができる。

このプロジェクトについて、日本では、2016年5月のNHKスペシャル「古代遺跡透視 プロローグ 大ピラミッド 永遠の謎に挑む」で取り上げられた。番組では、ミューオンラジオグラフィという新しい調査方法が、巨石建造物に用いることができるのかどうかを実証する試みが放送された。

そこではクフ王の父親であるスネフェルが建造した屈折ピラミッド内部で、すでに確認されている部屋をミューオンラジオグラフィで検出できるかどうかの実験が行われ、結果、見事、部屋の存在を検出することができた。

続く10月のNHKクローズアップ現代+「ピラミッド透視 謎の空間を発見!」では、大ピラミッドの下降通路の一部に設置した原子核乾板(ミューオンを記録する特殊な写真フィルム)から、ある場所に偏差が見られたことが放送された。その場所こそが、入り口の切妻構造の裏である。

 =資料・文献=

ホルスを示す隼神とは元々天空神であったことから、初期のホルスは太陽と月がその両目だとされていた。 彼は、原住民のと習合されてハロエリスHaroeris、「大ホルス」の意)またはハルウェルという名の光の神となり、太陽の右目と月の左目を持っているとされた。 ハロエリスは天空に浮かぶ月の神でもあり、眼病を癒す神として、眼病患者の信仰を集めた。 ハロエリスは、エジプトの北と南の両方にある聖域を、定期的に往復するとされた。 このホルスはハトホルの夫または息子とされ、さらにオシリスとセトの弟とされていた。

ホルスを崇拝する人々が上エジプトベフデト(Behdet)にまで広がると、ホルスはホルス・ベフデティHorus-Behdeti、「エドフのホルス」の意)と呼ばれ、ラーの息子とされ、オシリスの敵たるセトを倒し、その姿は隼の頭をもつ人間あるいは隼の頭を着けた杖を携えたの頭をもつ人間として表現された。

ホルスは、ホルアクティHarakhte、「地平線のホルス」の意)の名では、ケプリアトゥムの性質を帯び、隼の頭をもつ人間の姿で表現され、光の神として毎日東から西へと地平を渡り、太陽神ラーと同一視された。 ハルマキスHor-em-akhet、「地平線におけるホルス」の意)の名ではスフィンクスの姿で主に表現された。 日の出の太陽とみなされ、復活を象徴する者となり、ケプリとも関連づけられた。彼はまた多くの知恵を備えた者とされた。

・・・・・ エジプト・アブシンベル神殿の偉業 ・・・・・

前節へ移行 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/14/

後節へ移動 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/16/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます  ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

 

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon

現代の探検家《河江肖剰》=039=

○◎ Great and Grand Japanese_Explorer ◎○

【この企画は“Webナショジオ・連載/日本のエクスプローラー”に追記補講した】

Ӂ 新たなピラミッド像を追って、エジプト考古学の魅惑の世界=河江肖剰= Ӂ

◇◆ ピラミッドに新たな〝未知なる空間“の発見=後編= = 1/4= ◇◆

 現在、観光客が大ピラミッドを見学するには、北側のゲートから近づくのが一般的である。80エジプト・ポンド(約540円)のチケット代を払い、空港に入るようにX線で荷物を検査し、セキュリティーを抜けると、大ピラミッドの北面が見えてくる。

ピラミッドの正面まで歩き、その巨大な建造物を見上げると、多くの観光客はカメラを構えて撮影しようとするが、かなりの広角レンズではない限り、全ては収まりきらない。

あまりに大きいためか、あるいはカメラに夢中になってか、ほとんどの人は、この北面に見える「微妙なずれ」に気づかない。そのずれとは、ピラミッドの入り口が中心軸上にないことである。東に7.2メートルほどずれているのだ。ほぼ中心軸に位置しているのは、9世紀の太守アル=マアムーンが開けた盗掘用の穴であり、現在はそこから中に入ることができる。

中心軸にないのは入り口だけではない。ピラミッド内部の全ての構造が東側にずれている。

このずれについて、もっとも刺激的な説を唱えたのは、1980年代、フランスの建築士ジャン=パトリス・ゴワダンとジル・ドルミオンである。

彼らは、ピラミッド内部の部屋や通路が全て東側に位置していることから、西側に発見されていない未知の部屋や空間があるのではないかと考えた(このことについては、前回にも書いた)。

大ピラミッドに見られる変則性

ゴワダンとドルミオンは、西側に空間があるという以外にも、別の興味深い考察をしている。彼らは、大ピラミッドには、いくつもの奇妙な建築的な変則性があると指摘した。

例えば、ピラミッドの北面に露出している「切妻構造」である。これはクフ王の時代に生み出された画期的な建築方法で、これによって上からの重量を分散することができるため、ピラミッドのような巨大建造物の内部にも部屋をつくることが可能になった。

だが不思議なことに、ピラミッド北面にある画期的な切妻構造の真下には空間が見えない。そこから4.2メートルも下に、下降通路の入り口が口を開けているばかりだ。いったいなぜ切妻構造が一番効果を発揮する位置に空間がないのだろう?

次に、ピラミッド内部にある大回廊である。これはその存在自体が変則的だ。長さ47.84メートル、高さ8.6メートルの天井をもつ壮大な空間であり、天井に向かうにつれてその幅が狭くなる「持ち送り構造」でつくられている。この構造は父王スネフェルの時代に発明されたもので、上からの重量が分散される。つまり、これもピラミッド内部に空間を設けるために生み出された建築構造である。なぜこのような巨大な通路が必要なのだろう?

さらに、この大回廊の側壁の基礎部には、等間隔に開けられた奇妙な穴がある。穴には何かが用いられた痕跡、あるいは何かを用いるために削られた痕跡がある。加えて、側壁のちょうど半分くらいの高さに、不思議な溝がずっと続いている。一体これらは何のためにつくられたのだろう?

大回廊を通り抜け、さらに奥へ入っていくと、今度は花崗岩でつくられた玄室に到着する。玄室の天井はフラットだが、その上に重量拡散の間と呼ばれる5段の低い空間が存在することが分かっており、一番上が切妻構造になっている。ここで不思議なのは、玄室の上に直接切妻構造を設けず、なぜ、このようなやぐらに似た空間をつくる必要があったのかという点だ。

ゴワダンとドルミオンの仮説

ゴワダンとドルミオンはこういった一連の変則性を説明しうる1つの仮説を立てた。それは、大ピラミッドには未知の空間がまだあり、そのために、これらの空間や溝が必要だったのだという説だ。

彼らによれば、現在は石材によって塞がれているため見えなくなっているが、入り口付近の切妻構造のすぐ下には「通路が存在している」という。そしてその通路は、大ピラミッドの中心部の大回廊に繋がっているのだという。

=資料・文献=

ホルス(Horus)は、エジプト神話に登場する天空と太陽の神。 エジプトの神々の中で最も古く、最も偉大で、最も多様化した神の一つである。 ラーの息子で天空神・の神であるホルスと、ゲブヌトの息子あるいはオシリスイシスの息子のホルスという同名の神が二柱存在し、やがて習合されたものだとされている。 通常は隼の頭を持ち太陽と月の両目を持つ男性として表現される。 時代とともに、その姿は隼から人間の姿をとるようになる。 有名なシンボルである「ウジャトの目」とは、ホルスの目のことである。 ホルスの元素は、大気と火。 その色は、一般には黒、赤、白である。

「ホルス」の名の由来には、エジプト語で「顔」を意味する「ホル」をラテン語化した名だとする説や、それとは別に「上にあるもの」を意味する「ホル」が由来だとする説などがある。 いずれにせよ「ホルス」の名は、リビアから来て上・下の両エジプトの大半を征服した民族の地域神となっていた神の名前であり、他の多くの隼神を吸収するほど有力な神であった。

オシリスとイシスの子であり、父の敵であるセトを征伐する神話が特に有名である。 神話によってはオシリス、イシス、セト、ネフティスに続く5人目の兄弟となることもある。 ヘリオポリスにおいてはラーの息子とされた。 妻としてはハトホルが有名だが、その他の女神を妻とすることもある。 ハトホルとの間にはイヒやハルソムトスをはじめとする多くの子供をもうけた。 また、ホルスの4人の息子は、イシスとの間に生まれたとされている。

・・・・・ アブ・シンベル大神殿内部《河江肖剰》 ・・・・・

前節へ移行 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/13/

後節へ移動 ;https://thubokou.wordpress.com/2018/07/15/

 ※ 下線色違いの文字をクリックにて詳細説明が表示されます  ⇒ ウィキペディア=に移行
*当該地図・地形図を参照下さい

 

—— 姉妹ブログ 一度、訪ねてください——–

【疑心暗鬼;民族紀行】 http://bogoda.jugem.jp/

【浪漫孤鴻;時事心象】 http://plaza.rakuten.co.jp/bogoda5445/

【閑仁耕筆;探検譜講】 http://blog.goo.ne.jp/bothukemon